Top > M.C.200 serie 7
HTML convert time to 0.024 sec.


M.C.200 serie 7

Last-modified: 2018-07-23 (月) 10:36:49

イタリア RankI 戦闘機 M.C.200 serie 7 (セリエ) Edit

MC200serie7.jpg

解説 Edit

概要 Edit

ランクIのイタリア戦闘機。ドイツツリーにおいて、ver1.69までに開発したプレイヤーのみが所有する機体。M.C.200 serie 3の細部改修型。

特徴 Edit

M.C.200 serie 3と同型ではあるが速度はこちらのほうが僅かに上・・・だったのだが、いつの間にかこっちの方がわずかに性能が落ちてしまった。ただ、操作性は同じなので一撃離脱戦法か中型爆撃機の迎撃に使おう。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
要編集

 

【リアリスティックバトル】
要編集

 

【シミュレーターバトル】
要編集

機体情報(v1.51.9.194) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)5900
機体購入費(SL)6300
乗員訓練費(SL)1800
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)30
護符(GE)410

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング1.7 / 2.0 / 2.0
RP倍率1.06
SL倍率0.3 / 1.0 / 1.2
最大修理費(SL)450⇒580 / 1400⇒1757 / 1780⇒2233

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)477⇒532 / 467⇒504
(高度4500m時)
最高高度(m)8900
旋回時間(秒)17.7⇒14.4 / 17.9⇒16.0
上昇速度(m/s)10.5⇒23.8 / 12.2⇒16.0
離陸滑走距離(m)280
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)0.78
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃12.7mm
ブレダSAFAT
2740機首

弾薬 Edit

武装名ベルト名内訳費用(SL)
12.7mm
ブレダSAFAT
既定T/BallBall/I/AP-
汎用AP/AP-I/IAI/API-T/I10
空中目標API-T/AP-I/IAI10
曳光弾API-T10
ステルスAP-I/AP-I/IAI/IAI20

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
ラジエーター交換
プライマリ12.7mmベルト
IIコンプレッサー交換
機体交換
III翼修理
エンジン交換
新しい12.7mm機関銃
IVインジェクター交換
カバー交換

スキン Edit

既定
[添付]
条件-
説明標準スキン
熱帯迷彩
MC200ser7torp.jpg
条件敵プレイヤー機40機撃墜
説明熱帯迷彩

派生 Edit

前機体M.C.200 serie 3
派生機体---
次機体M.C.202

過去の修正 Edit

クリックで表示

史実 Edit

主な内容はM.C.200 serie 3の同項目を参照。
本機はserie3の半密閉コックピットを開放式コックピットにし、操縦席後方に燃料タンクを追加、その他ごく僅かな改修をを行ったものである。

小ネタ Edit

△△△


△△△


△△△


△△△

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)