Ki-67-I otsu

Last-modified: 2020-05-29 (金) 14:15:34

日本 RankIII 前線爆撃機/中型爆撃機 Ki-67-I otsu / 四式重爆撃機一型乙 飛龍

shot 2017.03.16 20.31.12.jpg

概要

Ver1.67で追加されたランクIII双発爆撃機。飛龍一型甲から更にBRが上がったが、恩恵は12.7mmが1門増えたのみでそれ以外は変わらない。

機体情報(v1.67)

必要経費

必要研究値(RP)70000
機体購入費(SL)230000
乗員訓練費(SL)65000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)40
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.0 / 4.3 / 5.0
RP倍率320
SL倍率195 / 585 / 630
最大修理費(SL)3207⇒4087 / 7802⇒9654 / 7309⇒9043

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)480⇒522 / 466⇒502
(高度5150m時)
最高高度(m)9300
旋回時間(秒)31.3⇒28.7 / 31.8⇒30.0
上昇速度(m/s)10.0⇒18.1 / 10⇒12.5
離陸滑走距離(m)650
最大出力(hp)1532⇒1660 / 1532⇒1660
離陸出力(hp)1683⇒1811 / 1683⇒1811
毎秒射撃量(kg/s)-
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/s, (離陸)*** km/h, (着陸)*** km/s
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機関砲
(単装)
20mm
ホ-5
1400後方上部
機銃
(単装)
12.7mm
ホ-103
31500前方・側部x2
機銃
(連装)
12.7mm
ホ-103
11000後方

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳費用(SL)
20mm
ホ-5
既定HEF-I/P/AP-T
徹甲弾AP-T/AP-T/HEF-I120
汎用HEF-I/HEF-I/AP-T120
12.7mm
ホ-103
既定T/AP-I/ball/IAI/AP
徹甲弾AP/AP/AP/API-T60
汎用API-T/API-T/API-T/API-T/IAI60

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B50kg
(19.6kg)
九四式五十瓩爆弾
15-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**合計搭載量
750kg
(爆薬量294kg)
B100kg
(46kg)
九四式百瓩爆弾
8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**300合計搭載量
800kg
(爆薬量368kg)
B250kg
(104kg)
九二式二百五十瓩爆弾
3-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**230合計搭載量
750kg
(爆薬量312kg)
T848kg
九一式航空魚雷改三
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**380投下可能速度
0-**km/h
投下可能高度
0-**m
B500kg
(223kg)
九二式五百瓩爆弾
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**150合計搭載量
500kg
(爆薬量223kg)

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理20003800
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー23004400
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理25004800
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換33006300
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体
派生機体
派生元機体Ki-67-I Ko
次機体
 
 

解説

特徴

前機からの変更点は尾部銃座のホ103が連装になっただけ。なっただけでBRが0.3上がり、修理費も猛烈に高くなっている。連装機銃は火力向上を実感できるが、正直なところBRが増えた分より苦しくなった。

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
RBでは深山と同BRなので、基爆よりは対地攻撃メインに戦っていこう。
爆装量では同レート帯の爆撃機には圧倒的に差をつけられるが、
この機体は強力な銃座と高い機動性を持つ。
ホ103の弾種変更により相対的に火力が上がっており、
敵機にケツを向ければ意外と敵を落としてくれることがある。

 

【シミュレーターバトル】
甲型との差異は12.7mmが1門増えたのみ。となれば軽トーチカ攻撃か対艦攻撃しかやる事がないが、爆装・機動性・銃座・固定武装・装甲どれを取っても他国の軽爆撃機・攻撃機に対して大きな不利は避けようがない。ランク4戦場の軽爆運用に於けるもう一方の選択肢である紫電改と比べると、爆装と機動性、急降下爆撃能力で劣る代わりに、BRが低く爆撃照準機を備える。いずれにせよ地上攻撃合戦になった場合、敵同任務機のほうが手数で圧倒的に勝っているので、死に物狂いで頑張り大和魂でなんとかする他ない。紫電改なら居合わせた同業者を排除する事も出来るが、本機は逆に敵の機関砲に狙われないよう注意。

史実

Ki-67-I otsuは前身のKi-67-I Koの機体後方の12.7 mm機関砲を連装に変更したものである。砲架の製造が追いつかなかったため機体後方の武装が12.7 mm機関砲単装とされた一部の機体を除く、四式重爆撃機の第451号機以降の機体は乙型として製造された。

小ネタ

この機体に限った話ではないが、日本機は他国と比べて燃えやすい。そして消えにくい。そこで、機体が燃えてしまったらまずエンジン出力を0にしよう。そしてエンジン停止(デフォルトでI)をしよう。そうするだけで消火率がかなり違ってくる。是非試してほしい。

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Ki-67-I otsu/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算