堕落した神託の巫女

Last-modified: 2021-09-09 (木) 11:11:26

概要

堕落した神託の巫女
ステータス★★★★
HP580
攻撃力96
防御力21
スキル堕落した神託の巫女(SS)
(持続効果)罠が敵を退治した時、50%の確率で霊1を獲得します。
罠にかかった敵に呪い衰弱脆弱を2付与します。
有効堕落器具
逆流
触手
キーワード
通常:堕落  解放幽霊
Build00344更新
  • 狐が化けた巫女…という趣のキャラクター。たぶん齢は100を超えているだろう
    スキル効果は前半と後半に分かれており、どちらかというと後半の効果の方が役立つ場面が多い。
  • 衰弱脆弱を与えることで敵の攻撃を非力にし、倒しやすくしてくれる。
    さらに呪いを与えることで、修道院長や魔道学者といった少し厄介な入場スキル持ちを封印してくれる。
    • 呪いはさらに、女神の祝福の勇士死亡時に不死3を与える効果を大幅に軽減してくれる。
      その時点でダンジョンに入場していない勇士への不死付与は回避できないが、無対策のときと比べて大幅に対処しやすくなる。
    • 複数このキャラクターを並べても一度に呪い衰弱脆弱を与えている扱いになるようで、勇士の無効は3つしか剥がすことはできないことに注意。
      • Build10235では、複数の神託巫女をおいても2のデバフのみを与える処理になっているようなので注意。
      • Build10324現在では、無効と呪いは数値を打ち消し合うようになっているので、計4の無効を剥がすことができると思われるが、要検証。
  • 類似の無効剥がしスキル持ちに堕落した魔剣士がいる。
    罠にかかる相手には神託の巫女の方が強いが、罠回避持ちにはダンジョン入場時強制付与の魔剣士の方が強い。
    神託の巫女は二人以上配置しても効果がないが、魔剣士は何人配置しても良い。

コメント