Ikv 103

Last-modified: 2020-05-24 (日) 15:59:50

スウェーデン RankⅣ 駆逐戦車 Infanterikanonvagn 103 Edit

shot 2020.03.20 13.53.36.jpg

概要 Edit

Ver1.97にてスウェーデン陸ツリーと同時に実装されたRankIV駆逐戦車。BR6.0にして400mm貫通のHEATFSを携行することが出来るのが最大の特徴。
Ikv 72の改造型であり紙装甲である。

車両情報(v1.97) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)54000
車両購入費(SL)180000
乗員訓練費(SL)52,000
エキスパート化(SL)180000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)100
護符(GE)1,500

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.7 / 5.7 / 5.7
RP倍率1.66
SL倍率1.3 / 1.5 / 1.6
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)**.*⇒10.0 / **.*⇒5.8
俯角/仰角(°)-16/20
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
13.0⇒10.0
スタビライザー/維持速度(km/h)無し
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
12 / 6 / 12
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
18 / 7 / 5
船体崩壊
重量(t)8.8
エンジン出力(hp)***⇒233 / ***⇒150
3,199rpm
最高速度(km/h)53 / 49
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)62
乗員数(人)4
 

暗視装置 Edit

なし

武装 Edit

名称搭載数弾薬搭載数
主砲105 mm kan Ikv cannon124

弾薬*1 Edit

搭載武装解説ページを開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
105 mm
kan lkv
psgr m/49HEAT10.250.95418240
sgr m/34 LTHE11.671.8240023
rökgr m/49発煙弾14.70.05359煙幕継続時間 25秒
slpsgr m/65HEATFS10.51.27530400

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯3,100***
修理キット
砲塔駆動機構
IIサスペンション2,600***
ブレーキシステム
手動消火器
砲火調整
IIIフィルター2,900***
救急セット
昇降機構
rokgr m/49
IV変速機3,200***
エンジン
slpsgr m/65

カモフラージュ Edit

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー Edit

前車両Pvkv II
派生車両
次車両U-SH 405
 

解説 Edit

特徴 Edit

 

【火力】
本車の特筆すべき点はBR6.0において400mm貫通を誇るHEATFSを搭載できることである。これによりTigerIIやT34などへの対処が格段に楽になっている。
HEATFSであるため榴弾砲でも弾道が良好なのも重要な点であろう。
しかしその貫通力の代償として最短でも10.0秒、最長で13.0秒の長い装填時間がある。幸いスウェーデン車両らしく俯角は-16°も取る事が出来るので地形を活かし装填の時間を稼ごう。

 

【防御】
本車の元になったIkv 72からも察せるようにペラッペラの紙っぺら。正面の最厚部ですら20mmに届かない有様で側面や天板もお察しで航空機からの機銃掃射も相当な脅威である。前述の良好な俯角を活かし敵からの被弾面積を最小にする、航空機からの斜線を切るなどの動きが重要である。

 

【機動性】
機動性は8.8tの車体に150hpのエンジンを搭載したことにより出力重量比は17に到達していて比較的良好な部類。
超信地旋回も可、非常に軽量であるため小回りが利く。

 

【総評】
貫通力に優れた高機動小型駆逐戦車。小型で俯角が多く取れる利点を活かし敵の予想外の場所から攻撃することが出来る。

史実 Edit

IKV103_history4.jpg

Infanterikanonvagn 103(インファンテリカノンヴァグン エットフンドラトレ)とは、Ikv 72に各種改修を施した歩兵砲車である。

Ikv 72は装甲戦闘車両としての性能が満足いくものではなく、より強力な砲を搭載する事が検討された。
1956年~1958年にかけてIkv 72に10,5cm Haub m/40榴弾砲をボフォース社の支援の元で搭載し、天板をはじめ多くを再構築した車両がIkv 102だった。
そして、この改装に伴ってIkv 72を大幅にアップグレードした車両がIkv 103であった。
Ikv 103では新型エンジンの搭載に伴い、グリルが追加されている。
本車両は81輌が生産され、1970年代中盤まで現役運用され続けた。

引用:world of tanks(日本語版wiki)

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Ikv 103/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算