武器/コイルドネイル

Last-modified: 2020-10-28 (水) 16:00:20

ガララアジャラの素材から作られる太刀。

目次

概要

  • MH4にて登場した太刀。
    公式HPにおける太刀の紹介ページにてハンターが携行している武器でもある。
  • 銘は「ねじれた爪」という意味の「Coiled Nail」だと思われる。
    外見は名前の通りねじれたような大刀であり、
    ガララアジャラのように、緑色を基調として赤いアクセントがしつらえてある。
  • ガララ武器の一端なので、しっかり麻痺属性を持つ。
    更に、微弱ながら防御UPもついているのがポイント。

性能

MH4

  • 骨刀【豺牙】からの派生で作成が可能。
    ガララアジャラを倒してすぐ作れる太刀であるが、
    • 及第点の攻撃力363
    • こちらもクエスト中に十分狙っていける麻痺120
    • オマケの防御+5
    • デフォルトでもかなり長い緑ゲージ
    • この待遇でスロット2
    と、この時点で破格の性能を誇る
    特に長い緑ゲージが心強く、これからの狩りにおいて非常に頼もしい得物になるだろう。
    素材も特に難しくないのも嬉しい。
    ただ、これより先はダレン・モーラン素材を使わないと強化出来ない上、
    攻撃力や斬れ味により優れた武器も出てくる頃なので、
    中盤を乗り切ったら一旦この武器から乗り換えることも視野に入れておこう。
  • その後、下位ガララ素材と豪山龍の紅鱗でコイルドネイル改、
    上位ガララ素材でコイルドサーベルへ強化出来る。
    サーベルとは言わずもがな剣の一派。爪から剣になる過程で様々な強化が施される。
    まず、斬れ味。改になると斬れ味レベル+1で青ゲージ50が現れ、
    コイルドサーベルとなるとデフォルトで青ゲージが20ほど、スキルで更に延長されるようになる。
    そして攻撃力、麻痺値も大幅UP。
    スロットも3に増え、順調に強化される。
  • 最終強化であるパラコイルドサーベルとなると、
    • 高めの攻撃力528
    • これまた十分な麻痺250
    • 防御+10も健在
    • みんな大好きスロット3
    素晴らしい麻痺太刀へと仕上がっている。
    しかしながら、素の青ゲージが残念ながらコイルドサーベルのままであり、
    ソロで挑む分には少々心苦しいかもしれない。
    逆にPTでなら、ヒットストップを気にせずガンガン麻痺を狙っていけるので、
    そこそこ火力のある麻痺近接要員として活躍出来るだろう。
    その際、スーパーアーマーメインのPTであれば攻撃範囲を気にせず振るえるので更に効率が増す。
    ランスや操虫棍など、非SAが主体の武器とは混ぜるな危険。ガンナーや片手に譲ろう。
  • ところが、大した素材もなく作れてきたこの太刀であるが、それ相応の対価をここにきて要求される。
    なんと、例の寒気立つクチバシを、ここにきてまさかの5本も請求されるのだ。
    クチバシは発売直後から様々なハンターを悩ませてきたいわくつきの素材であるが、
    よもや5本も要求されるとは…。
    これは対価と言うよりは今まで安く麻痺武器を使えてきたツケのようにも思える。
    • とはいえ、さすがに上位ともなればそれなりの確率で出てくれるようになるため、
      下位の頃のゴアギザミ作成などと比較すれば苦しい思いはしなくて済むだろう。

MH4G

  • G級強化先としてパラコイルドエッジ、パラジグドエッジが追加。
    最終強化でG級版のレア素材である身も凍るクチバシを2本要求されるがそれ以外にさしたる素材はいらない。
  • 最終強化のパラジグドエッジは
    • それなりの攻撃力825
    • 狙うには十分な麻痺360
    • 防御+20
    • 変わらないスロット3
    • 素で少し短めの白、匠で出る紫も短い
    概ね順当に強化されている。ただ斬れ味ゲージに少し不安があるため拡張性を活かして匠を付けておきたい。
  • ライバルは何と古龍武器二振りで、蛇帝刀ネポスマデュラ龍木ノ太刀【神斬】
    物理性能は敵わないが、属性値はこちらのほうが上であり、また作成難易度は易しく、時期もずっと早い。
    レア度も9なので(亜種武器も同じだが)極限強化が少し楽なのもメリットと言える。

亜種武器

  • ガララアジャラ亜種の素材から作られる武器。素材主の特徴を反映した水属性武器である。
    強化順はヒュドラ→ヒュドラ改→アルファルドとなる。
    ヒュドラはパラコイルドサーベルから強化するか一発生産での作製となるが、後者だと身も凍るクチバシが要求される。
    ただ強化ならばパラコイルドサーベルの時点で上述の通りなので素材と要相談。
    またアルファルドへの強化に特濃重甲エキス、そして太古龍骨5つが必要となるため、完成時期はG★3と意外と遅い。
  • そしてアルファルドの性能だが
    • なかなか高い攻撃力858
    • これまた高めの水属性420
    • 残念ながら防御力ボーナスは没収
    • 原種武器と同じスロット3
    • 素でそれなりの白ゲージ。匠で延長&紫20
    水属性太刀として十分な性能と言える。
  • ライバルとして業物・九十九牙丸豪斬刀【大穴牟遅】の二振りがある。
    • 九十九牙丸は前作の残念だった性能から大きく躍進し、
      攻撃力825・会心率20%により此方を上回る物理火力、
      属性値500、匠で出る紫ゲージも30と高次元で優れたトータルバランスを持つ。
    • 大穴牟遅は物理攻撃こそ攻撃力792・会心率10%と控えめだが、
      属性値が720とぶっ飛んでいるのが特徴。
      匠で現れる紫ゲージは同じだが、あちらは白ゲージが長いため匠を外した運用もできる。
      防御力+40も見逃せない要素である。
    単純な火力で言えば、物理も属性も上手な九十九牙丸や、属性特化の豪斬刀には敵わない。
    しかしアルファルドにはスロット3という強みがある。
    上の2つはスロットを1つも持たないため、これが大きな差別点となるだろう。
    いずれにせよ、これらの水属性太刀はどれも最後まで使っていける性能なので
    自分に合ったものを選択すると良い。

MHX

  • MHXにも続投。
    派生元が微妙に変わって、骨刀は骨刀でも
    ランポス素材を用いた骨刀【狼牙】Lv2からコイルドネイルになる。
    今作では強化システムが変更され、コイルドネイルのまま最終強化を迎えた「コイルドパルシネイル」と、
    コイルドサーベルへ派生した後に最終強化を迎えた「パラコイルドサーベル」の二種となった。
  • コイルドパルシネイルの性能は以下の通り。
    • 少々低い攻撃力170
    • 低い麻痺値15
    • 無いも当然の防御+5
    • スロット1
    • 素で緑、匠でも青という残念な斬れ味
    パラコイルドサーベルの性能は以下の通り。
    • 下位武器並みの攻撃力120
    • 前作相当の麻痺値25
    • 申し訳程度の防御+10
    • 拡張性は高いスロット3
    • 素で青20、斬れ味レベル+2で白20
    ……とまあ、どちらもあまりに残念な性能に仕上がっている。なんといっても攻撃力が低すぎる。
    実用性は皆無に近いが、麻痺太刀はこのシリーズしか存在しない。
    なんらかの理由で麻痺太刀を使わなければならないのであれば選択肢がない。
  • ちなみにパラコイルドサーベルの攻撃力だが、なんと最終強化太刀の中でも最低
    それも次に低いものでも150あり、倍率が30も開いているのである。
    とても使えたものではないだろう。
    • ちなみにこれ以下の攻撃力の武器はアイルー様メラルー様封龍剣【真絶一門】100
      今作では麻痺、睡眠属性武器の攻撃力が軒並み低く設定されているため、
      このあからさまな弱体化は一応この武器に限った話ではない。
      • が、アイルー様メラルー様も真絶一門も属性値が高い属性重視武器なので
        攻撃力の低さはあまり問題にならない。
        一方で今回のガララ太刀はどちらも属性重視の武器とはいえないため、
        ただただ残念な太刀という烙印を押されてしまった。

MHXX

  • 前作では散々だったガララ太刀もG級強化に対応。
  • まずコイルドパルシネイルの究極強化、「コイルドラックネイル」は……
    • 状態異常武器としては高い攻撃力300
    • 相変わらず低い麻痺17
    • 上がったがG級では無いも同然の防御+10
    • 素で青30、匠+2で白40
    • スロット1
    と前作より大分マシになり、匠+2をつければ物理重視型の麻痺太刀として一応活躍出来るようになった。
  • 一方でパラコイルドサーベルの究極強化「パラコイルドエッジ」は……
    • 状態異常武器としてはまあまあな攻撃力260
    • 手数武器としては高い麻痺34
    • それなりの防御+20
    • 素で白40匠+2で紫20
    • ありがたいスロット3
    と、前作の残念さは何処へ行ったのか、一線級の麻痺武器として化けた。
    太刀の中で麻痺or睡眠34は他に1振りしかなく、その1振りも攻撃力はたったの220と異常に低い。
    つまりこの武器は状態異常武器としては平均以上のステータスを高水準でまとめあげているのだ。
    • 他の武器種を見渡してもこのような状態異常武器はあれや、これ位しかない。
  • 作成時期こそ獰猛化狩猟の証VやVIを使うので遅いが、そこまで気になることはないだろう。
  • エリアル太刀と抜刀会心と特殊会心のコンボで乗りと麻痺で長時間の拘束を狙うこともできる。

余談

  • 現実にも、ねじれたような剣は存在する。
    いわゆる「蛇剣」、「フランベルジェ」と呼ばれる類いのもので、正確には波打つような刃を持つ剣である。
    直刀や日本刀のようなまっすぐな刃で斬るより複雑かつ深い傷を抉るため、
    消毒を怠ったり不十分だったりすると、雑菌や病原菌が入りやすくなってしまう。
    それによって傷口の治癒を遅らせ、戦いの後に長い苦痛をもたらす凶悪な剣である。
    中世に使われたとされるが、医療も十分では無かった当時からしてみれば、
    この剣は凶悪の一言に尽きた恐るべき武器であったと言う。
    • ちなみに、MH世界でいう「蛇剣」は大剣であり、形状も全く異なる。
  • なお、ネイルとは一般的にヒトの爪を表す。
    つまりは平爪であり、鉤爪のような鋭い爪ではない
    鉤爪を表す英語は「クロウ」が一般的。クロウofリッパーなどがいい例か。
    ただ現実世界とは全く違う世界なので、ここでは爪=ネイルが常識なのかもしれない。
    コイルとネイルで韻を踏みたかっただけかもしれないが。
  • 亜種武器のヒュドラはギリシャ神話に登場する9つの頭を持つ大蛇であり、
    その名は古代ギリシャ語で「水蛇」を意味する。
    別称として「ハイドラ」で呼ばれる事もある。
    体内に凄まじい猛毒を有しており、後に自身を討った同神話の英雄ヘラクレスの命を奪っている。
    • 最終強化のアルファルドはうみへび座の二等星で星座となったヒュドラの心臓の辺りに位置している。
      この名前はセルレギオスの片手剣にも使われている。

関連項目

モンスター/ガララアジャラ
モンスター/ガララアジャラ亜種
武器/ガララ武器