M18 GMC

Last-modified: 2020-08-10 (月) 13:49:01

アメリカ RankIII 駆逐戦車 M18 GMC "Hellcat"

shot 2015.11.22 06.28.06.jpg

車両情報(v.1.51.**.**)

ユニット配置

クリックで画像表示

shot 2015.08.12 21.20.04.jpg

ただでさえ紙装甲の上に車長の頭が丸出し。砲弾の破片や機銃でやられてしまうことも珍しくない。
車長が気絶すると機銃が撃てなくなるので気をつけよう。

shot 2015.08.12 21.16.51.jpg

ちなみによく見ればいい男である。

概要

アメリカのランクIII駆逐戦車。装甲は無いに等しいが、優秀な速力と火力を持つ。

必要経費

必要開発費(RP)26,000
車輌購入費(SL)110,000
乗員訓練費(SL)30,000
バックアップ(GE)20
護符購入費(GE)1100

基本性能情報

報酬・修理関係

 ABRBSB
リワード(%)150120150
開発ボーナス(%)+42
最大修理費(SL)10208501130
最大修理費(SL)
最大改良状態
196516651940

車両性能

ABRBSB
Battle Rating4.75.74.7
RankIII
車種TD
 
 初期最終
重量(ton)17.7
エンジン出力(hp)460
2,400rpm
最高速度(km/h)80
最大登坂能力(°)21
砲塔旋回速度(°/s)20.424.0
(AB:28.2)
仰俯角(°)-10/20
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
12/12/12
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
25/12/12
再装填時間(sec)7.9**.*
視界(%)81
乗員数(人)5

基本武装

種類名称口径
(mm)
門数搭載弾薬数搭載箇所
主砲76 mm M176154砲塔中央
機関銃12.7 mm M2HB12.711000砲塔上部

弾薬

名称弾種弾頭重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
M62APCBC763.77921271251161069789
M42A1HE5.83908007
M79AP6.8792155154131107887230
M93APCR4.31036221215203181154124100

車両改良

車両改良

Tier名称必要RP(RP)購入費用(SL)
ITracks1800***
Parts1800***
Turret drive1800***
IISuspension1200***
Brake system1200***
FPE1200***
M791200***
Adjustment of Fire1200***
IIIFilters2200***
M932200***
Elevation Mechanism2200***
IVTransmission4300***
Engine4300***

カモフラージュ

クリックで表示

既定
M18-1.jpg
条件-
説明標準カモフラージュ
二色熱帯迷彩
M18-2.jpg
条件撃破 170 / 200GE
説明二色熱帯迷彩 /ダークアース
二色砂漠迷彩
M18-3.jpg
条件撃破 180 / 200GE
説明二色砂漠迷彩 デザートピンク/ダークカーキ
二色迷彩
M18-4.jpg
条件撃破 190 / 200GE
説明二色夏季砂漠迷彩41 オリーブドラブ/デザートピンク
二色夏季迷彩
M18-5.jpg
条件撃破 200 / 200GE
説明二色夏季砂漠迷彩デザートピンク/41・オリーブドラブ
二色夏季迷彩
M18-6.jpg
条件撃破 210 / 200GE
説明二色夏季デザートピンク迷彩/ANA613オリーブドラブ
三色迷彩
M18-7.jpg
条件撃破 220 / 200GE
説明三色迷彩ANA613オリーブドラブ/デザートピンク/ダークアース
二色迷彩
M18-8.jpg
条件撃破 230 / 200GE
説明標準的な二色迷彩
冬季迷彩
M18-9.jpg
条件撃破 240 / 200GE
説明標準的な冬季迷彩
二色夏季迷彩
M18-10.jpg
条件撃破 250 / 200GE
説明二色夏季迷彩41オリーブドラブ/ANA613オリーブドラブ

研究ツリー

前車体M10 GMC
派生車体
次車体M36 GMC

解説

「素早く・積極的に捜索を行い、敵機甲部隊が陣形を整える前に攻撃する」という、アメリカ陸軍が構想した対戦車自走砲の姿を最も忠実に具現した車両。
 
主砲はシャーマンと同じ76mm M1。BRが上のM4A3(76)W HVSSと同様、APCBCやAPの他に貫徹力200mm超のM93 APCR弾を扱えるので、火力は十分。路上最大速度80km/hという、第二次世界大戦中の装軌式装甲戦闘車両としては世界最高と謳われた機動力もしっかり再現されている。
他にも12.7mm重機関銃を車載機銃として装備し、砲塔旋回速度は20°/s超、俯仰角も-10°から+20°で攻撃面では隙がない。高速をいかしたヒット・エンド・ラン戦法や、敵が予想しない場所へ潜り込んでの待ち伏せ、大きく回りこんでの側撃や背撃など、自由に暴れることができる。
弱点といえるのは、最大でも25mmしかないペラペラの装甲と、高速走行時の接触事故が致命傷になりやすい点。自走式対空砲や重機関銃を積んだ戦車、航空機による上空からの機銃掃射には気をつけよう。なお、砲塔から頭を出している車長に榴弾が直撃すると起爆、砲塔内が一掃されることがある。ハルダウンの際には車長だけ飛び出すことの無いように気をつけよう。
携行弾数を37発以下にする事で砲塔内のラックから砲弾が無くなり、安全性が高まる。
 
総じて、ランク3の米車両の中ではBR比で見ても使い勝手が良い部類だと言える。シャーマン地獄を脱出するまで長い付き合いになるので、ぜひ乗員はエキスパート化しておこう。
ゲーム中トップクラスの快足で高貫徹の砲を振り回す爽快感は病みつきになること請け合いだ。

史実

クリックで表示

e9c724eeb5636d1c1c1a2c2e85d40377_XL.jpg

M18「ヘルキャット」の生産は制式化前の1943年7月から開始された。総生産数は約2,500両である。
本車の主武装はM4A3E8などと共通の76.2mm M1であり、それをオープントップの砲塔に搭載した。ちなみにM10の3インチ砲とは口径こそ同一だが弾薬が異なる。
M18の最大の特徴はその機動力である。わずか17.7tの車体にM4中戦車と同一の400馬力(後期型は460馬力)のエンジンを搭載し、最高速度は80km/h以上に達したほか、米国車両としては初めてトーションバーサスペンションを採用しており、その機動性はM4とその派生車両を大きく上回った。また、ユニバーサルシャフトを介して前方まで動力を伝達することで、車高を抑えることにも成功した。
反面、防御力は極限まで切り詰められた。砲塔正面でさえ装甲厚は1インチ(25.4mm)に過ぎず、車体全周と砲塔側面・背面の装甲厚はわずか0.5インチ(12.7mm)であった。
装甲を犠牲に火力と圧倒的な機動力を手に入れた本車は、まさに戦車駆逐大隊の戦術を体現するような車両だった。
 
…しかし、現実は理想通りにはいかないものである。
M18が戦場に投入されたのは1944年1月であったが、その時点で戦車駆逐大隊のドクトリンはほとんど有効性を失っていた。すでに連合軍とドイツ軍の攻守は逆転し、電撃戦の時代は終わっていたのである。
戦車駆逐大隊の所属車両は分散運用され、通常の戦車部隊の補助戦力として用いられた。しかも、その任務は対戦車戦闘よりも陣地攻略支援の方が圧倒的に多くなっていた。そのような任務においてM18の高い機動性が活きる場面は少なく、逆に薄い装甲とオープントップの砲塔は搭乗員に無駄な犠牲を強いることとなった。
M18は太平洋戦線にも投入されたが、そこでは戦場の実態と性能のちぐはぐさがさらに際立つこととなった。日本軍の戦車は数が少なく滅多に遭遇しなかった上に、欧州の戦車と比較して装甲もそこまで無い日本軍戦車は、本車の76.2mm砲である必要性が薄く、M4中戦車に搭載された強力な75mm戦車砲や、軽量で次弾装填も早い37mm対戦車砲でも十分戦えた。その一方で、M18の装甲は正面装甲ですら日本軍の主力対戦車砲だった一式四十七粍機動速射砲の攻撃に到底耐えられるものではなく、アンバランスなことになってしまったのである。さらに太平洋戦線ではヨーロッパ以上に陣地攻略任務の割合が高く、その真価を発揮する場面は尚更少なかったのだが、起伏の激しい地形ではその機動力がM4以上に役立ったため、砲撃支援任務に積極的に駆り出された。
 
第二次世界大戦後には、ユーゴスラビアに供与された車両がM36ジャクソン、T-34-85、T-54等に混じって1990年代のユーゴスラビア紛争に投入された。

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

As fast as deadly: The M18 Hellcat
M18 and M18 'Black Cat'

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモードの明記をお願いします。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • RBでこいつとばったり遭遇一発もらったけど、装塡手と砲手やって色々打ち込んでみてもなかなか死ななくて、ふと思いついて、頭出してる人に機銃撃ち込んだら撃破出来てワロタ 可哀想だから車内にしまってあげなよ... -- 2017-02-20 (月) 15:54:32
    • 152mmの至近弾でも臆することなくまっすぐ前を見続けるM18のシャッチョサンはかっこいい そうは思わないか? -- 2017-02-20 (月) 20:05:14
  • こいつはマジで使いやすい。使っている中で最強かもしれないけど…空からの機銃掃射が怖い!!もうさ、屋根が欲しいよね… -- 2017-02-20 (月) 18:44:10
  • 陸RBでよく使ってる。このランクの米陸は中盤一瞬優勢になるけど結局負けるってパターンが多い気がする。 -- 2017-02-20 (月) 20:21:40
  • こいつでこいつのエンジンを後方5時の位置からぶち抜いたら、船体崩壊起こした。もし使う際は、大口径砲によるエンジンへの被弾に注意 -- 2017-02-23 (木) 06:57:06
  • 戦闘機の特攻で死にすぎわろ...わろた... -- 2017-03-01 (水) 00:03:15
    • むしろ今まで微塵でも特攻耐性が有ったのが不思議なくらいだわ  コイツは装甲車輌に毛が生えた程度だぜ?(汗) -- 2017-03-01 (水) 08:42:33
      • 普通の戦車が3トン程度ある戦闘機が高速でぶつかって無事なのもおかしいんだけどな。 -- 2017-03-01 (水) 08:57:08
      • 其処まで行くと特攻安定ゲーになるからバランス崩壊どころじゃなくなるからね 仕方ないね -- 2017-03-01 (水) 09:02:38
      • 今のシステムも十分特攻を助長してると思うけどな。特にAB -- 2017-03-01 (水) 09:54:39
      • まだ良心的な方だ これ以上リアル方面に伸ばされるとABでも40tクラスの戦車が戦闘機の特攻に潰されるぞ -- 2017-03-01 (水) 10:37:58
  • こいつのせいで人生楽しくない… -- 2017-03-03 (金) 17:31:30
    • こいつのせいで彼女に振られました -- 2017-03-03 (金) 18:11:29
  • こいつヘラクレス、ベオウルフ製造機だわ 装甲なんて必要ねーんだよ! -- AB 2017-03-04 (土) 00:00:35
  • 今まで変に抜けたりしてKV-2の天敵みたいな存在だったけど、船体崩壊導入されてからそれなりに相討ちになるようになった。立ち回りで初段で抜ければM18の勝ち、初弾を弾けばどこに当ててもKV-2の勝ち -- 2017-03-07 (火) 21:26:26
  • こいつ転輪が上下してもスイングアーム全然動いてないよな。同じトーションバー方式のチャーフィーやドイツの三号なんかはしっかり再現されてるのに (T-T -- 2017-03-10 (金) 16:21:16
  • こいつ強すぎ何だけど...せめてリロード時間もう少し長くしてくれないと手も足も出ない -- 2017-03-11 (土) 21:31:21
    • 後手に回ったら即座に死ぬ車両に対して手も足も出ないとか言わんほうがいいよ。下手くそ自慢に聞こえる -- 2017-03-12 (日) 21:21:19
    • キルログ見るとだいたいこいつだからなぁ…T-34-85でも対処が難しい 船体崩壊が実装されたから少しは楽になったとは思うが -- 2017-03-12 (日) 23:51:00
    • このランク帯からの基本技能になるけど相手の動きの読みが大事だ、ここでよく技能を磨いておけ -- 2017-03-13 (月) 00:35:50
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White