CV 90105 TML

Last-modified: 2020-06-17 (水) 18:14:30

スウェーデン RankⅥ 軽戦車 Combat Vehicle 90105 TML

概要

Strf 90シリーズの輸出版の一つで、105mmのライフル砲砲塔を搭載したもの。
--加筆求む--

車両情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)***
車両購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)100
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング9.0 / 9.0 / 9.0
RP倍率2.26(+100%)
SL倍率1.0 / 1.4 / 1.5
最大修理費(SL)***⇒2630 / ***⇒3250 / ***⇒3010

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)**.*⇒48.0 / **.*⇒25,5
俯角/仰角(°)-7/20
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
**.*⇒**.*
スタビライザー/維持速度(km/h)二軸/ 77
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
20 / 16 / 20
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
35 / 20 / 20
船体崩壊
重量(t)21.9
エンジン出力(hp)***⇒1049 / ***⇒550
2100rpm
最高速度(km/h)*** / 77
実測前進~後退速度(km/h)74 ~ -47 / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)115
乗員数(人)4
 

暗視装置

有無種類
赤外線投光器-
車長熱線
砲手熱線
操縦手赤外線
三人称視点赤外線

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
(SL)
主砲105mm CN-105-G2 cannon140**
機銃7.62mm ksp 58 machine gun11200**

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
105 mm
CN-105-G2
M735APFSDS3.7-1501353350342333322312
DM502HESH14.854.31732127
DM12HEATFS10.51.271173400
DM23APFSDS3.79-1455337335330320314306
 
名称ベルト名弾種貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
7.62 mm
ksp 58
規定AP/T1097400

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両
派生車両
次車両
 
 

解説

特徴

初心者の方は、軽戦車の立ち回りについての知識と技術を身につけてからこの車両を買うことをオススメします。

 

【火力】
105mm砲を搭載し、DM23を使用できるため同格相手の攻撃力は十分。
またサーマルを主砲と双眼鏡視点のどちらでも使用できるのが大きなアドバンテージとなっている。

 

【防御】
非常に薄い
同格プレミアム中戦車たちと違い、この戦車は軽戦車のため、12.7mmにも抜かれかねない薄さとなっている。
全体的に傾斜がキツい作りになっているので跳弾を期待してしまうが、機関砲に車体上部が抜かれない程度で、それ以外は易々と貫通されてしまう。
さらに船体崩壊も起こすため、被弾=死亡と考えた慎重に慎重を重ねた立ち回りが要求される。

 

【機動性】
足回りは非常に良く、巡航速度はXM-1とどっこいと言ったところ。加速がいいので、飛び出しや撃った後の後退はやりやすい。
ギアが1の時に旋回しようとすると引っかかるような挙動を起こすため、旋回は完全停止状態か2速以上のギアで行うこと。

 

【総評】
紙装甲、高機動、さらに双眼鏡視点で使えるサーマルを駆使して軽戦車らしく、正面を張るのではなくアンブッシュ主体で敵の虚を突く戦い方をする事でこそ、大きな戦果を上げることができる。ぜひ使いこなしてもらいたい。

史実

[添付]
CV90105TML軽戦車はCV9040歩兵戦闘車の火力支援・戦車駆逐車型で、スウェーデンのヘグルンド車両(現BAEシステムズ・ヘグルンド社)と、フランスのGIAT社(現ネクスター社)がプライヴェート・ヴェンチャーとして共同開発したものである。
本車はCV9040歩兵戦闘車の40mm機関砲塔に代えて、GIAT社が開発した105TML砲塔を搭載している。

105TML砲塔は元々フランス陸軍のAMX-10RC戦闘偵察車の近代化改修用に開発されたもので、GIAT社製の44口径105mm低反動ライフル砲CN-105-G2を装備している。
この砲はNATO標準の各種105mm砲弾が使用でき、西側の戦後第2世代MBTと同等の対地・対戦車攻撃能力を発揮できる。

CV90105TML軽戦車の車内レイアウトは、原型のCV9040歩兵戦闘車と基本的に違いは無い。
乗員は車長、砲手、装填手、操縦手の4名で操縦手以外の3名は砲塔内に搭乗する。
CV9040歩兵戦闘車では兵員室となっていた車体後部は105mm砲弾の収容スペースとなっているが、3~4名の完全武装歩兵を収容することもできる。

105mm砲弾の搭載数は40発で12発が砲塔後部のバスル内に、残りの28発は車体後部に収められている。
車長は砲塔内右側後方に位置し、全周旋回が可能な昼/夜間用M389展望式サイトが用意されている。
砲手は車長の前方に位置し、熱線映像装置とレーザー測遠機を統合した射撃統制システムによって効果的な戦闘を行うことができる。

引用:戦車研究室

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 
 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 CV 90105 TML/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算