Top > Ki-84 ko


Ki-84 ko

Last-modified: 2019-11-13 (水) 10:04:05

日本 RankIV 戦闘機 Ki-84 ko / 四式戦闘機一型甲 疾風 Edit

shot 2016.01.29 23.06.57 (2).jpg

概要 Edit

1.37にて追加された日本陸軍ツリーの戦闘機。1.45からランクIVになった。隼を彷彿とさせる中速度での旋回率、鐘馗を思わせる圧倒的な上昇力、飛燕の武装と機体剛性にエネルギー保持率を兼ね備えた、まさに陸軍戦闘機の集大成たる大東亜決戦機である。

機体情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)70000
機体購入費(SL)230000
乗員訓練費(SL)72000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)110
護符(GE)1500

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング4.7 / 5.3 / 5.0
RP倍率1.6
SL倍率1.1 / 3.8 / 4.4
最大修理費(SL)8850⇒11213 / 15350⇒19519 / 15804⇒20098

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)664⇒723 / 651⇒692
(高度6000m時)
最高高度(m)13000
旋回時間(秒)20.5⇒18.9 / 20.8⇒19.4
上昇速度(m/s)11.7⇒26.7 / 14.2⇒17.9
離陸滑走距離(m)421
エンジン型式中島 誉21
最大出力(hp)***⇒1960 / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒2174 / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)3.46
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃12.7mm
ホ-103
2700機首
機関砲20mm
ホ-5
2300翼内

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳費用(SL)
12.7mm
ホ-103
既定T/BAll/Ball/Ball/AP-
汎用AP/T/IAI/T/I90
空中目標AP/T/IAI90
曳光弾T90
ステルスAP/AP/IAI/IAI140
20mm
ホ-5
デフォルトHEF-I/P/AP-T-
万能HEF-I/HEF-I/AP-T110
地上ターゲットAP-T/AP-T/HEF-I110
曳光弾AP-T110
ステルスHEF-I/HEF-I/HEF-I/P160

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B50kg
九四式
五十瓩爆弾
2-13/-17.3/-17.3-1.9/-1.3/-1.3+0.2/+0.6/+0.640-
B250kg
九二式
二百五十瓩爆弾
2-47/-53/-53-8/-5.3/-5.3+1.3/+2.8/+2.8200-

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理33006400
ラジエーター交換
プライマリ12.7mmベルト
9 in (mod 23)
IIコンプレッサー交換38007400
機体交換
新しい12.7mmマシンガン
12 in (mod 27)
III翼修理560011000
エンジン交換
プライマリ20mmベルト
IV新しいエンジン噴射720014000
カバー交換
新しい20mm機関砲

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体Ki-61-II
派生機体---
次機体Ki-84 otsu
 
 

解説 Edit

ゲーム内計測値 1.49 Edit

カスタムバトル クルスク 燃料 20:00
RB
上昇力
0-3000m 2:32 19.7m/s
0-6000m 5:08 19.4m/s
上昇角度
0-5000m 15°
5000-6000m 12°
限界速度
IAS 790km/h

特徴 Edit

本機はエンジン開発の進展に伴い、旋回性だけでなく速度や上昇力、ダイブ性能、防御力のバランスの良い共存を狙って造られた機体である。特に上昇力は目を見張るものがあり、うまく高度差を活かす事で、これまで手の出せなかった高速機相手にも対抗可能となった。さらに水平飛行や維持旋回、ズーム上昇時のエネルギー保持率もかなり優秀で、格闘戦から一撃離脱まで平均以上にこなせる。巴戦は封印して、陸軍お家芸の擂り鉢戦法をお目にかけよう。
また、本機の特徴の一つに「高Gによる空中分解を防ぐため、高速域で舵が重くなる」というものがある。ABで戦う限りただの欠点にすぎないが、RBやSBでは実に有用な機能として働く。安心して操縦桿をブン回そう。これにより機体のG耐性に裂く重量が最適化され、捨て身の超高G機動を封印する代わりに、通常使われる領域の飛行特性が向上している。
武装は機首に12.7mm砲ホ103、主翼内に20mm砲ホ5が各2門ずつ搭載されている。どちらも短射程ながら発射レートが高く、低速目標に近距離で大量に浴びせてやれば高い威力を発揮する。弾数はそれぞれ700発/300発と不足はないが、発射レートの高さからか気持ち早めに尽きるため注意が必要である。爆装は50kg*2ないしは250kg*2を選択可能で、軽トーチカや戦車などの地上目標も狙える。
総じて、その優秀な性能はひとえに大東亜決戦機の名に恥じない。早々に慣熟し大戦果を狙おう。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
上昇力を活かして最初は高度を取り、高空を制圧し低空へ一撃離脱をかけることを心がけよう。
スピットなどと同高度戦闘となった場合は斜め旋回などのエネルギー戦を心がけよう。敵機がエネルギーを失った瞬間に必殺のホ-5を撃ち込もう。

#br
【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
前任機譲りの上昇力はそのままに、日本機ツリーでも指折りのエネルギー保持力を手に入れた本機。圧倒的なズーム上昇も相俟って一撃離脱が捗る。全開高度も6000mと少し高くなった為、中~低高度は一通りカバー出来るだろう。釣り上げ全般はお手の物、BR相応の防弾でドラッグ中のまぐれ当たりによる事故も少ない。さらにヨー・ロール安定性と中速域での高い旋回率を兼ね備え、弛い縦旋回から降下増速して頑丈なフラップを開いてやれば、頭上で漂うばかりの敵に強烈な突き上げを食らわせる事も容易だ。加えて小回りも平均以上で、万一巴戦に持ち込まれても、彼我のエネルギー差次第では返り討ちにしてしまう。まさに「軽戦と重戦の良いとこ取り」と評された所以である。
何を相手にしても確実に弱点を衝く事が出来る為、高高度の敵以外には必ず優位に立てる筈だ。敵を早期発見し動きを見切って、先の先・対の先・後の先を、状況に応じて丁寧に取ってゆこう。逆に言えば、本機を以てしても活躍出来ない場合は、初撃をしくじり、或いは敵に先制され、或いは通り一辺の戦い方しか出来ない事を意味する。これは小手先の立ち回りではなく、索敵、状況判断、操縦、射撃、といった根本的な技能に問題があると見なければならない。

史実 Edit

四式戦闘機は大日本帝国陸軍の戦闘機。愛称は"疾風"。開発・製造は中島航空機。連合軍のコードネームは「Frank」。

クリックで表示

小ネタ Edit

クリックで表示

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)