AH-1Z

Last-modified: 2020-01-24 (金) 00:51:38

アメリカ RankVI 攻撃ヘリコプター AH-1Z Viper(ヴァイパー) Edit

shot 2019.03.24 00.48.58.jpg

概要 Edit

v1.81で追加されたアメリカRankVI攻撃ヘリコプター
名実ともにアメリカ海兵隊で現役使用されている最新鋭攻撃ヘリコプターである。
度重なる改修や再設計の末、従来のAH-1とは全くの別物といえる進化を遂げた。特にエンジンが双発になった事により最高速度などの機動性の面で大幅な強化が行われている。

機体情報(v1.87.0.58) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)390000
機体購入費(SL)1010000
乗員訓練費(SL)290000
エキスパート化(SL)1010000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)120
護符(GE)2700

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング10.0 / 10.0 / 10.0
RP倍率200
SL倍率(%)140 / 360 / 450
最大修理費(SL)7800⇒11248 / 13770⇒17317 / 14040⇒20563

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)398⇒426 / 392⇒411
(高度1000m時)
最高高度(m)6000
最大出力(hp)1733×2⇒1871×2 / 1720×2⇒1800×2
最大推力(kgf)239.5×2⇒261.3×2 / 237.4×2⇒250×2
燃料量(分)min22 / 30 / 45 / 60 / max76
限界速度(IAS)500 km/h

レーダー Edit

ヘリコプター用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
レーダー警報装置〇/×-
光学式追跡装置〇/×**

暗視装置 Edit

有無種類
パイロット〇/×赤外線暗視装置/熱線暗視装置
ガンナー〇/×赤外線暗視装置/熱線暗視装置

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)Horizontal
Guidance
俯角/仰角
通常/ステルス
銃座
機関砲
20mm
M197 cannon
1750機首530/730±115°-50° / +25°
機銃7.62mm
M134 Minigun machin gun
23000側部***

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

 
武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
20 mm
M197
既定P/HEF-I/
HEF-I/API-T
363327221714
汎用HEF-I/API-T363327221714
空中目標HEF-I/HEF-I/
HEF-I/API-T
363327221714
装甲目標API-T/AP-I/
AP-I
363327221714
ステルスHEF-I/HEF-I/
HEF-I/AP-I
363327221714
 
武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
7.62 mm
M134 Minigun
既定AP/AP/AP/
AP/AP/AP/T
1097400
 

追加武装 Edit

クリックで表示 あまりに長いので格納

ロケット Edit

名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
FFAR Mighty Mouse101.18739-290
 

ミサイル Edit

名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
誘導
システム
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
BGM-71 TOW182.5296半自動3.00630
 
名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
誘導
システム
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
BGM-71 TOW-2213.72329半自動3.75900
 
名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
誘導
システム
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
AGM-114B
Hellfire
45***475半自動8.01100
 
名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
誘導
システム
射程
(km)
最大過負荷
(G)
AIM-9L Sidewinder869.4800自動6.50*1
3.00*2
-
 

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
ICompressor2500035000
Flak jacket
20mm弾薬ベルト
TOW
Flares
IIHelicopter frame2800039000
新しい20mm機関砲
TOW-2
AIM-9
M200A1
IIIエンジン2500044000
NVD
Replacing helicopter blades
Gun pod XM-18
TOW 4
TOW-2 4
AGM-114
IVCover4000047000
新しい7mm機関銃
TOW 8
TOW-2 8
AGM-114 2

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体AH-1F
派生機体
次機体
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

ヘリコプターの中では、ぶっちぎりの攻撃能力が最大の特徴。機関砲こそ標準的な20mmガトリング砲だが、武装のラインナップが24種類という、F-84Gもびっくりの多さを誇り、WT中ではハインド(Mi-24VとMi-24P)に次いで2位である。なおかつ、TOW-IIミサイルを最大16発持っていけるので、戦車に対する攻撃力も文句なしである。機動力も、エンジンが二つになったおかげで劣化を防ぐどころか、むしろ上がったと言える。

1.85アップデートで、対空ミサイルのAIM-9L(サイドワインダー)とAGM-114B(ヘルファイア)が追加された。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
EC-665の登場により最強とは言えなくなったが、それでも依然として強機体の部類に入る。

 

【リアリスティックバトル】

対地ミサイルを最大16発も持っていけるため、対地攻撃能力は圧倒的だが、問題は機動性の悪さである。双発エンジンにより速度や出力に不足はないが、それでも大幅に増加した機体重量からくる機動性の悪さはどうにもならなく、ハインド程ではないにしろ動きには多少気を使う必要がある。とはいえ、無茶な動き(バレルロール等)をしなければそう簡単には墜ちないので、なるべく丁寧に操縦しよう。

 

【シミュレーターバトル】

基本的に他のヘリと運用法は変わらない。
敵戦車の直上からミサイルで一方的に攻撃することができる(ヘルファイアは直上からだと当たらない可能性大)が、ハイリスクハイリターンなので気を付けよう。
敵にツングースカがいた場合、常にレーダーに怯えることになるかもしれないため、まずは地上車両で出て敵対空車両の有無を確認するのがいいだろう。

史実 Edit

--加筆求む--

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)




*1 後方
*2 前方