Top > Boomerang MK I
HTML convert time to 0.033 sec.


Boomerang MK I

Last-modified: 2018-08-10 (金) 12:16:28

イギリス RankII 戦闘機 Boomerang MK I Edit

Wiki_Boomerang_MK_I_A.jpg

概要 Edit

オーストラリアRank2戦闘機。
アメリカの練習機T-6テキサンをベースにしたWirrawayをベースに設計された。
速度はあまり出ないが上昇力や機動性はそこそこあるので、格闘戦に持ち込むこと。
ただ、20mmイスパノ機関砲の弾数は合計120発、つまり1門あたり60発とかなり少ない。ABなら空中リロードができるのでいいが、RB・SBになると弾数の少なさが響いてくる。一撃必中を心がけよう。7.7mm機銃もうまく使うこと。
因みにミラー付。SBで後を確認するときに役に立つ。

機体情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)-
機体購入費(GE)1150
乗員訓練費(SL)10000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)100
デカール枠解放(RP)88400

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.3 / 3.3 / 3.0
RP倍率2.6
SL倍率0.6+0.6 / 1.8+1.8 / 2.3+2.3
最大修理費(SL)1700 / 6300 / 5170

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)***⇒511 / ***⇒491
(高度5100m時)
最高高度(m)10356
旋回時間(秒)***⇒21.2 / ***⇒22.3
上昇速度(m/s)***⇒21.2 / ***⇒14.9
離陸滑走距離(m)273
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)3.25
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃7.7mm
ブローニング
44000翼内
機関砲20mm
イスパノ マークII
2120翼内

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳費用(SL)
7.7mm
ブローニング
既定T/AP/AP-I/Ball/Ball/I-
汎用T/AP/AP/AP-I/I9
曳光弾IT/AP-I9
ステルスAP-I/AP-I/I10
20mm
イスパノ マークII
既定HEF-I/HEF-I/P/T-
汎用HEF-I/HEF-SAPI-AP/T20
地上ターゲットAP/AP/AP/HAE-I/T20
空中目標HEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/HEF-SAPI20
曳光弾AP/T/HEF-I20
ステルスHEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/AP40

追加武装 Edit

追加武装:無し

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
IFuselage repair
ラジエーター交換
プライマリ7.7mmベルト
IIコンプレッサー交換
Airframe
新しい7.7mm機関銃
IIIWings repair
Engine
プライマリ20mmベルト
Mk.II year1943
IVインジェクター交換
カバー交換

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体
派生機体
次機体Boomerang MK II
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

--加筆求む--

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実 Edit

「ブーメラン(Boomerang)」は、オーストラリアの「コモンウェルス社(Commonwealth Aircraft Corporation)」によって開発され、オーストラリア空軍によって使用された戦闘機。
 
太平洋戦争が勃発し日本軍が太平洋一帯への攻撃に乗り出した頃、オーストラリア空軍が所有している戦闘機といえばアメリカ製のF2Aしか無く、日本軍の航空隊に対抗できる戦力を保持しているとは言えない状況にあった。しかし頼みのイギリス軍は対ドイツの戦闘により戦闘機を輸出できるような状況に無く、オーストラリアは自力で戦闘機を作る必要があった。
そこで、テキサン練習機をベースに改良された多用途機「ワイラウェイ」(このゲームではなぜか「ウィラウェイ」と表記されているが…)のライセンス生産を行っていたコモンウェルズ社において、ワイラウェイをさらに改良したものを開発することにした。(当時のオーストラリアは航空機を自力で作る技術がなく、既存の機体を改良・発展させることが精一杯だったため練習機がここまで発展することになった。また、コモンウェルズ社が保有していたライセンスには設計改修を許容する条項が含まれていた。)
 
1942年2月に105機の発注が行われ、コモンウェルズ社のローレンス・ワケット主任設計士によって開発された機体は「CA-12」と呼ばれ、同年5月に完成。エンジンはプラット&ホイットニー社製R1830-S3C4-G「ツインワスプ」(出力1200馬力)。胴体は新たに設計されたものの、それ以外の部分は大半が先述の通りワイラウェイのパーツを流用しての設計となったため、わずか3ヶ月という短期間で開発された。
 
この機体はオーストラリア空軍によって「ブーメラン Mk.I」と名付けられ、1942年10月頃から実戦配備が開始され、翌年5月には初めて会敵した。(ただ、この時は日本軍の爆撃機に接近したというだけで、空戦は行われなかった。)
だが、ブーメランは結局最後まで一度も空戦を行うことは無く、主に対地攻撃に使われた。そのようなこともあって、戦争を通して撃墜された機体は1機も無い。
だがバッファローに比べて上昇力に優れ運動性が高く頑丈なブーメランは合計約250機が生産され、パイロットからの評判も高く、海外からスピットファイアをはじめとする高性能な機体が供与されるまでの間十分な役割を果たすことができたといえる。

小ネタ Edit

--加筆求む--

過去の修正 Edit

ver 1.37

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)