J32B

Last-modified: 2020-03-22 (日) 00:57:18

スウェーデン RankVI ジェット戦闘機 J32B Lansen Edit

shot 2020.01.11 03.50.50 - コピー.jpg

概要 Edit

Ver1.95”Northern Wind”で実装されたRankVIジェット戦闘機。
30mm機関砲や空対空ミサイル、またスウェーデンツリーでは初となるレーダーを備えた、全天候複座戦闘機である。
サーブ32シリーズは戦闘機型の本機のほか、対地・対艦攻撃機型のA32Aも実装されている。

機体情報(v1.95) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)390,000
機体購入費(SL)1,020,000
乗員訓練費(SL)290,000
エキスパート化(SL)1,020,000
エース化(GE)1,400
エース化無料(RP)1,080,000
バックアップ(GE)10
護符(GE)2,800

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング9.3 / 9.3 / 9.3
RP倍率2.32
SL倍率1.5 / 3.7 / 6.6
最大修理費(SL)2,346⇒3,061 / 4,998⇒6,521 / 3,570⇒4,658

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)1133⇒1148 / 1128⇒1140
(海面高度時)
最高高度(m)12500
旋回時間(秒)34.4⇒33.6 / 34.6⇒34.0
上昇速度(m/s)84.7⇒119.5 / 78.6⇒101.0
離陸滑走距離(m)900
離陸推力(kgf)6460⇒7040 / 6400⇒6740
毎秒射撃量(kg/s)24.31
燃料量(分)min8 / 20 / max26
限界速度(IAS)1160km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)550km/h, (離陸)450km/h, (着陸)320km/h
主翼耐久度-5G ~ 11G

レーダー Edit

航空機用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
索敵レーダー9/30/90
測距レーダー×***
追跡レーダー5.00
火器管制装置×***
敵味方識別装置***
捜索中追尾***
レーダー警報装置×-

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/ステルス
機関砲30mm
Akan m/55
4360機首570/860

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

追加武装 Edit


名称
種類


影響【AB/RB&SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
Rm/57B38-2.9/-2.9-8.5/-8.5+0.3/+0.3760m/57重量266kg
AAMRb244-5.0/-5.0-12.9/-12.9+0.3/+0.380Rb24重量280kg
AAM

R
Rb242-5.0/-5.0-14.6/-14.6+0.5/+0.5800m/57
Rb24
m/57B38合計搭載量
406kg

ロケット Edit

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ミサイル Edit

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理50,00087,000
30mm弾薬ベルト
II新しいブースター37,00064,000
機体
m/57ロケット弾
III主翼修理42,00073,000
エンジン
新しい30mm機関砲
IV耐Gスーツ54,00094,000
カバー交換
Rb24空対空ミサイル

カモフラージュ Edit

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー Edit

前機体J29F
派生機体
次機体J35D
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

索敵・追跡レーダーを備える複座機ということもあり、単発機としては大柄かつ重量級の機体である。F-86/CL-13、G.91、MiGシリーズといった小柄な機体には運動性では歯が立たないが、代わりにアフターバーナー付きの強力なエンジンを装備しており、加速力と上昇力ではこちらが優位に立てる。上下方向の直線的な機動を軸とした、重戦闘機的な立ち回りがメインになるだろう。

武装は機首に30mm Akan m/55リボルバーカノンを4門装備するほか、追加で75mm対空ロケットポッドとRb24(AIM-9B)を開発できる。AAM4発と30mm4門の重武装を併せ持つ機体は、J32Bの他にはジャベリンとIDFボートゥールぐらいのものであり、本機はそのボートゥールなどの高速爆撃機に対しても強力なカウンターとなる。逆に本機の脅威となるのは、アフターバーナー&AAM持ちでこちらより小回りの利く瀋陽F-5・F-86K・G.91YS、バーナーこそ無いものの速度に優れるCL-13B・エタンダールIVM・ハンターシリーズ、そして音の壁を軽々と超えてくるBR10以上の面々などだろうか。

 

水平での音速突破こそ出来ないものの、総じて速度と武装に秀でた機体である。ランセン(槍)の愛称に恥じぬ加速と上昇で、敵機を貫くかの如く自慢の火力を叩き込もう。

なお、爆弾などの対地武装は一切ない。対地したい人は隣のA32Aに乗りましょう。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実 Edit

「SAAB 32」は、サーブ社がスウェーデン空軍向けに開発・製造したジェット軍用機。愛称はスウェーデン語で槍を意味する"Lansen"。
攻撃機型のA32A、戦闘機型のJ32B、偵察機型のS32Cが製造され、後に一部の機体は標的曳航機J32D、電子戦機J32Eに改造された。総生産数は450機。

 

1948年、当時スウェーデン空軍で運用されていたB18/S18、J21R/A21R、J30(モスキート)を置き換える新型機「P1150」の計画がスタートした。スウェーデン空軍がP1150に求める要件は厳しいもので、同国の2000kmに及ぶ長大な海岸線のあらゆる場所に、昼夜・天候を問わず1時間以内に到達し任務を遂行しうることとされた。
サーブ社はいくつもの機体デザインを検討し、最終的にP1150は主翼後退角35°で低翼配置の単発ジェット機となった。全天候運用能力が要求された結果、捜索レーダーなど高度な電子機器を搭載し、そのオペレーターを搭乗させるためコックピットはタンデム複座とされた。機体の基本的なデザインは、第二次大戦後にメッサーシュミット社の技術者がスイスへ持ち出していたP.1101、P.1110、P.1111およびP.1112の図面が参考にされたと言われている。また、機体設計にコンピュータが用いられた最初の航空機の一つでもあり、主翼の強度計算にはスウェーデン初の真空管式コンピュータ「BESK」が用いられた。当初は国産のSTAL Dovernターボジェットエンジンを搭載する予定だったが、同エンジンの開発遅延や技術的問題により、ロールスロイス・エイヴォンRA.3/Mk.109のライセンス生産品であるRM5が搭載された。エンジンの整備や交換を容易にするため、胴体後部は丸ごと分離できるようになっていた。
P1150試作機の初飛行は1952年11月3日に実施され、主翼前縁スロットの廃止や高AoA時の気流を改善する小型フェンス追加などの改修を経て、1955年に最初の量産機がA32Aとしてスウェーデン空軍に引き渡された。A32Aの製造は1958年半ばまで続き、その後の量産はJ32BとS32Cに切り替えられ、1960年に製造を終了した。
サーブ32はスウェーデン空軍初の複座ジェット機で、初のレーダー搭載機であったほか、緩降下で音速を突破した初のスウェーデン製航空機であった。

 

J32Bはサーブ32シリーズで2番目の量産型である。新型の航法装置と火器管制装置を搭載し、対空兵装として75mm無誘導ロケット弾m/57とAIM-9Bのライセンス生産品Rb24の運用能力を付与、また固定武装を30mm ADENのライセンス生産品m/55に換装、さらにエンジンもこれまたエイヴォンMk.300のライセンス生産品RM6Aに換装している。A32AのRM5A2エンジンはアフターバーナー使用時に46kNの推力を発揮したが、J32BのRM6Aはアフターバーナー不使用でそれを上回る48kNの推力を生み、バーナーに点火すれば実に67kNもの推力をもたらした。
最初のJ32Bは1957年1月に初飛行し、1958年から1960年にかけて118機が製造された。J32Bはスウェーデン空軍の4個航空団で運用されたが、サーブ35に更新される形で1967~70年頃にかけて戦闘機としては現役から退いた。J32Bのうち6機がJ32Dに、12機がJ32Eに改造され、これらは1990年代後半まで現役だったとされる。
また、「スウェーデン空軍ヒストリックフライト(SwAFHF)」が動態保存している2機のJ32Bは、スウェーデン民間航空局の機体記号「SE-RMD」「SE-RME」を取得し、現在も飛行可能である。

--加筆求む--

小ネタ Edit

操縦機構は後席にも用意されているため、前席のパイロットが気絶した状態でも飛行可能。
と言っても、大口径機関砲やミサイルが飛び交う高速ジェット戦場で前の人だけがやられるという状況は滅多にないのだが。

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 J32B/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算