武器/華麗なるトシュケノン

Last-modified: 2021-05-09 (日) 21:07:45

対の砲身を持つ妃蜘蛛の銃槍。
無垢なる嫁を思わせる装飾だがその裏には恐ろしき影が覗く。
(華麗なるトシュケノンI~II)

の導くまま、花嫁は歩む。
己が背から、暗き影が伸びていることにも気付かずに……
(トシュ・ド・ネフィラ)

概要

  • ヤツカダキの素材から作られるガンランス。
    ヤツカダキの顔そのままの円盤状の盾と、ランスのような鋭い細槍の構成となっている。

性能

  • 一発生産が可能な他、虫武器であるフィオレセロからの強化で入手できる。
  • Ver2.0.0にて出現した完成型、トシュ・ド・ネフィラは、
    他の強豪モンスターのガンランスを押しのけて数少ないレア度7である。
  • 上位最終形態「トシュ・ド・ネフィラ」の性能は
    • かなり低めの攻撃力170
    • 斬れ味は素で白20。匠で延長可能
    • まずまずの火属性27
    • 低い攻撃力を補う会心率25%
    • スロットレベルはありがたい2-1-1
    • 数少ない通常型Lv5
  • 百竜強化は、攻撃力アップIV、属性強化【火】II、鉄蟲糸技強化であるが、
    セクトウノから派生された場合"竜種特効"が継承できる。
    獣・古龍以外の大半のモンスターに、砲撃を含めたダメージが1.05倍になるという効果は破格の一言。
  • 攻撃力は低めだが、攻撃力以外の強化が特に大きく、砲撃Lvも5とVer2.0.0ではトップの性能。
    火属性がついているものの、火属性が弱点でないモンスターにも十分通用する性能を持つ。
    • アップデート前は"一択"とまで言われた放射型Lv5ガンランス「ガルハウル」を超える
      ポテンシャルを持っており、同じく通常型Lv5ガンランス「オルトリンデ」の上位に君臨した。
      スロットはガルハウルの上位互換で斬れ味も似たような構成の為、装備を使い回すことも可能。
      余ったスロットに斬れ味補強スキルを入れればそれだけで装備が完成する。
    • 新しく装備を作るならバゼルシリーズとの相性が抜群。
      ガード性能、ガード強化、砲弾装填、砲術が一式揃っており、典型的なガンランス向けの構成である。

余談

  • デザインモチーフは結婚式で用いるキャンドルトーチだと思われる。
  • トシュケノンの銘の由来は、フランス語で松明(トーチ)を意味する「torche」と、
    大砲を意味する「canon」であると考えられる。
  • ヤツカダキ武器に共通して見られる最終強化銘のネフィラ(nephila)はイタリア語で「ジョロウグモ」という意味であるため、
    「トシュ・ド・ネフィラ」は「ジョロウグモの松明」という意味になるか。

関連項目

モンスター/ヤツカダキ
武器/ヤツカダキ武器
武器/フィオレセロ - 派生元となるブナハブラ武器。