SA.313B Alouette II (DE)

Last-modified: 2020-05-12 (火) 10:47:35

ドイツ RankV 汎用ヘリコプター SA.313B Alouette II

未設定.jpg

概要

ver1.83にて実装されたドイツヘリコプターツリーの最初の機体。
フランスのSA.313B Alouette IIを西ドイツが輸入したもの。
固定武装に7.62㎜ MG3機関銃4門を備え、37㎜“対空”ロケットか対戦車ミサイル4発を選択できる。

機体情報(v1.97.1.88)

必要経費

必要研究値(RP)***
機体購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)110000
エキスパート化(SL)390000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)10
護符(GE)2200

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング8.7 / 8.3 / 8.7
RP倍率2.02
SL倍率1.2 / 3.4 / 3.6
最大修理費(SL)1820⇒*** / 3520⇒*** / 2600⇒***

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)167⇒*** / 157⇒***
(海抜高度時)
最高高度(m)2300
最大出力(hp)366⇒*** / 363⇒***
最大推力(kgf)50⇒*** / 50⇒***
燃料量(分)min 91 / max 304
限界速度(IAS)310 km/h

レーダー

なし

暗視装置

種類
パイロット赤外線暗視装置
ガンナー赤外線暗視装置

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)Horizontal
Guidance
俯角/仰角
通常/ステルス
機銃7.62mm
MG3
41000パイロン-

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

 
名称ベルト名弾種貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
7.62 mm
MG3
既定T/AP/AP/AP/AP1097400
 

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB&SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
R37 mm
SNEB
72-9.4/-9.4-1.6/-1.61400-
MSS.114-7.2/-7.9-2.4/-2.4--

ロケット

名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
37 mm
SNEB
10.02500-10105222
 

ミサイル

名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
誘導
システム
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
SS.11 ASM304.55190半自動3.0600
 

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
ICompressor13000***
Flak jacket
IIHelicopter frame29000***
IIIエンジン8000***
Replacing helicopter blades
NVD
新しい7mm機関銃
IVCover42000***

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体
派生機体
次機体+UH-1D
 
 

解説

ドイツヘリツリーの最初を飾る機体。7.62mm機銃を4門にAGMのSS.11を4つ最初から装備が可能。残念ながら素の機体スペックとしてはかなり低い。
またAGMの装備がたたりBRはなんと9.0Ver1.91時のBR改定によりBRは8.7に低下した…が相変わらずECではあのAH-1ZMi-35Mなどと容赦なくマッチングしてしまう。初期ヘリと最終ヘリが共存する夢の戦場
レシプロエンジンを搭載したヘリよりはましであるがこちらもガスタービンエンジンを搭載した機体としては黎明期であるのに変わりはない。インフレにより激化した戦場であるが癖を理解しきって運用をしたい。

特徴

Ver1.87現在実装済みのヘリでは仏の同一機種と並び数少ない空対空ロケットが装備可能なヘリである。
BRの関係上、ECでは上位互換のサイドワインダーが飛び交うのだが対空運用として役に立つ…かもしれない。
なお空対空のわりに時限信管が使用不可能なため直撃でしか運用出来ない。やっぱり駄目かもしれない。
--加筆求む--

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
陸RBではATGMを活かした車両破壊が主な仕事となる。
ATGMは貫徹が600mmもあるため上空から狙えるのもありほとんどの車両を破壊することが可能。ただし射程は短めであるのである程度戦場に近づかないといけない点に注意。当然近づけば近づく程敵の対空車両からは狙われやすくなる。遮蔽物を活かし狙撃を行うと良いだろう。
射程の短さと敵対空砲の危険性はあるがECより活躍をしやすいモードであるので是非とも活かしたい。

Ver1.89アップデートで開幕からヘリを出せるようになったため追い風となっている。
敵が開幕でAAを出さない限りは一方的にミサイルを当てる事が出来るので非常に強力。逆にAAを出された場合は低空飛行などで攪乱する必要性があるため注意が必要。また当然ながらトップマッチを引いた場合ADATSや2S6などが跋扈するため余程腕に自信が無い限りは使うのは避けた方が良い。 *2

…だったのだが、残念ながら、Ver.1.97 からは、ヘリコプター全般の仕様として、開幕からミサイルを搭載して出撃することは不可能になった。ロケット搭載であれば開幕出撃も可能だが、貫徹最大10mm、爆薬量0.02kgのSNEB37ロケットでは、軽装甲車両の撃破すらおぼつかない(そもそも概要にある通り、こいつは対空ロケットである)。開幕出撃は素直にあきらめ、二番手以降に出すようにしよう。

 

【シミュレーターバトル】
対地攻撃に運用が可能なのはATGMが4つのみであるため、地上目標破壊や基地破壊は苦手である。敵ヘリの奇襲や味方の穴になっている部分へと動きcapを狙った動きをするなど味方のサポートに回ると良いだろう。
また7.62mm4門の火力は決して侮れるものではなく、格上のヘリであっても奇襲をすれば破壊は可能。逆に言えば奇襲でもしなければ破壊も困難である。BR9.0としては火力不足であるので真正面から攻撃を挑むのは自殺行為。よく索敵を行い地上目標に夢中になっている相手や味方機体の方角を向いている機体などを積極的に狙うと良いだろう。

 

なお余談であるがVer1.87現在陸ABのヘリコプター攻撃機枠に本機が採用されている。武装は37mmロケット…と聞くと対地に使えそうであるが、先述の通りこれは空対空ロケットであるので対地には使えない砂埃を立てるか機銃を潰すのがやっと。迎撃に出てきたヘリを迎撃する程度の能力しかないのでABキルストを使う際は覚えておくと良いだろう。

史実

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • こいつのミサイル戦車抜けないんだけど…キツくない? -- 2018-10-30 (火) 12:19:04
    • 悲しいなぁ -- 2018-11-13 (火) 20:55:25
  • ただでさえ威力の低いミサイルがたった4発...1キルが精一杯で米戦闘機に落とされる運命 -- 2018-11-14 (水) 22:17:30
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 射程のあるHOTならまだしも低速低射程のSS.11で相手どるのは困難である。