「ネクロマンティック・フィードバック」

Last-modified: 2020-03-09 (月) 17:19:22

Twitter連載ログ

◆note版(Twitter連載版公式アーカイブ)&設定資料(要ニンジャスレイヤープラス購読)◆全セクション&N-FILES
◆Togetterまとめ◆#1#2#3#4#5#6&エピローグ
◆note版実況付◆全セクション&N-FILES

登場人物


あらすじ

ヨロシサン製薬のマッド・サイエン、リー・アラキが生み出したゾンビー・ニンジャ「ジェノサイド」が輸送中に脱走する事件が発生。
リー先生らがこれの対応に気を逸らしている隙に、更にもう一体のゾンビー・ニンジャ「ウィルオーウィスプ」も脱走してしまう二重バイオハザードが起こってしまった。
ジェノサイドが消息を絶つ一方、ウィルオーウィスプはネオサイタマ・トコシマ区の人間を焼き殺し、魂の火を集めるかの如く徐々にジツの勢いを増していく。

 

次々と発生する謎の大量放火殺人事件を重く見たネオサイタマ市警は重点警戒を開始。
この中で、ベテランデッカーシンゴ・アモ、若手デッカーのタバタ・ヤスキリの両名が不運にもウィルオーウィスプに遭遇してしまう。幾らデッカーとはいえ、これは流石に荷が重い。火炎に追われたシンゴを庇い、タバタは……。
ヨロシサンの政治的根回しか、この直後、警察は以後この件から手を引く事が決定する。だが怒りに燃えるシンゴは黙ってはいなかった。

 

「ナムアミダ・ブッダ! アーマゲドン! 救いたまえ!」
哀れな老人、アンドウ・コウタロウはその日もトコシマ区を放浪していた。妻に先立たれ、一人身で精一杯育てた娘は結婚式の当日に婿と共に事故で死亡。絶望のあまり生きる気力を失い、夜な夜なでたらめの呪文と予言を叫びながら街を徘徊し世の中を呪うも、完全に狂いきれない二律背反。
彼の妄想のアーマゲドンが具現化したのであろうか?その夜、悲しきアンドウの目前で街が崩れ、人が焼かれていく!
一人死地に赴いたシンゴは、この厄災めいた惨事を止める事ができるのか……?

 

ゾンビ映画の続編は凡作揃いだが、忍殺にその法則は当てはまらない!
ゾンビー編第2弾は刑事モノ!新たなライバルキャラも登場するぞ。キザなので多分ルックスもイケメンだ!
詰め込みまくりの、ゾンビ・刑事(デカ)・延縄猟法・ニンジャ群像劇!


解説

第1部後半のライバル・ブラックヘイズ、スピンオフの主役にもなるジェノサイド、第3部で再び活躍するトコシマ区のデッカーコンビら、様々な名脇役が初登場するお話。第1回エピソード人気投票では第7位、物理書籍版第1部エピソード人気投票では13位をマークした。
悲しみ、意地、流儀。様々な人間模様が交錯し「降霊術の帰還」を目の当たりにした時、貴方の心には何が残るだろうか?

 

物理書籍版では「ネオサイタマ炎上#3」に収録。



コメント欄な

  • 実際重要なキャラが複数初登場する名エピソードな 当時の実況はどんな様子だったのだろうか -- 2014-07-03 (木) 02:57:59
  • この話はTwitter版よりも物理書籍版がおすすめ。ジェノサイド=サンの顔見せシーンが圧倒的に自然になっている -- 2014-07-03 (木) 08:59:46
  • 二人のデッカーがまさにデッカー・ドラマチックな。ネオサイタマで真面目な仕事をするマッポは実際尊敬する -- 2014-12-16 (火) 21:12:28
  • ↑モータルがゴミのように死ぬマッポーの中で、彼らが生き延びたことが『正義は死なない』というメッセージに思える -- 2015-03-02 (月) 18:07:17
  • 無印コミカライズ版、三忍やる前にドージョー紹介のやさしみとしてタヌキ収録するのなら、ジェノサイドへのやさしみとしてこっちも欲しかったデスネー -- 2015-06-19 (金) 23:41:23
  • ↑それは同意ですが、尺の関係とジェノさん危険度重点でサーベラス解体辺りを軽く出すんじゃない?と推測してみます。しかし既に1コマMr.ダンディズムのシーンが出てるので、この話自体もいずれ・・・?備えよう。 -- 2015-06-19 (金) 23:51:47
  • ロブスター=サンの登場はやさしみだったのかなんなのか・・・ -- 2015-06-20 (土) 04:48:24
  • ジェノサイド紹介回としてシヨンやコミッカライズにこのエピソードオーを推すヘッズが多いが、ジェノサイド自体の出番は少ない上にフジキドとの絡みもないからニュービーが見てもブラックヘイズの方に気が行ってジェノサイドの印象は残らなそう。 -- 2015-07-13 (月) 18:28:44
  • ↑ならばブラックヘイズ=サンの紹介を重点だ。そしてシヨンではトレジャー~、レッドムーン~と連続して配信されるであろう。 -- 2015-08-08 (土) 08:38:21
  • 殆どのキャラが一話限りで退場することが多い一部のエピソードの中では、デッカーコンビ、ブラックヘイズ、そしてジェノサイドといった後々まで登場するキャラが多いという点で例外的だと思う。そう考えると、ほんやくチームがよく「ミニマル」と表現する一部のエピソードの流れをかなり意識してそうなシヨンがこのエピソードを取り上げなかったのもワカルと今更ながら思った。…それでもシンゴ=サンのデッカーとしての意地が見たい!ウオオーッ! -- 2016-01-29 (金) 05:27:30
  • 実際リアルニンジャ達が現世を喰らい始めた今となっては、アンドウ=サンの受けた啓示も単なる妄想とは言い切れなくなってきましたネー -- 2016-10-03 (月) 04:14:42
  • #6冒頭コメントでの唐突なウィザードリィネタにくそ吹いた。 "MURMUR-CHANT-PRAY-INVOKE"(いわゆる「ささやき-えいしょう-いのり-ねんじろ!」の原文)のパロな。 -- 2018-10-01 (月) 20:17:51
  • アンドウ=サンの悪夢と妄想の産物だったはずのマッポーカリプスの神々が、今まさに降臨している…彼の得たものは妄想ではなく、ある種の天啓だったんだろうか -- 2018-12-25 (火) 01:04:38
  • あのヤバイ級カルト映画を思い出してしまうことだなあ.... -- 2020-03-09 (月) 17:19:22