Top > M.C.202


M.C.202

Last-modified: 2018-12-15 (土) 06:40:48

イタリア RankI 戦闘機 M.C.202 Folgore Edit

shot 2017.07.02 11.37.18.jpg
~Ver1.67

解説 Edit

概要 Edit

ドイツツリー内イタリア軍機のRank1戦闘機。ドイツツリーにおいて、ver1.69までに開発したプレイヤーのみが所有する機体。MC.200の基本設計を踏襲し、エンジンの換装にともなう改修を行った物である。

特徴 Edit

ドイツ空軍のBf109Eシリーズと比較すると、運動性が高いのが特徴。エンジンもBf109と同じDB601を搭載しており、上昇力や速度もランクI機体の中では優れている。またBRの低さゆえに低ランクマッチングで大暴れできる。乗り始めのプレイヤーが多いBR帯なら大体のプレイヤーは旋回戦に乗ってくれるので、本機の運動性を活かせばよい成績が残せるだろう。
またその操縦の容易さや視界の良さゆえに、SB初心者にオススメの機体でもある。シルエットが酷似しているBf109と誤認させ、格闘戦に持ち込むとよいだろう。

が、br2.3に上がったことにより周りが全金属および武装強化が増え始めるため、12.7mmの機関銃ブレダは、同口径の傑作機関銃m2ブローニングはおろか、そのコピーである日本の中口径機関銃以下の火力と発射速度、それに伴う着火率の低さを誇ってしまってる。
そのあまりの威力のなさに大抵機体が大きく破損したり着火するより先に搭乗員が先に死ぬ程である。
そのため一見12.7mmが800発、7.7mmが1000発と相当多く積まれてるように見えるがかなり消耗が激しく、連射速度も遅いため必然的に敵機を長い時間狙う必要も相まって高度や速度を失いやすく、敵の奇襲や増援に会いやすい。
落ちないからと言って回りの警戒を怠はないようにしたい。
 
余談だが、一見レザーバック式に見える本機のキャノピーは後方に結構大きな隙間がある。そこから弾が入り込んでくることも...

M.C.202 コックピット.jpg
↑ご覧のとおり...

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
要編集

 

【リアリスティックバトル】
要編集

 

【シミュレーターバトル】
要編集

機体情報(v1.51.9.169) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)7900
機体購入費(SL)10000
乗員訓練費(SL)3000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)40
護符(GE)530

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.3/ 2.3 / 2.3
RP倍率1.12
SL倍率0.4 / 1.6 / 2.7
最大修理費(SL)540⇒704 / 2290⇒2896 / 1800⇒2277

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)559⇒650 / 560⇒600
(高度6000m時)
最高高度(m)11500
旋回時間(秒)22.7⇒20.8 / 23.0⇒21.4
上昇速度(m/s)20.3⇒33.2 / 22.2⇒25.6
離陸滑走距離(m)368
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)1.08
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃12.7mm
ブレダSAFAT
2800機首
機銃7.7mm
ブレダSAFAT
21000翼内

弾薬 Edit

武装名ベルト名内訳費用(SL)
12.7mm
ブレダSAFAT
既定T/BallBall/I/AP-
汎用AP/AP-I/IAI/API-T/I20
空中目標API-T/AP-I/IAI20
曳光弾API-T20
ステルスAP-I/AP-I/IAI/IAI30
7.7mm
ブレダSAFAT
既定T/BallBall/AP-I/AP-
汎用T/AP/AP-I/AP-I10
曳光弾T10
ステルスAP/AP/AP/AP-I/AP-I20

追加武装 Edit

追加武装:無し

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
ラジエーター交換
7.7mm弾薬ベルト
IIコンプレッサー交換
機体交換
新しい7.7mm機関銃
III主翼修理
エンジン交換
プライマリ12.7mmベルト
IVインジェクター交換
カバー交換
新しい12.7mm機関銃

スキン Edit

夏季迷彩
shot 2017.06.18 10.15.51.jpg
条件-
説明標準的な標章付熱帯用2色迷彩、154大隊396飛行隊所属機、ロードス島、1943年
東部戦線迷彩
shot 2017.06.18 10.15.44.jpg
条件敵機40機撃墜
説明ルフトヴァッフェ用の標準的な3色迷彩、東部戦線、1943年

派生 Edit

前機体M.C.200 serie 7
派生機体---
次機体He 100 D-1

過去の修正 Edit

クリックで表示

史実 Edit

マッキMC.202”フォルゴーレ”(稲妻の意)は、マッキMC.200”サエッタ”(稲妻、矢の意)にエンジン換装およびそれに伴う各種の改修を施して生まれた機体である。
 

クリックで表示

小ネタ Edit

◆海の向こうのそっくりさん
この機体は日本においては三式戦によく似た戦闘機と紹介されることも多く、実際アメリカは最初に三式戦と遭遇したときはこの機体と勘違いして、それが三式戦のコードネームにもつながっている(初飛行はこちらの方が早いが、開発自体はほとんど同時期にスタートした上、枢軸国は連携のれの字もなかったので完全に他人の空似である)。
 似てしまった理由としてはやはり同じドイツ由来のエンジンを積んだことが大きいと思われるが、両機を並べて比較すると見た目の印象以外はかなり違うことが分かる。特に差があるのは主翼の形状とコックピットの位置と形状、そしてサイズで、小型軽量で速度を優先したイタリアと、視界と航続距離、運動性を求めた日本の設計思想の違いが見て取れる。
Bf109MC202Ki61.png


外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

C.202: As Fast As Lightning

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)