Type 69-IIa

Last-modified: 2022-10-03 (月) 00:25:07

中国 RankV 中戦車 Type 69-IIa

ゲーム内アイコンと画像


概要

中華人民共和国:国慶節ミニイベントと同時に追加された中国課金MBT。もともとはUpdate 1.69 "Regia Aeronautica"にて追加された中国RankVIの中国サーバー限定車輌であった。グローバルサーバー内部では長らく通常車両通常扱いであったが、後のアップデートで通常ツリーからプレミアムツリーへと移動していた。

車両情報(v2.17.0)

必要経費

必要研究値(RP)180,000
車両購入費(SL)490,000
乗員訓練費(SL)140,000
エキスパート化(SL)490,000
エース化(GE)2,000
エース化無料(RP)890,000
バックアップ(GE)120
護符(GE)2,400

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング8.0 / 8.0 / 8.0
RP倍率2.14
SL倍率1.4 / 1.5 / 1.7
最大修理費(SL)*** / *** / ***

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)14.3⇒28.2 / 8.9⇒15.0
俯角/仰角(°)-4/17
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
11.2⇒8.6
スタビライザー/維持速度(km/h)二軸 / 75
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
100 / 80 / 45
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
200 / 160 / 65
船体崩壊
重量(t)36.5
エンジン出力(hp)899⇒1107 / 513⇒580
2,000rpm
最高速度(km/h)56 / 50
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
視界(%)83
乗員数(人)4
 

暗視装置

有無種類
赤外線投光器-
車長赤外線
砲手赤外線
操縦手赤外線

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
(SL)
主砲100 mm Type 69-II cannon144140
機銃12.7 mm DShK machine gun1500-
機銃7.62 mm SGMT machinegun13400-

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
100 mm
Type 69-II
Type 1959APDS3.18-1432299298291272253249
Type 44 APAPCBC15.90.094887239236223207192178
Type 1973HEATFS10.11.181000390
Type 44 HEHE15.61.4690019

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要量(RP)購入費(SL)購入費(GE)
I履帯---
修理キット
BR-412D
砲塔駆動機構
IIサスペンション---
ブレーキシステム
手動消火器
3BM25
砲火調整
IIIフィルター---
救急セット
昇降機構
Type 1973 HEAT-FS
NVD(暗視装置)
IV変速機---
エンジン
砲撃支援
距離測定器
発煙弾発射機

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両
次車両
 

解説

特徴

 

【火力】
本車はT-55AのD-10T2Sとほぼ同性能である69-II式100mmライフル砲を搭載している、また発射可能砲弾はAPDS・APCBC・HEATFS・HEと59式に準ずる。特に、自動測距の恩恵で格下相手をほぼ一方的に狙撃することが可能。砲精度はツリーのものよりは良いので安心してほしい。

 

【防御】
車体正面100mm側面80mmであり内装でもType 69と変わらず。改修によって砲塔全周に取り付けられたラックはスラットアーマーの役割を果たしており、HEAT系に限るが300~400mm程度と防がれることが多々ある。特に小口径の軽戦車にとって心理的に嫌なものではあることは確かと言えよう。

 

【機動性】
多少装備品は増えたもののType 69から重量はほぼ変わらず、エンジンも580馬力の据え置きであるため全く同じであると言っていい。T-55Aと比べると0.5t重量が重いが微々たる差である。

本実装以前の解説

同格のソ連RankVI MBT T-55Aと酷似した性能を持つ。

 

【火力】
本車はT-55Aとほぼ同性能である69-II式100mmライフル砲を搭載しており発射可能砲弾もAPDS・APFSDS・APCBC・HEATFS・HEとT-55Aに準ずる。
APFSDSはこれまたT-55Aと同様の3BM25となっていて貫通力は直近で335mm、初速は1430m/sと同様。ちなみにAPDSとHEATFSは貫通力こそ同一であるが前者は55Aより初速が速く、後者は初速が遅くなっている正直変わらない
また仰俯角はType 69やT-55Aに比べそれぞれ1度ずつ劣化している。

 

【防御】
車体正面100mm側面80mmでありType 69とほぼ同様。改修によって砲塔全周に取り付けられたラックはスラットアーマーの役割も果たすため入射角の浅いHEATFSなどは無力化してくれることがあるか気休めである。

 

【機動性】
多少装備品は増えたもののType 69から重量は変わらず、エンジンも580馬力の据え置きであるため全く同じであると言っていい。T-55Aと比べると0.5t重量が重いが微々たる差である。

 

史実

中国が開発した輸出用の車両であり、利用国として著名なものは湾岸戦争でのイラク軍であるが、実際はより多くの国で使用され、各地の紛争にて目撃される。ソビエトのT-62戦車の技術が取り込まれており、新型の砲安定装置、火器管制装置 (FCS)を搭載させた。
--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)


*1 爆薬量はTNT換算