Top > 武器 > 王牙棍【別雷】


武器/王牙棍【別雷】

Last-modified: 2019-11-01 (金) 23:29:35

概要 Edit

  • MHW:Iで初登場したジンオウガ素材の操虫棍。
    雷光を宿した神々しき姿は、見るものに畏敬の念を抱かせる。
    その形状は長大な薙刀であるが、蓄電殻を並べた幅広の刀身と柄と刃の付け根に下がる房飾りは
    どちらかといえば中国の大刀を思わせる。
    また、柄(と柄と一体化している虫笛)の長さだけで通常の操虫棍と同じ長さになっており、
    それに上記の幅広の刃が付いているため、担ぐとかなり高さが出る。
  • 作成できるようになるのは導きの地を発見しそこでジンオウガを目撃してから。
    鉱石棍の基礎形クロムトライデントIから派生させる。
    初めに派生させることは、1~2度狩猟すれば簡単にできるがここからが問題。
    • なんと1段階目の王棍イナズマ→王棍イナズマ改の強化でいきなり天玉を要求される
      ジンオウガは常駐するクエストが存在せず、運よく調査クエストを拾うまでは
      導きの地に現れるのを待つか、初回だけ確定で後は不定期になる特殊闘技場クエストしか
      狩猟する手段がない。その中で更に天玉を拾わなければならないのでその苦労は推して知るべし。
      • 当初はマカ錬金のリストに存在しなかったため自力でドロップするしかなかったが、
        Ver.11.00以降はマカ錬金で手に入れられるようになったので、
        どうしても引けなければ利用するのも手。
        しかし、交換に必要な天の竜人手形は週間バウンティと蒸気機関管理所で週2枚しか手に入らないので、
        他に優先順位の高いものがあればなかなか交換できないかもしれない。
    • そして最終強化の王棍イナズマ改→王牙棍【別雷】は霊脈の剛竜骨を要求される
      こちらは、導きの地の仕様を理解してしっかり地帯Lvを上げていたハンターなら
      天玉を拾うまでにはとっくに持っているかもしれないが、
      調査クエストをメインに活動しているハンターだった場合、
      導きの地である程度強力なモンスターの歴戦個体が現れるようになるまで地帯Lvを上げる必要があり、
      運は絡まないがとにかく時間がかかり、ある種のストッパーと化す。
      ジンオウガの武器を作ろうと思い立った時は導きの地の地帯Lvもしっかり上げていきたい。
      • また、古龍の大宝玉も要求されるが、こちらはストーリークリア前から古龍と戦える上
        落とす古龍も多いため、古龍を狩っていれば手元に既にあってストッパーにならないことも少なくはない。
    • 何気に最終強化までの5本使う剛角も曲者。剥ぎ取り・捕獲のテーブルには存在せず、
      角の部位破壊の他はクエストの基本報酬に入るのを祈るしかなく数を集めるのはなかなか大変。
      従来作通り角の部位破壊は2段階破壊して成功となるので
      頭に集中攻撃していないと討伐が先になってしまう場合も。
      防具も作りたいと思った場合は更に要求数が増えてしまう。

性能 Edit

  • そのようにして強化していき、最終形態・「王牙棍【別雷】」になった際の性能は、
    • 全操虫棍中では上位クラスの攻撃力806、マイナス会心無し
    • 斬れ味はそこそこの長さの白、匠で紫は出るがLv4からの出現
    • 雷属性操虫棍中2位タイの雷属性360
    • スロットはLv2×1
    • 猟虫のボーナスは「猟虫強化【気・力】」
    アンジャナフ亜種の蛮雷棍カーリカラモスの物理攻撃力、
    トビカガチのカガチノイカリⅡの属性値を持つ物理属性いいとこどりの性能。
    この2種に負けているのはプラスの会心率が無いことくらいか。
    斬れ味も紫は実用的ではないが、白い斬れ味は操虫棍でも斬れ味維持スキルのみで
    ある程度戦える長さになっており使いやすい部類。
    そしてMHW:Iから登場した猟虫強化【気・力】のボーナスが人によっては中毒性が高い。
    • 物理攻撃力はラージャンの金砕棍ゴーデンライが、属性値ではキリンの天の幻雷が
      圧倒的に引き離すものの、前者は無いに等しい属性値とマイナス会心と斬れ味を、
      後者は最終強化の中ではやや中盤クラスに落ち着いた物理攻撃力を
      スキルで補助してやる必要があるのに対し、
      別雷は最悪それらのケアを切っても何とかなるので
      防具のスキル構成を自由にできる強みがある。
  • 作るのにいくらかハードルはあるが、製作時期の遅さに見合った
    強さと使いやすさを両立している優等生で、
    雷属性が苦手なモンスターにはこれがあればかなり有利に戦えることだろう。

余談 Edit

  • 王牙棍【別雷】の「別雷」とは、他の王牙武器のように八雷神からとられたものではなく、
    賀茂別雷命という祭神からとられていると思われる。
    伝承によると玉依姫と呼ばれる祭神が川上から流れてきた丹塗矢を枕元に置いて眠った際、
    懐妊して生まれた子供が別雷命で後に成人した後、
    丹塗矢が雷神火雷が姿を変えたもので自分の父である事が分かったという。
    これがモチーフの場合、読み方は「わけいかずち」となる。
  • 操虫棍は刃の展開や印弾を撃つときの虫笛部分の展開・変形などギミックの多い武器であるのだが、
    MHWから始まる新大陸の操虫棍はあまりメカニカルになるのを嫌ったのかギミックの付いた棍は非常に少ない。
    そして王棍イナズマもギミックのないシンプルな武器になった。
    超帯電状態を模した蓄電殻の展開ギミックが付くかもしれないと
    期待していた一部のハンターにはちょっと残念な結果になった。

関連項目 Edit

モンスター/ジンオウガ
武器/王牙武器