Krasny Krym

Last-modified: 2020-12-11 (金) 22:05:35

ソビエト連邦 RankIII 軽巡洋艦 Krasny Krym,1943/クラースヌィイ・クルィーム(1943年仕様)

krym.jpg

概要

ver1.85にて実装された軽巡洋艦。クラースヌイ・カフカースの姉妹艦である。
主砲は180mmと大口径だが4門しかなかったカフカ―スとは対極的で、主砲は130mmとかなり口径が小さくなったが門数が15門と倍増どころの話ではなくなっている。

艦艇情報(v2.1)

必要経費

必要研究値(RP)50,000
艦艇購入費(SL)190,000
乗員訓練費(SL)55,000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)20
護符(GE)1900

BR・報酬・修理

項目【AB/RB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.0 / 5.0
RP倍率1.54
SL倍率*** / 3.3
最大修理費(SL)***⇒*** / 6,400⇒***

艦艇性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
艦橋装甲厚
(前/側/後)(mm)
125 / 125 / 125
船体装甲厚
(前/側/甲板)(mm)
75 / 50 / 20
主砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
74 / 25 / 0
排水量(t)7999
最高速度(km/h)36⇒*** / 35⇒***
乗員数(人)852

武装

種類名称砲塔搭載基数弾薬数購入費用(SL)
主砲130 mm/50
pattern 1913
単装152625***
副砲100 mm
Minizini naval gun
連装330001
対空砲45 mm/46
21-K cannon
単装420001
37 mm/67
70-K automatic cannon
単装1020000-
12.7 mm
Vickers Mk.V machine gun
四連装216000-
12.7 mm
DShK machine gun
単装48000-

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

艦砲

武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
1000 m2500 m5000 m7500 m10000 m15000 m
130 mm/50
pattern 1913
pattern 1928 HEHE33.427108610.332
pattern 1928 SAPSAPBC33.4167086161761531271119985
distance grandeHE-DF33.42640861-31
 

小口径砲

武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
100 m1000 m2000 m3000 m4000 m5000 m
100 mm
Minizini
100 mm HEHE(弾底信管)15.819108001534742383532
100 mm anti-air HEHE-DF13.852060880-26
 
武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
100 m1000 m2000 m3000 m4000 m5000 m
45 mm/46
21-K
OR-73A HETHE1.4156.98760-3
 

機銃

武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
37 mm
70-K
汎用HEF-T/AP-T/HEF-T/HEF-T/AP-T797665565045
HE clipsHEF-T/HEF-T/HEF-T/HEF-T/AP-T797665565045
AP clipsAP-T/AP-T/AP-T/AP-T/HEF-T797665565045
 
武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
12.7 mm
Vickers Mk.V
規定AP/I/T272623201816
 
武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
12.7 mm
DShK
既定API-T/API-T/AP-I/IAI333228242014

追加武装*2

分類名称搭載数費用
(SL)
搭載条件
魚雷533 mm 53-38 torpedo680-

魚雷

名称重量
(kg)
爆薬量(kg)水中最大速度
(km/h)
(初期⇒改修)
射程
(km)
(初期⇒改修)
533 mm
53-38
161530082⇒564.00⇒10.00

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前艦艇Pr.56 Spokoinyy
派生艦艇
次艦艇Chapayev
 
 

解説

特徴

--加筆求む--

 

【火力】

 

【防御】

 

【機動性】

 

史実

<クラースヌィイ・クルィーム>(クラースヌイ・クリムとも)はソビエト連邦の巡洋艦。艦名は「赤いクリミア」を意味する。やっぱりアカい。
もとはロシア帝国海軍スヴェトラーナ級巡洋艦1番艦<スヴェトラーナ>であり、概要にもある通り<クラースヌイ・カフカース>の姉妹艦。
ただし、スヴェトラーナ級にはスヴェトラーナなどのバルト海艦隊型と、それをもとに機関室を拡張・艦体を延長するなどしたカフカースなどの黒海艦隊型の2タイプがあり、ややスペックが異なる。さらに両タイプから1隻ずつに18㎝主砲が搭載された(そのうちの1隻がカフカースである)ため、実質的に4タイプあることになる。大変ややこしい。
妹のカフカースと違い、こちらは主砲の換装が行われない原設計のままで完成したため、主砲は13㎝速射砲を15門装備している。

1913年11月にエストニアのタリン(当時ロシア帝国領)にあったバルト海艦隊のドックで起工、起工前にスヴェトラーナと命名される。
1915年に進水したが、第一次大戦中の1917年にドイツ帝国軍が東部戦線で反攻を開始し、前線崩壊の危険があったためサンクトペテルブルク(あるいはクロンシュタット)に避難させられた。この時点での建造進捗率は9割ほどだったが、その後ロシアではご存知ロシア革命から内戦状態に突入、建造中断された。
1924年に建造再開。翌25年に<プロフィンテルン>(国際赤色労働組合)に改名する。
1928年にようやく竣工、予定通りバルト海艦隊に配属されるが、翌年末*3には黒海艦隊に転属となる。
1930年代後半に近代化改装を受け、対空砲の増設や射撃指揮装置の更新を行った。1939年10月末、<クラースヌイ・クリム>に改名。
独ソ戦が始まると黒海艦隊のほかの所属艦と同様にドイツ軍に対する対地砲撃や友軍の輸送・援護に当たった。
そのうちのいくつかの作戦では妹の<カフカース>と共に行動している。ただ、カフカースと違い親衛称号は授与されなかった。
独ソ戦を戦い抜いたのちも黒海艦隊で活動した(ただしこの時代の記録は少ない)。
1952年にカフカースが標的艦として最後のお勤めを終えたさらに後の1954年に練習艦に類別変更となり、1959年に解体された。
スヴェトラーナ級は8隻が起工されたが、本艦とカフカースのほか<チェルヴォナ・ウクライナ>だけが完成した*4。そのウクライナは第二次大戦中にセヴァストポリで空襲に遭い転覆、戦後引き上げられ練習艦・標的となるものの1952年に沈められた。皮肉なことに、1番艦である本艦が一番長生きした。

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Krasny Krym/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 爆薬量はTNT換算
*3 ただし黒海に到着したのは1930年1月
*4 その他2隻がタンカーになった