Type 93

Last-modified: 2020-06-23 (火) 23:26:49

日本 RankVII 自走式対空砲 Type 93 / 高機動車 93式近距離地対空誘導弾(近SAM)装備型

4218.jpg

概要

Ver1.99にて実装された日陸ランクVIIの地対空ミサイル車両。
91式携帯地対空誘導弾をトヨタ自動車が開発した高機動車の車体に配置した車両である。
陸上自衛隊に所属する現役の対空ミサイルである。

車両情報(v1.99)

必要経費

必要研究値(RP)390000
車両購入費(SL)1020000
乗員訓練費(SL)290000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)2100
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)50
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング9.7 / 9.7 / 9.7
RP倍率2.32
SL倍率1.3 / 1.4 / 1.7
最大修理費(SL)3320⇒4621 / 1930⇒2686 / 10050⇒13989

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)88.1⇒**.* / 59.5⇒**.*
俯角/仰角(°)0/70
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
19.5⇒**.*
スタビライザー/維持速度(km/h)二軸 / ***
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
0 / 0 / 0
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
0 / 0 / 0
船体崩壊
重量(t)2.6
エンジン出力(hp)213⇒*** / 133⇒***
3,400rpm
最高速度(km/h)135 / 125
実測前進~後退速度(km/h)85 ~ -40 / 85 ~ -40
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)70
乗員数(人)3
 

レーダー

車両用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
索敵レーダー-
追跡レーダー-
光学索敵センサ-
光学追跡センサ**
敵味方識別装置-

暗視装置

有無種類
赤外線投光器有/無-
車長有/無赤外線/熱線
砲手有/無赤外線/熱線
操縦手有/無赤外線/熱線
双眼鏡有/無赤外線/熱線
三人称視点有/無赤外線/熱線

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
(SL)
主砲Type 91 SAM88-

弾薬*1

名称弾種弾頭重量
(kg)
弾速
(m/s)
誘導
システム
射程
(km)
爆薬量
(kg)
リロード貫徹力(mm)
距離10~2000m
Type 91SAM7.71000撃ちっぱなし7.000.648-

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
Iタイヤ25000***
修理キット7500
砲塔駆動機構25000
暗視装置
IIサスペンション28000***
ブレーキシステム
手動消火器8400
Airstrike28000
IIIフィルター42000***
救急セット
昇降機構
IV変速機32000***
エンジン
砲撃支援
Laser range finder
Improved optics

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両Type 87
派生車両
次車両
 
 

解説

特徴

 

【火力】
日本初の地対空ミサイル車両。しかも撃ち放し能力に加え、移動しながら照準、射撃が可能である。
ただし元が携行武器ということもあり、射程は短い。
また元の91式の仕様として「赤外線パッシブ誘導と可視光イメージ誘導とを併用したハイブリッド型の誘導方式」の結果フレアに対し強いはずなのだが、本作では普通にフレアにまかれる。
類似車両として、未実装ではあるがアベンジャーシステムがアメリカに存在し、そちらはM3P 12.7mm重機関銃を装備しているが、本機体には装備されない。
対空目標をロックしての射撃しかできないため、やけくそで対地攻撃をすることすらできない。

アップデートによりミサイルしか積んでいない対空ミサイル車両は偵察とキルストに便乗できる奴が研究できるようになった。ゲーム内最速を活かして偵察していこう。

使い方
その1
「設定」→「コントロール」から「地上車両」→「武装」の中の「目標をロック」を設定。
注意その下の「レーダー目標ロック」ではない。ただし使えないわけではないため設定してもよい。

その2
レーダーを積んでいないため自力で目標を見つけ設定したキーを押す。すると緑の丸が出てきて左上に「AAM PWR」と表示される。その後「AAM ACQ」になる。丸の中に目標を入れると緑の丸が赤くなり、左の文字も「AAM TRACK」となる。そして発射すると後は待つだけである。上記に書いてある通り撃ちっぱなしができるため放置してもよい。

その他
目標を画面の中心に入れ「レーダー目標ロック」の方のキーを押すと勝手に追尾してくれる。他の地対空ミサイル車両では必須な挙動である。

 

【防御】
そんなものは無い所詮ただの高機動車であり、5ミリの構造用鋼で構成されている。
強く体当たりした日には、崩壊待ったなしである。テストドライブ等に存在する破壊可能な木製のバリケード(×型のアレ)にも、それなりの速度でぶつからなければ破壊できない程。
実験した結果50km/hが境の模様、そのため最高後退速度の40km/hでは破壊できない。頭に入れておこう。

 

【機動性】
ベースが高機動車であるだけにゲーム内最速で、英連邦のよしみによって英国ツリーに存在する南アのルーイカットを2~3km/hの差で抜き、ゲーム内最速に躍り出た。
ちなみに出力重量比はブッチギリのゲーム内1位である。
ただし、装輪車両のため不整地だと本来のスピードを発揮できない等の問題点がある。

 

史実

1990年、機動性の高い93式近距離地対空誘導弾のSAM(地対空ミサイル)プラットフォームの開発が開始されました。
防衛省は、すでに運用していた軍用のトヨタ・メガクルーザー(BXD10)を改造するよう、
東芝インフラシステムズ株式会社に要請しました。これは、高射機関砲を搭載した従来の
SPAA(対空自走砲)より現代的な代替車両を開発し、91式携帯地対空誘導弾を搭載することを目的としていました。

必要なすべての構成部品が多少なりともすぐに利用可能であったため、新しい車両の開発に要した期間は非常に短いものでした。
その結果、1990年に要請を受けてまもなく、93式近距離地対空誘導弾の試作車両が製造され試験も成功に終わりました。
1993年にはこの車両は正式に陸上自衛隊で運用されることになり、大量生産も開始されました。
1993年から2008年の間に、合計で113セットの93式近距離地対空誘導弾が製造され、
そのすべての車両は現在も陸上自衛隊によって運用されています。

「DMM.WarThunder」の「93式近距離地対空誘導弾(近SAM):機体と壁を破る」の「歴史」から引用

小ネタ

上記に書いてある通り、War Thunder最速の車輌である。

日本の地対空ミサイル車両を待っていた我々には、何とも言いがたい車両ではあるのだが、海外兄貴たちのなかには、本車両の実装をテクニカル(普通の車に機銃や砲を載せた物)や似たような車両の実装の前座とみている人たちがいる。

トップ画像の右から車長、無線手、操縦手なのだが無線手は体育座りをしている。では、バグなのかといえば、そうではなく実車もこのような感じである。

車体のベースである高機動車は後輪にも操舵装置を持っている4WS(=四輪操舵)であるため、最小回転半径が抑えられ小回りが利くようになっている。

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ルクレールのAPFSDSが窓ガラスを貫通しただけで船体崩壊とかまじ? -- 2020-06-23 (火) 23:26:49
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算