Top > 登場人物 > 陽気な推薦組
HTML convert time to 0.004 sec.


登場人物/陽気な推薦組

Last-modified: 2018-08-05 (日) 09:57:44

モンスターハンター:ワールドに登場する新大陸古龍調査団の5期団であり、主人公と同じ推薦組の1人。
ゲーム開始の冒頭ムービーの新大陸へ向かう船の中で主人公に話しかけて来る最初の人物。
日本語版CVは井上(たから)氏が担当する。

概要 Edit

  • 新大陸へ赴くハンター達で賑わう船の中で机に座る主人公へと歩み寄って話しかけてきた気さくなハンター。
    本を読んでいた女性の邪魔をした挙句に酒をかけた事に気づかないところを見ると陽気と言うより無頓着。
    未知の土地である新大陸に少しの不安を抱きながらも「楽しみだ」と話を広げ、
    主人公の緊張をほぐす様に質問をして来る。
    彼の相棒である勝気な推薦組も加わり名前を尋ねられるが、ここでキャラクタークリエイトへと進む事になる。
    • 本作のキャラクタークリエイトは歴代最高レベルの自由度を誇るが、
      それ故にやろうと思えばとんでもない風貌のハンターを作り上げることも可能である
      (実際、オンラインプレイやプレイ動画などでは明らかにネタに走った「すごい」ハンターが見られることがある)。*1
      しかし、ストーリーやムービーの都合上、この陽気な推薦組は初対面であるにも関わらず
      主人公がどんな奇抜な見た目をしていても快活な笑みを浮かべながら話しかけてきてくれる。
      勝気な推薦組共々、決して他人を見た目だけで判断しない素晴らしい人間である。
      上記の通り無頓着なだけかもしれないが。
      • なおこの性質は、FFコラボの際にも表れており、姿の見えないモーグリの存在を信じるという驚くべき寛容さを見せた。
        簡単に騙されそうである
        まあ、直前に見たことのない環境生物を見たというのもあるかもしれないし、
        相棒の勝気な推薦組の言葉を信じているという形の信用かもしれないが。
  • キャラクタークリエイトを終えた後にしばらく会話が続くが、
    受付嬢との出会いとゾラ・マグダラオスへの衝突で混乱に陥った船で離れてしまう。
    主人公達が調査拠点に辿り着く頃には勝気な推薦組と共に負傷者の救護をしており、怪我なく無事に上陸できた模様。
  • 基本的に主人公達のペアとは別行動をしているのか、ゾラ・マグダラオス捕獲作戦などの調査団総出で
    事に当たっているムービーなどで見かけるものの基本的に主人公達には関わりがなく、
    主に拠点の二等マイハウスで姿を見たり会話をすることができる。
  • また、ストーリーを進めるとレイア装備へと衣替えをしており、腕は立つ模様。
  • 持ち場が二等マイハウスな関係で、主人公がマイハウスの引っ越しをすると会う機会がかなり少なくなってしまう*2
    難関クエスト達成の祝辞も用意されているので、たまには引っ越しして会いに行ってあげよう。

余談 Edit

  • クエスト中の発言やマイハウス内での会話を見ているとMH4などの過去作に登場した筆頭ハンターの1人である
    筆頭ルーキーと同一人物である事を匂わせる節がいくつかある。
    例えば、
    • 彼の台詞に、「現大陸ではクシャルダオラと色々あった」というものがある。
    • 筆頭ルーキーの代名詞ともいえる、「~っス」という口調が彼の一部の会話で見られる。
    • 彼のパートナーである勝気な推薦組や彼自身の発言で「素材を集めるのは得意」と話している。
    …など、挙げればきりがないが、発売後しばらくの間は公式からのアナウンスは出ておらず、
    明確な答えは出ていなかった。
    • 仮に彼が本当に筆頭ルーキー本人だったとすれば、
      • MHWorldの物語は少なくともMH4Gのオフラインストーリー終了時点から比較的近い時間軸である*3
      • MH4の物語の開始時点では既に古龍渡りや新大陸の本格的な調査が行われていた
      • 古龍渡りの調査が始まった頃はまだゴア・マガラやセルレギオスの能力については
        一般のハンターは勿論ギルドでもほとんど把握していなかった(存在自体は知られていた可能性はある)
      • 逆にゾラ・マグダラオスの存在は(今まで話題には登ってこなかったが)ギルドやハンターの間では既知の古龍である
      …などのような世界観的な考察が深まって面白い。
  • その後、2018年狩王決定戦仙台大会にて行われた世界観講座にて、
    陽気な推薦組と筆頭ルーキーが同一人物である事が公表された。
    上述の考察の通りMHWorldの物語はMH4Gにかなり近い時間軸という事が言えるであろう。

関連項目 Edit

登場人物/筆頭ハンター - 筆頭ルーキー本人である可能性が仄めかされており、のちに同一人物であると確定した。
登場人物/編纂者 - パートナーである勝気な推薦組の項目あり。
世界観/新大陸古龍調査団






*1 その自由度はというと、やろうと思えばドラ○ンボールのフ○ーザが作れるレベルである。ラージャンが新大陸にいないのが非常に悔やまれる。
*2 マイハウスの変更は自由に行えるため、節目節目に二等マイハウスに変更すれば会話を聞ける。まぁ、かなり面倒くさくはあるが
*3 少なくとも「青年」が「壮年」になる程の時間経過は無いはずである。