Top > Me 264


Me 264

Last-modified: 2019-07-01 (月) 20:44:40

ドイツ RankⅢ 戦略爆撃機 Me 264 Edit

1559209524146.jpg

概要 Edit

Ver1.89にて実装されたドイツのRankIII爆撃機。長い主翼が特徴的。

機体情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)26000
機体購入費(SL)100000
乗員訓練費(SL)29000
エキスパート化(SL)100000
エース化(GE)500
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)50
護符(GE)1100

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.7 / 3.7 / 3.7
RP倍率1.42
SL倍率0.9 / 2.8 / 3.4
最大修理費(SL)12,000⇒15,720 / 42,000⇒53,424 / 48,000⇒61,056

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)496⇒546 / 487⇒519
(高度6000m時)
最高高度(m)10000
旋回時間(秒)38.1⇒35.9 / 39.1⇒37
上昇速度(m/s)1.2⇒6.7 / 1.2⇒3.5
離陸滑走距離(m)2600
最大出力(hp)1542⇒1978 / 1524⇒1730
離陸出力(hp)1864⇒2300 / 1846⇒2052
燃料量(分)min90 / max302
銃手(人)9
限界速度(IAS)609 km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃
(単装)
20mm
MG151
31650旋回砲塔x2
機体後部下
機銃
(単装)
13mm
MG131
31750機体後部側面x2
機体前部

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
13mm
MG131
既定IT/AP-I/IAI/AP-I1865
徹甲弾AP-T/AP-T/AP-T/IAI1865
20mm
MG151
既定IT/HEI/APHE1583
徹甲弾AP-I/AP-I/APHE/IT21136100
汎用IT/HEI/HEI1583

追加武装 Edit


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B250kg
(125kg)
SC250
9-1.4/-1.4/-1.4-1.1/-1.3/-1.3+1.3/+1.7/+1.7-初期装備合計搭載量
2250kg
(爆薬量1125kg)
B250kg
(125kg)
SC250
3-2.2/-2.2/-2.2-1.9/-2.1/-2.1+2.1/+2.8/+2.81100ETC500/IV 開発合計搭載量
3750kg
(爆薬量1935kg)
500kg
(260kg)
SC500
6
B1000kg
(600kg)
SC1000
4-2.2/-2.2/-2.2-2.0/-2.2/-2.2+2.2/+3.0/+3.0900ETC1000/I 開発合計搭載量
4000kg
(爆薬量2400kg)
B1832kg
(1000kg)
SC1800
2-2.2/-2.2/-2.2-2.4/-2.4/-2.4+2.3/+3.3/+3.3680ETC1800 開発合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
250kg
(125kg)
SC250
3

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体
派生機体
次機体
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

--加筆求む--

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実 Edit

ドイツ空軍は1939年、アメリカへの爆撃が可能な超大型爆撃機「アメリカ・ボンベル」の要求を出し、初号機は1942年12月23日に初飛行した。航続距離を増やし、速度を上げるため、武装は極力減らされ、胴体を細くし、突起の少ない形状としている。爆撃機自体はユンカースJu390(未実装)が選定されたものの、ドイツ海軍がFw200哨戒爆撃機の後継となる長距離偵察機として採用されることが決定し、試作2、3号機を改造する事になったが、2号機は爆撃で失われ、3号機は完成すらせずそのまま放棄された。

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

※ここにZawaZawaコメント欄の「#zcomment~」の書式を挿入(挿入後はこの行を削除してください)






*1 爆薬量はTNT換算