Top > Me 410 A-1
HTML convert time to 0.016 sec.


Me 410 A-1

Last-modified: 2018-08-22 (水) 04:09:30

ドイツ RankIII 重戦闘機/爆撃機 Me 410 A-1 / ホルニッセ Edit

Me410_A-1.jpg

解説 Edit

概要 Edit

Me410A-1は悪名高いMe210(未実装)の改修型で、戦闘爆撃機/爆撃機駆逐機である。
固定武装は20mm機関砲×2と7.92mm機関銃×2で、前のDo-217J/Nと比べると火力は半減してしまった。
しかし純粋な爆撃機の改装である前型に比べると速度性能と旋回性能で勝り、ダイブ性能もいくらかマシに。

 

防弾設備は前型から強化。より駆逐機らしいレイアウトとなり、前面を翼からエンジンまで幅広く覆っている。
6mm前後の防弾板は小口径の機銃に対し十分な抗堪性を示し、爆撃機の旋回機銃をものともしない・・・はずだったが
肝心かなめの搭乗員席前面に防弾ガラスが装備されておらず、結果としてヘッドオンに非常に弱い
遂に装備されました(日の角度によっては反射で、目の前が見えにくくなる欠点がついてきてしまったが)
背面は特に堅牢ということもなく装甲配分にミスマッチの感がある。ただし側面に2基備えた旋回機銃の範囲は優秀。

 

そのほかの特徴としては、戦闘爆撃機として機内に最大で500kg爆弾×2を搭載可能。
リロードタイムは戦闘機基準だが、速度が落ちにくいうえに威力も十分なので使い勝手は良い。

空戦・爆撃ともに飛び抜けたものはないが、設計時期を考えれば機体のポテンシャルは決して低くない。
対地攻撃の重要度が高い陸戦リアリスティックバトルでは評価も高く、扱い次第で大きな活躍が見込める。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
要編集

 

【リアリスティックバトル】
要編集

 

【シミュレーターバトル】
要編集

機体情報(v1.45) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)***
機体購入費(SL)77000
乗員訓練費(SL)22000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)10
護符(GE)980

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.3 / 3.7 / 3.7
RP倍率1.36
SL倍率1.2 / 3.0 / 3.7
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)598⇒653 / 586⇒624
(高度6700m時)
最高高度(m)10400
旋回時間(秒)32.3⇒29.2 / 32.8⇒30.7
上昇速度(m/s)6.1⇒17.4 / 7.8⇒10.8
離陸滑走距離(m)444
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)3.15
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃7.92mm
MG 17
22000機首
機関砲20mm
MG 151
2700機首
機銃
(単装)
13mm
MG 131
21000側部x2

弾薬 Edit

武装名ベルト名内訳費用(SL)
7.92mm
MG 17
既定AP-T/Ball/Ball/AP-I/AI-
汎用AP-T/AP/AI/AP-I10
曳光弾AP-T10
ステルスAI/AP/AP/AP/AI20
20mm
MG 151
既定IT/IT/APHE/HEI-
汎用IT/HEI/HEI/AP-I110
空中目標AP-I/HEI/HEI/HEI/HEI/IT110
徹甲弾APHE/APHE/APHE/IT110
曳光弾FI-T/FI-T/FI-T/IT/IT110
ステルスHEI/HEI/HEI/APHE/AP-I160
13mm
MG 131
既定IT/AP-I/IAI/AP-I-
徹甲弾AP-T/AP-T/AP-T/IAI30

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)
B8x50kg
爆弾
8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**130--
B2x250kg
爆弾
2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**160--
B2x500kg
爆弾
2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**320--

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
ラジエーター交換
プライマリ7.92mmベルト
タレット13mmベルト
IIコンプレッサー交換
機体交換
新しい7.92mm機関銃
新しい13mm機関銃
III翼修理
エンジン交換
プライマリ20mmベルト
IV新しいエンジン噴射
カバー交換
新しい20mm機関砲

スキン Edit

標準迷彩
[添付]
条件-
説明標準スキン

派生 Edit

過去の修正 Edit

クリックで表示

史実 Edit

Me410、もといMe210はBf110の後継機となるべく更なる性能向上を図り、失敗したがそれでもなお前線から求められた機体である。
双発戦闘機の更なる発展型としてBf110の初飛行とほぼ同時に計画は始動し、追加装備として爆弾倉と旋回銃座を装備し、偵察能力と急降下爆撃能力が付与され機体も大型化しスペック上の性能は向上していた。
しかしテスト中に機体設計そのものに欠陥があることが判明、操作性は劣悪でスピンに陥りやすかった。それでもなおバトルオブブリデンの一件から必要に迫られ強引に生産されたが前線でトラブルが発生し事実上運用不可能であった。その2年後の再設計時にイメージ払拭も兼ねて名前がMe410となる。
しかしそのころには並みいる単発戦闘機機の高性能化により本機で戦闘機の行動を取るのは不可能であった。ましてBf110ですら軍の要求を一部無視して性能向上を図って高高度からの一撃離脱でようやく単発戦闘機と渡り合えたのだから、エンジン馬力が向上したと同時に重量と機体全体が増加した本機ではかなうはずもなかった。改設計されたとはいえ設計開始時期が古いことも拭えず後に登場する元爆撃機のモスキートにすら振り回されたりしている。

一方で高速戦闘機が絡まない戦場ではBf110と同様とても重宝された。
特に重宝されたであろう場所は迎撃任務であろう。今まで重爆撃機の転用か、よくてju88かBf110の旧式機であっため性能自体は完全に満足できないものでも遥かに優れる機体であるのは間違いなかった。実際初期の護衛機が存在しない爆撃部隊に対して高い迎撃能力を示している。

最終的に戦況の悪化に伴い生産停止に追い込まれるがそれでもなお1160機程が生産された。

小ネタ Edit

・独特の遠隔旋回銃座
見ての通り遠隔操作かつ広い範囲をカバーできる銃座を装備している。これは空気抵抗の低減を狙ったもので、おかげで空力学的優れた細い胴体の実現に付与している。当然銃座の分重量はかさむが


・性能が満たせなかった要因
爆弾倉と旋回銃座を装備し、長距離の航続力を付与されてるがこれは元々初期の双発戦闘機に最初から装備される予定であった。これを本来の制空戦闘機に必要としない軍の要求をほとんど無視して性能向上に努めた結果高性能化を獲得したのがBf110である。結果論ではあるが後の成功する軍用機(爆弾倉を撤廃したA-1や銃座そのものを否定したモスキート)からみれば正しい判断であり、本来の任務から考えてもさしたる影響はなく、何より実戦でその高性能万能ぶりを見事に証明している。
しかし本機はそれを無理に装備した挙句に無理やり急降下爆撃能力を付与した結果、性能が低下してしまった部分もある・・・。


△△△


△△△

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)