スキル/蓄積時攻撃強化

Last-modified: 2022-11-26 (土) 08:55:53

MHR:Sで登場した、状態異常属性に関するスキル。

概要

  • ver.12アップデートで新登場したミヅハ醒シリーズに付与された新スキル。
    その効果は
    攻撃がヒットしたときに、毒、麻痺、睡眠、爆破、減気のいずれかが蓄積すると、攻撃の威力が上がる
    ……というもの。
    なお減気は弾丸、ビンによる蓄積のみが対象となる。
    スキルレベルは最大3で、スキル発動時の威力倍率が変動する。
    • Lv1:1.1倍
    • Lv2:1.15倍
    • Lv3:1.2倍
  • 1.1~1.2倍というのは火力スキルとして見た場合極めて強力ではあるのだが、
    通常、剣士武器での状態異常値の蓄積発生は33%*1のため、期待値はLv3でも約1.07倍止まりとなる。
    従って、ただ単にこれを発動するだけで額面通りの火力を得られるのは特定のスラッシュアックスしかない(後述)が、
    状態異常を短時間ながら確定で蓄積できるスキル状態異常確定蓄積と組み合わせると、
    限定的ながら本スキルの期待値も説明文通り1.2倍となる。
    このため大半の剣士武器では、状態異常確定蓄積を発動させてモンスターの攻撃や爆弾をフレーム回避しながら使う事になる、
    上級者向けのスキルになっていると言っても過言ではない。
  • 蓄積エフェクトさえ出ていれば、相手に状態異常値が蓄積されない状態でも効果は発揮される。
    具体的には相手が麻痺状態の場合、麻痺属性値の蓄積は一時停止するが、その状態でもダメージは上昇している。
    このため麻痺武器で有用性が落ちるということはない。
    同様に状態異常蓄積がされていれば、属性値の大小は効果に全く影響しない。
    エスピナ亜種武器のように、属性値ではなく武器ギミックで蓄積した場合も問題なく効果を発揮する。
    • 裏を返せば蓄積エフェクトが出ない場合は効果がないので、
      ローゼンエーアガイツのような通常属性&状態異常属性の双属性双剣では、
      状態異常属性側の刃で攻撃している間しか威力が増強されないことに注意。
  • ボウガンの場合、減気弾を含む全ての状態異常弾で確定で蓄積が発生するが、
    状態異常弾の威力はモーション値1固定なので、ボウガンではまず役に立たない。
  • 弓の場合、素で爆破属性値を持つ弓ならば十分に効果を発揮する。
    剣士と同様に期待値は1/3であるが、状態異常確定蓄積を用いることで期待値を上げることができるのに加え、
    同じく回避成功が発動トリガーの刃鱗磨きは弓では接撃ビン強化効果を持つため、
    3スキルを併用すれば強撃ビンが尽きた後も接撃ビン単体より高い火力を維持することができる。
    単純に爆破の属性値が高いなら確定蓄積を外してそのまま扱ってしまってもいい。
    • 一方で爆破弓以外の場合、接撃・強撃ビン以外を装着した時の火力減少を抑制できるが、
      接撃ビンの倍率が本スキルLv3と同じ1.2倍のため、火力目的であれば接撃ビンを装着したほうが早い。
  • なお但し書きがある通り、片手剣のシールドバッシュ等の打撃攻撃、
    ハンマーと狩猟笛による攻撃全般で蓄積される減気効果は対象外となる。
    だがスラッシュアックスの減気ビンはビンなので対象に含まれており
    しかもこちらは剣モード、及びビン変形強化発動時の斧への変形攻撃*2で確定蓄積が発生する。
    そして本作のスラアクは上記効果を持つ変形攻撃や零距離解放突きが立ち回りの主軸を成すため、
    減気ビンのスラアクに限り、ほぼ常時期待値も説明文通りLv3時で1.2倍となる。
    • 本作のスラアク強撃ビンの倍率は1.15倍であるため、
      Lv2で同等、Lv3になると強撃ビンを超える倍率となる。
      後述するがスキル構築難度自体は高めになっているが、
      減気怯みやスタン効果を持たせつつ無属性強撃ビンと同等以上の火力が引き出せると考えれば作ってみる価値は十二分にあろう。
    • また、ビン変形強化を発動させたスラアクの毒・麻痺ビンは、
      剣への変形攻撃時に限り確定蓄積が発生するためこちらも確定で最大1.2倍となる。
      ただしこれだけでは効果として頼りない部分はあり、
      他の剣士武器同様に状態異常確定蓄積を発動させて運用し、より期待値を高められると考えれば無難か。
  • 総じて、今まで不遇気味だった今作の状態異常武器に光明をもたらす強力なスキルと言えよう。
    特に状態異常確定蓄積と組み合わせた防具は名前の字面は最悪だがテンプレ入りも果たした。
  • Ver.12時点ではミヅハ醒シリーズにしか付与されていないため、
    Lv3で固定すると防具3部位が縛られるという問題はあるにはある。
    (幸い確定蓄積とは部位が被らず、相性の良い攻勢とも両立可能)
    ただ、このスキルの効果はLv.1でも1.1倍と十分に高いため、
    Lv.1だけにとどめておいて他の火力スキルを盛るという運用も考えられる。
    • Ver.13では傀異錬成に出現するようになった
      これにより装備構成の自由度が大幅に上がり毒武器以外でも有効活用しやすくなったが、
      コストが相応に重く、他のスキルや防御力などが大きく犠牲になりやすい。

余談

  • 状態異常を火力に転用する、という効果は本作では既に攻勢スキルがある他、
    過去にMHFの劇物取扱皆伝状態異常追撃というスキルも存在していた。
    ただ、攻勢と状態異常追撃は「状態異常を発症してから」効果が出るものであり、
    後者についてはそれに加え当該の状態異常属性のみが威力UPの対象になるというものであった。
    また、劇物取扱皆伝は「武器の状態異常属性値を武器倍率に加算する」という形式であり、
    高い属性値を持たない武器ではさしたる恩恵を得られなかった。
    蓄積時攻撃強化は「状態異常の発症」ではなく「蓄積判定」に目を向け、
    蓄積が起きれば火力が必ず増す」というシンプルな仕組みになっている。
    • なお、劇物取扱皆伝の別側面である「状態異常を確定で蓄積する」という効果は、
      言わずもがな状態異常確定蓄積が現在の後継者である。
      この2つのスキルは同じルーツを持つ双子のような存在と言えるだろう。
  • Ver.13でクシャルダオラ、テオ・テスカトルにも傀異克服個体が追加され、その防具の専用スキルも追加されたのだが、
    そちらが風纏粉塵纏と言った能力を意識したネーミングなのに対し、
    こちらが蓄積時攻撃強化という、まんますぎるというか事務的なスキル名が若干ネタにされた。
    かといって霞纏とかだと分かりづらいか

関連項目

システム/状態異常
スキル/特殊攻撃
スキル/劇物の心得
スキル/変撃


*1 詳細はシステム/状態異常を参照
*2 勘違いされがちだが、高出力状態での斧モードの攻撃はビン爆発が追加されるだけであって、攻撃そのものにビン効果が乗るのではない。そのため斧モードの攻撃はこのスキルの対象外である。ビン爆発の方には一応乗る模様。