Top > 2002 turbo (E20)


2002 turbo (E20)

Last-modified: 2018-12-16 (日) 21:43:59

基本スペック Edit

駆動方式[FR]/ミッション[5速] 1973年発売開始
初期馬力[170PS]/カーナンバー:19-90
bmw_06.jpg

全長:4,220mm
全幅:1,620mm
全高:1,410mm
最高速度:km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】
ワンメイクバトル【マルニキング】
エンジン形式バトル【直4選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説の】
期間限定首都一TA・2【俺の】

備考:車体は全体的に小柄。マツダ・サバンナGTやマツダ・コスモスポーツとほぼ同等のサイズしか無い。
それ故、擦り抜けバチコン回避は容易。
コーナーでは引きずる傾向にあるが、アクセルワークに気をつければ厨車相手でも戦える。
(ブーストの強さなどさらなる情報をお願いします)


選択可能カラー Edit

(左から)

ポラリスメタリック
シャモニー

bmw_06_color.png


追加カラー Edit

1回目イエローグリーンメタリック21回目シルバー
2回目ブルーグリーンメタリック22回目ホワイト
3回目シルバー223回目ミントグリーン
4回目レッド24回目ダークグレー2
5回目ゴールド25回目ダークグリーン
6回目オリーブメタリック26回目ダークレッド
7回目ライトシルバー27回目オレンジ
8回目グリーン3メタリック28回目ブラック
9回目ダークオレンジ229回目オリーブ
10回目ペールブルーメタリック30回目ダークパープル2
11回目ライトパープル31回目マルーン2
12回目ダークブラウン32回目ペールグリーン2
13回目イエロー333回目グリーン
14回目ペールブルー34回目ベージュメタリック
15回目オレンジイエローメタリック35回目ガンメタル
16回目パープルメタリック36回目ライムグリーンメタリック
17回目ライトイエロー37回目ワインレッド
18回目ダークブルー238回目ブルーメタリック
19回目イエローメタリック39回目ペールブルー2メタリック
20回目ライトブラウンメタリック40回目スカイブルー

エアロパーツセット Edit

A:

2002エアロA.jpg

B:

2002エアロB.jpg

C:

2002エアロC.jpg

D:

2002エアロD.jpg

E:

2002エアロE.jpg

F: シルエットフォーミュラ等のグループ5エアロ風。形状が少し異なるのでグループ5風である

2002エアロF.jpg

G:

2002エアロG.jpg

H:エアロFをより派手に仕上げたようなグループ5等のシルエットフォーミュラ風エアロ。
ハコスカのエアロAのようなライトカバー、リアのディフューザー、板のようなリアスポイラーが特徴的。
テールランプも丸い物に換装されている。GTウィングが似合う
2002エアロH.jpg

I:
2002I.jpg

J:
[添付]
[添付]

K:
[添付]
[添付]

ダクト付きボンネット Edit

A:
IMG_0406.JPG

B:両側に大中小のダクトがつく。
IMG_0407.JPG

C:細かい排熱ダクト。
2002ボンネットC1.jpg

D:
IMG_0215.JPG

車種専用ウィング Edit

A:板ッ羽根に似ている。
IMG_0409.JPG

B:
IMG_0410.JPG

C:
IMG_0148.JPG

エアロミラー Edit

フェンダーミラーになる。

2002ミラー1.jpg

ワークスステッカー Edit

2002ワークス1.jpg

サイドステッカー Edit

斜めに貼られる。
サイド1.jpg

雑記 Edit

  • この車にはカーボンボンネット、及びカーボントランクは装着できない。
     
  • 2002とは2Lの02シリーズという意味。この2002のみインジェクション仕様も存在した。
     
  • 実は量産車初のターボ車だったりする。(KKK社製BLDターボ搭載)
     
  • 本車には4速仕様と5速仕様がある。湾岸に収録されているのは5速仕様。
     
  • 初期カラーについての雑記
    • ポラリスメタリックの"ポラリス"とはラテン語で「極の」を意味するが、大抵が2等星のこぐま座α星。つまり現在の北極星を意味する。探し方としては柄杓形で表現される北斗七星の7星のうち、柄から一番遠い2星を結んだ線上、柄杓の上側にある。柄杓の先端からの距離は、先の2星の間隔の約5倍である。又はW字形で表現されるカシオペヤ座の5星のうち、片側2星の延長線と反対側2星の延長線の交点と中央の星とを結んだ線上、W字の上側にある。中央の星からの距離は、先の交点と中央の星との間隔の約5倍である。と言う2種類の方法が有名だがスバルエンブレムの由来になってるプレアデス星団と同様天体観測が趣味な人や星に興味ある人は見つけてみよう。
       
    • シャモニーとはフランスのモンブラン山の麓の街(正式名称:シャモニー=モン=ブラン)を意味する。この街は第1回冬季オリンピックが開催されたり、登山というスポーツを築いた登山の聖地とも呼ばれている。
       
  • 純正フロントスポイラーには逆さ文字で「2002 turbo」と書かれている。これは前走車のバックミラーから視認したとき、この車が2002 turboであることを認識させてプレッシャーを与えるため、という何とも大胆な意図で書かれたもの。
     
  • 今で言うオヤジ世代の憧れであるポルシェ911(930型)ターボと共に人気があった。当時はスーパーカーブームの真っ只中だった。
     
  • 余談だがBMWの呼び名は日本では1981年の日本法人 BMW JAPAN設立より、正式名称は英語読みの「ビー・エム・ダブリュー」となったものの、それ以前は、「ベー・エム(ム)・ヴェー」とドイツ語読みであったため、高齢者を中心に、いまだにドイツ語読みのベーエムヴェー(他にベムヴェー、ベームベー、ベンベーとも)と読んでしまう。因みにBMWの正式名称は Bayerische Motoren Werke AG 、(日本語に直すとバイエルン発動機製造株式会社)である。
     
  • BMWエンブレムは1917年10月5日にBMWのロゴマークが商標登録された。1929年の広報広告より、現在の黒く縁取った円に白抜きの「BMW」を配し、中央の円の中を十字によって4等分し、点対称に青と白とに塗り分けたデザインである。過去に何度かBMWの字体とその位置程度が微妙に変わっているが、基本的な部分に変更はない。
    円と十字は、かつて航空機エンジンメーカーであったことにちなみ、飛行機の回転するプロペラを表し、青と白はバイエルンの白い雲と青い空をイメージしている由来とし、現在の公式サイトやカタログにも表記されており、BMWの公式見解として一般的にも定着している。
    ニューヨークタイムズの記事をいかにも本当らしく解釈する見解があるが、真実とする証拠も残っておらず、メーカーが公認しないゴシップ記事に過ぎないと言う。
     
  • またBMWの特徴とも言えるグリルはキドニーグリル( kidney = 腎臓)と呼ばれる独特の形状をしたグリルでキドニーグリルは、1933年に発表されたBMW初のオリジナル車 BMW 303 から採用された。