Do 217E-2

Last-modified: 2021-07-14 (水) 19:27:00

ドイツ RankIII 中型爆撃機/中型戦略爆撃機/急降下爆撃機 Do 217 E-2

概要

ランク3の中型水平・急降下爆撃機。初期機体Do 17シリーズの後継にして、ドイツ通常ツリーのレシプロ爆撃機の最高峰。以降はジェット機まで、Do-217ファミリーがずらり勢ぞろいである。

機体情報(v1.49)

必要経費

必要研究値(RP)50000
機体購入費(SL)200000
乗員訓練費(SL)56000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)10
護符(GE)1300

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング4.7 / 4.7 / 4.0
RP倍率1.54
SL倍率1.3 / 2.9 / 3.5
最大修理費(SL)10,020⇒1654 / 4,338⇒3697 / 8,800⇒3210

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)460⇒506 / ***⇒483
(高度5100m時)
最高高度(m)7500
旋回時間(秒)40.7⇒36.7 / ***⇒38.4
上昇速度(m/s)4.2⇒11.2 / ***⇒6.8
離陸滑走距離(m)850
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)1.38
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機関砲20mm
MG 151
1250機首
機銃
(単装)
7.92mm
MG 15
31500前方x1、前方側部x2
13mm
MG 131
21500前方上部x1、前方下部x1

弾薬

武装名ベルト名内訳費用(SL)
20mm
MG 151
既定IT/IT/APHE/HEI-
汎用IT/HEI/HEI/AP-I140
空中目標AP-I/HEI/HEI/HEI/HEI/IT140
徹甲弾APHE/APHE/APHE/IT140
曳光弾FI-T/FI-T/FI-T/IT/IT140
ステルスHEI/HEI/HEI/APHE/AP-I210
7.92mm
MG 15
既定AP-T/Ball/Ball/AP-I/AI-
徹甲弾AP/AP/AP/AP-T3
AP-TAP-I/AP-T/AP-I/AP-T3
13mm
MG 131
既定IT/AP-I/IAI/AP-I-
徹甲弾AP-T/AP-T/AP-T/IAI60

追加武装


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B4x250kg
爆弾
4-4/-**/-**-1.7/-**/-**+2.3/+**/+****--
B26x50kg
爆弾
26-4/-**/-**-2.3/-**/-**+3.3/+**/+**390--
B8x250kg
爆弾
8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**60ITC PVC I-
B2x250kg 2x500kg
爆弾
4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**450ITC PVC I-
B4x500kg
爆弾
4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**600ITC PVC I-
B2x1000kg
爆弾
2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**450ITC PVC II-
B4x1000kg
爆弾
4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**900ETC 2000/XII-

機体改良

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
ラジエーター交換
タレット7mmベルト
タレット13mmベルト
IIコンプレッサー交換
機体交換
新しい7mmマシンガン
新しい13mmマシンガン
III翼修理
エンジン交換
プライマリ20mmベルト
ITC PVC I
IV新しいエンジン噴射
カバー交換
新しい20mm機関砲
ITC PVC II
ETC 2000/XII

スキン

クリックで表示

既定
条件-
説明第40爆撃航空団 第6飛行中隊 所属機
フランス、1943年
条件地上部隊400撃破
説明第06爆撃航空団 第5飛行中隊 所属機
(1943年 フランス)

派生

前機体Me 264
派生機体Do 217 E-4
次機体Do 217 K

過去の修正

クリックで表示

  • △△
  • △△
  • △△

解説

特徴

いままでの爆撃機と比べ速度、上昇力、武装等ほぼすべての点で大幅な強化がなされた。特に最高速度が時速200km近く上がっているため、今までは簡単に追いつかれていた敵戦闘機もそれなりに振り切ることができるようになった。ABにおける急降下時の最高速度は、727~728km/hにも達する。

Ver.1.39にて爆弾搭載量が1000kg×2から倍の1000kg×4へと変更になり、地上攻撃能力は一気にトップレベルとなった。急降下爆撃で4tも投下出来る機体は他におらず、前方20mmMG151固定機銃で敵機撃墜も可能と、使いやすさで右に並ぶ機体はいないだろう。

但し、初期状態では爆装が250kg爆弾4つのみであり、500kg爆弾ですらティア3まで開発しないと解除できないので改修が非常に面倒くさい。敵戦闘機を引き付けながら小基地をボコボコにする華やかな活躍を見せるため、根気よく改修を進めていこう。

立ち回り

【アーケードバトル】
要編集

 

【リアリスティックバトル】
本機の強みは頑丈な機体と爆撃機スポーンを活かした高速爆撃である。本機は急降下で600km/h程度まで速度を出すことができ、敵機の迎撃を受ける前に小基地に到達できることが多い。(小基地が敵飛行場の前にあるマップでは迎撃を受ける)
本機は一機で敵の小基地を全て破壊できるため、チャットで味方爆撃機へ爆弾を温存してもらうように頼めば、飛行場破壊をしやすくなるであろう。また、本機が複数機いる場合は小基地へ向かう途中の中戦車などを破壊してから小基地を破壊するといいだろう。
投下順は両翼下の1t爆弾×2(同時投下)→胴体内の爆弾×2(1発ずつ投下可能)

 

【シミュレーターバトル】
現環境のSBECでは、基地爆撃は殆ど勝敗に寄与しない。出撃枠を潰して味方に迷惑をかける事が無いよう、戦闘機の控えとして小基地が出現した時のみ出すか、最低限地上戦支援・車列攻撃が出来るようになってから試合に参加する事。
ここまでツリーを進めてきた爆撃機乗りには釈迦に説法とは思うが、基地に延々特攻する、或いはある程度ポイントを稼いでマップ端で放置するような利敵行為はあってはならない。
BRは4.0と恐ろしく低いが、ドイツ屈指のタンクバスターBf 110 G-2とBRが近い。空対空性能は駆逐機に分があるが、一航過で複数目標に50㎏爆弾を直撃させられるならDPSで上回る。ドイツ爆撃機乗りの技量は立ち回りと戦果で示そう。

史実

Do217はドイツ軍の中型爆撃機。防御力や爆装量などが貧弱だったDo17の後継機。
Do215の拡大版でもある。
装備予定に過ぎなかった急降下機能が実装されたドイツ爆撃機の決定版。
ドイツとしては機動力と爆装量のバランスが最もよく、これ以降爆撃機の開発が遅延したこともありこのDo217の改良型がドイツ爆撃機の主力を担うことになる。

小ネタ

△△△


△△△


△△△


△△△

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)