A-29

Last-modified: 2020-10-04 (日) 02:20:42

中国 RankⅠ 爆撃機 A-29

A-29 TOP.jpg

概要

--加筆求む--

機体情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)5,900
機体購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.3 / 2.0 / 2.0
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)***⇒*** / ***⇒***
(高度***m時)
最高高度(m)***
旋回時間(秒)***⇒*** / ***⇒***
上昇速度(m/s)***⇒*** / ***⇒***
離陸滑走距離(m)***
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)***
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃7.62mm
ブローニング
21000機首
機銃
(単装)
12.7mm
M2 ブローニング
1400後方上部
機銃
(単装)
7.62mm
ブローニング
1500後方下部

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
7.62mm
ブローニング
既定△/△/△/△/△******
汎用△/△/△/△/△*********
曳光弾△/△/△/△/△******
ステルス△/△/△/△/△*********
12.7mm
M2 ブローニング
既定△/△/△/△/△******
汎用△/△/△/△/△*********
徹甲弾△/△/△/△/△******
7.62mm
ブローニング
既定△/△/△/△/△******
汎用△/△/△/△/△*********
徹甲弾△/△/△/△/△******

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B

B
250lbs
(55.5kg)
AN-M57
4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****重量**kg
100lbs
(24.5kg)
AN-M30
6合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理300230
ラジエーター
銃座7mm
7mm弾薬ベルト
IIコンプレッサー450340
機体
新しい7mm機関銃
III主翼修理370280
エンジン
銃座12mm
新しい7mm機関銃
IVインジェクター交換640480
カバー交換
新しい12mm機関銃

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体Martin 139WC
次機体SB 2M-103U(CN)
 
 

解説

特徴

爆装は小型のものを多数搭載しているが、軽戦車や軟目標の多い低BRの機体であるため対地でも苦労しないだろう。本機の親戚であるB-34Hudson Mk.Vに比べ全体的に火力が下がっているが、その分BRが低め。7.62mm×2とやや不足気味の火力だがしっかり当て続ける自信があるなら撃墜にそこまで時間はかからないであろう。防護機銃は上部にブローニング銃座、下部に7.62mm銃座とBR2.0としては悪くない部類に入る。特に上部のブローニング銃座は稼働範囲が広く、前方にも射撃可能であることを活かした斜銃迎撃も可能である。この機体はブローニング銃座を扱えるかどうかで活躍出来るかどうかが変わってくる。

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

wikiより
A29(ハドソン)は第二次世界大戦時にアメリカのロッキード社で製造された哨戒・爆撃機である。生産1号機は1938年12月10日に初飛行に成功した。イギリス空軍の要求に従い、ロッキード社がL-14 スーパーエレクトラ旅客機をもとに開発した。のちにアメリカ陸軍航空軍(名称:A-28/29)やアメリカ海軍(名称:PBO)でも沿岸哨戒機として使用した。また、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、中華民国にも輸出された。

各国での運用

・アメリカでの運用
ハドソンは、1941年3月からレンドリース法の適用によってアメリカ陸軍がA-28として発注することになった。153機をアメリカ陸軍が沿岸哨戒用に使用した。
・イギリスでの運用
1939年5月から沿岸航空隊に配備され、偵察や哨戒任務に就いた。対Uボート作戦に従事した他、北海にてドイツ海軍の補給艦「アルトマルク」を発見し、アルトマルク号事件のきっかけを作ったり、戦艦「ビスマルク」の追撃戦にも参加している。
1943年頃から、前線での任務はビッカース ウェリントンやより高性能なコンソリデーテッド B-24 リベレーターと交替したが、輸送機や救難機として終戦まで運用された。

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 A-29/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算