Top > Chi-Ha Kai


Chi-Ha Kai

Last-modified: 2019-07-14 (日) 00:07:22

日本 RankI 中戦車 Chi-Ha Kai / 九七式中戦車改 新砲塔チハ Edit

無題3.jpg

概要 Edit

チハたん∩(・ω・)∩ばんじゃーい
1.65で実装された日本陸軍、中戦車ツリー3番目の車両。
一つ前のチハの砲塔を交換したモデルで、貫通力と威力の他に、何故かABでは出力も強化されている。
しかし、紙装甲なので格下にもバンバン抜かれるので裏どりをするよう心がけよう。

車両情報(v1.89.1.73) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)***
車両購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)600
エキスパート化(SL)2100
エース化(GE)40
エース化無料(RP)110000
バックアップ(GE)25
護符(GE)150

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.0 / 2.0 / 2.0
RP倍率1.0
SL倍率0.2 / 0.3 / 0.4
最大修理費(SL)280⇒363 / 390⇒505 / 390⇒505

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)17.2⇒23.8 / 10.8⇒12.7
俯角/仰角(°)-15/20
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
4.29⇒3.3
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
25 / 25 / 12
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
25 / 25 / 12
重量(t)14.8
エンジン出力(hp)263⇒324 / 150⇒170
2,000rpm
最高速度(km/h)44 / 40
最大登坂能力(°)26⇒33 / 28⇒33
視界(%)74
乗員数(人)5

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲47mm Type 1 cannon104
機銃7.7mm Type 97 machine gun3000

弾薬*1 Edit

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
Type 1 APHEAPHE1.3823.04822727162544639

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
砲火調整
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
IV変速機******
エンジン
砲撃支援

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両Chi-Ha
派生車両
次車両Ho-I
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

前車の旧砲塔チハと比べると大きく貫徹力が向上しており、最大貫通力は71mmと格上も狙えるので活躍の場は大きく広がるだろう。ただ防御力、機動性はそんなに変わらない上に相変わらず砲塔の旋回速度、昇降速度が呆れかえるほど遅いので運用には慎重を要する。特にBRが2.0台に上昇したことにより、機動力の高い戦車を相手にすることが増えるのだが、砲塔旋回及び昇降速度が遅いということは走り回る相手を照準できないことを意味するので、予め敵が通るであろう道に置きエイムして先手必勝見敵必殺を心掛ける必要がある。 1.71アップデートにより砲塔旋回速度がRBの4.2°/秒から10.5°/秒と速くなり、かなり扱いやすくなった。
--加筆求む--

 

【火力】
新たに獲得した47mm砲は57mm砲に比べると炸薬威力は減ったため、貫通後乗員を一気に倒すことは難しくなったがそれと引き換えに貫徹力、弾道直進性、初速が格段に向上している。同ランク帯なら十分の威力・貫通力を持つ。また弾道直進性が良いので遠距離でも撃てる。使用砲弾は徹甲榴弾であり、純粋な徹甲弾と比較して貫通後の威力も高く、さらに発射速度も悪くないというこのBRでは十分に役に立つ砲である。一方、純粋なAPHEしか使えない為、一定以上の装甲を持った上で傾斜装甲を持つ・昼飯を取る相手には跳弾や非貫通を起こしやすいので主砲を過信して闇雲に撃つのは禁物。また、同格にはB1bis、格上にはM4A3(105)やマチルダⅡなど正面からでは47mm砲では貫けない相手もいるので要警戒。弱点を狙える状況ならそれを狙い、貫通できる状況で無ければ履帯切りを狙う、砲撃支援を要請するか、味方に任せることが望ましい。

 

【装甲】
前車に比べると砲塔全周と車体正面・側面は依然25mmのままだが、砲塔前面が30mmへと強化された。しかし所詮は機関砲にすら貫通される程度である。戦車砲に対してはよほど相手の狙いが甘いか、よほど運が良くない限り貫通されるので被弾は避けよう。ちなみに乗員が前車の4名から5名に増えたが、そのうち3人は砲塔内にギッチギチに詰め込まれている上に守ってくれるモジュールが無いので例えAPであろうが砲塔に被弾した場合はだいたい砲塔内の乗員が全て死ぬので脆弱さは前車とあんまり変わりない。

砲塔正面の弾薬庫のせいで誘爆を起こしやすい。誘爆を防ぐ手段としては、104発の砲弾を使い切ることはまずないので50発ほどまで減らせば砲塔内の弾薬庫が無くなるのでいくらか生存性は確保できる。

 

【機動性】
馬力が上がったわけでもなく、新砲塔を搭載してるにも関わらず重量も大して増えてないのでチハと変わらない。

 

史実 Edit

従来の九七式中戦車(以下、チハ車)を対戦車戦闘力を上げるため、貫徹力が不十分だった九七式五糎七戦車砲を、貫徹力を重視した一式四十七粍戦車砲に換装した改良型。

本来は新型砲塔及び新型戦車砲のテストベッドとして1941年6月頃に開発された車両であり、あくまでもチハの改良型ではなく、量産の予定はなかった。

しかし、同年末~翌年1942年初めにかけて、M3軽戦車に対抗したいという前線の要望があったため、急遽チハの改良型として量産されることになった。

詳細
実戦

※出典』『激闘戦車戦』『臨時松岡中隊戦闘詳報』『臨時松岡中隊所属宇野寛少尉証言』『戦車第14聯隊史』『機甲入門』『帝国陸軍戦車と砲戦車』

小ネタ Edit

乗組員数
チハたん?
搭載砲の逸話
元々未来を見て作られたチハ
共産党軍の「功臣号」

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 爆薬量はTNT換算
*2 ただし、島国諸島での戦いやジャングルでの戦いは視界が悪く、道路状況も悪いことがが多かったのでむしろ軽量で小柄なチハの方が待ち伏せなどで有利な部分はあった。