Top > Type 62


Type 62

Last-modified: 2019-11-19 (火) 07:57:44

中国 RankⅣ 軽戦車 Type 62 Edit

Type 62 TOP.jpg

概要 Edit

1.91で実装された中国ツリーのランクⅣ軽戦車。
T-54をライセンス生産したものである59式戦車をスケールダウンした、中国初の国産戦車。
よく見るとT-54より一回り小さく、頑丈そうな正面装甲も僅か35mmしかない。
--加筆求む--

車両情報(v1.93.1.13) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)***
車両購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング6.7 / 6.7 / 6.7
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)**.*⇒**.* / 6.4⇒**.*
俯角/仰角(°)-5/22
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
9.6⇒**.*
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
25 / 25 / 16
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 35 / 32
重量(t)20.2
エンジン出力(hp)***⇒*** / 442⇒500
2,000rpm
最高速度(km/h)70 / -**
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)83
乗員数(人)4

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲85mm Type 62-85-TC47
機銃12.7mm DShK300
機銃7.62mm SGMT3200

弾薬*1 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
BR-365AAPHEBC9.216479213513312511510697
BR-367APCBC9.267.7792162162154145136127100
BR-367PAPCR5.30102020720318316014012350
Type1956HEATFS7822.8845300260
O-365KHE9.566079310

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両Type 63-I
派生車両
次車両ZBD86
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

詳細はこちらType-62
--加筆求む--

 

【火力】

 

【防御】

 

【機動性】

 

史実 Edit

62式軽戦車は、59式戦車(T-54のライセンス生産)で得た技術を踏まえ、初めて自国で開発した軽戦車である。
とはいえさすがに今まで戦車開発の経験が無く、技術的な限界もあったため基本設計は59式戦車を参考にしている。

機動性面ではT-54を小型軽量化したような具合でT-54より15t軽くなり、エンジンも59式戦車のエンジンをデチューン(520hp→430hp)
して信頼性を向上させた12150L-3ディーゼルエンジンを搭載した。
エンジン馬力は下がっているが、59式と比べ出力重力比が向上しているので優れた機動性を持つ。
これは特に悪路が多く、形状が険しい地形が多い中国周辺での運用に適していた。

主砲は59式の100mmライフル砲D-10より小型の62式54口径85mmライフル砲を装備し、小型故に威力では劣るものの59式と比べ弾数が豊富だった。
ただし照準器は量産当初は簡易的な造りの照準器しかなく、進間射撃能力は物理的に不可能だったがその後の射撃統制装置や暗視装置の追加により精度が向上している。火力面では62式54口径85mmライフル砲は小型ながらHEAT-FSを使用することで当時の他国の戦車を撃破するには十分な能力を備えていた。

防御面では運用性を考慮して軽量化した結果、装甲は最大で50mmとの最大200mmあった59式戦車より薄かったが、
後に中越戦争での戦訓から1980年には装甲を中心に強化した62式改軽戦車が生産された。

主に中華人民解放軍で使用され、チベットなど国内の治安任務や暴動の対処に出動したほか、本格的な戦役としては1979年の中越戦争に投入された。
しかし中越戦争では人民解放軍の主力戦車として活躍するが、北ベトナム軍が大量に装備するRPGなどでかなり損害を被っている。

ちなみに中国では105mm低反動砲の装備や爆発反応装甲の追加など延命措置を行われたまま主に地形が険しいチベット高原方面で2013年まで使われていた。

後継は15式軽戦車である。

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 爆薬量はTNT換算