Top > 防具 > 【フォースシールド】


防具/【フォースシールド】

Last-modified: 2019-03-10 (日) 01:15:29

FF6以降登場する


FF5(GBA版以降) Edit

GBA版の追加装備品として登場した
重さが15もあり、コルナゴの壺と並んで全装備品中最も重い。 
その上、装備すると素早さが5も下がる。
しかし『全属性攻撃を無効化する』ので、強敵との戦いでは圧倒的な強さを誇る。
オメガ改を倒した際に落とすので、ゲーム中一つしか入手できない。


吸収ではなく無効なので、GBA版ではブレイズの追加スリップも無効化できて助かる。
スマホ版ではブレイズなどの属性攻撃+スリップを無効化してもスリップを受ける仕様に変更されているので注意。


素早さ-5なので、装備したキャラクターがどうしても出遅れてしまう。
素早さ+5のチキンナイフの併用とするといいかも。

  • あまりにも重いためか、物理回避率は10%しかない。
    ただ物理防御力はFF5の盾の中でぶっちぎりの15もある。
    (ちなみに源氏の盾の物理防御力は9、クリスタルの盾は8)
    魔法防御力はまったく上がらないが、全属性無効機能があるので問題なし。
  • 戦闘開始時だけなら最速で行動できる正宗と組み合わせるという手もある。
    2ターン目以降の対策必須ではあるが。
  • あまりにも高い重量のせいで実質的な素早さ低下量は-6相当になる。

異常な重さ、強力な物理防御力を持つというところからも、ビームシールドな外観で物理防御には全く干渉しない元ネタFF6のフォースシールドとは名前だけで全く別種の防具と言うべきであろう。
まぁビームサーベルアルテマウェポンだってFF6以外であのビームサーベルな外観を再現された事はないわけだが…(HP連動という特性は受け継いでる事が多いが)


forceとは、名詞では力を意味し、動詞では物事を強いるといったニュアンスを持つ言葉だが、FF5におけるこれは
圧倒的な重さと堅さで、様々な攻撃を真正面から無理矢理なかったことにする。
と解釈すると、盾として脳筋を地でいくような性能に思えてくる。

  • the Forces=「軍用」の盾なのかも知れない。
    重装歩兵が使うようなデカくて頑丈なアレ。

売値は5ギル。

FF6 Edit

(少々特殊だが)の一種。
大雑把に言うと、イージスの盾の完全魔法防御特化バージョン。
ウーマロ以外の全員が装備可能。
瓦礫の塔の宝箱、フリーズドラゴンが落とす、コロシアム英雄の盾を賭けると入手できる。
聖・毒以外の全属性攻撃の被ダメ半減&魔法防御力+70と、魔法系攻撃に対しては圧倒的に強いが、
「物理系攻撃」に対しては防御力、回避率とも全く上がらない。
しかし、最も重要なのは「魔法回避率+50」である。
加えてSFC版とPS版に存在するバグのため、実は物理攻撃に対する回避率も大幅にアップする。
ライトブリンガーとともに、Vコーディーのために使われる装備品の筆頭。
忘れられがちだが、シェルを×5で習得可能。

  • 装備すると戦闘中は常にシェル状態になる。

魔法防御力+70は、英雄の盾の+59及び甲羅の盾の+66を上回る。
カッパ装備品」よりも強い魔法防御力を持つ防具はFF6でもこのフォースシールドだけである。

  • 素の防御力が0のため、カッパ装備品以外で唯一カッパ時に性能が上がる。物理防御力1だけだが。

説明文が「魔法だけを防ぐ盾です」
だが、実際は物理攻撃も回避可能。
回避率バグで被害を受けた説明文のひとつである。


某ロボットアニメのビームシールドの様な形状。

  • 機能的には、光線系には無敵だが実体弾は防げないIフィールドのほう。
  • そのロボットアニメに登場する武器には
    ビームシールド同様の物理法則を武器に整形したビームサーベルがあり、
    そのビームサーベルはビームサーベルで
    某スペースオペラの武器ライトセーバーに似てると言われている。
    このライトセーバーの原理は劇中で「フォース」と呼ばれており、
    リスペクトの歴史を辿ると意味深なネーミングだったりする。

コロシアムで賭けると茨の冠に、さらにそれを賭けるとミラージュベストになる(対戦相手は前者がブラックフォース、後者がアスピドケロン)。
ミラージュベストも性能は高いのだが、高性能な上に数が限られているコレを犠牲にするのは悩ましいところ。
かと言って茨の冠は他にはヒドゥンの盗みレア枠でしか手に入らないため、「賭けずに両立」は非常に面倒くさい。

  • 茨の冠はラグナロックを使えばアーリマン等からも入手可能。
    アイテムコンプの為に呪いの指輪を狙っているとぽろっと入手する事もある。
  • フォースシールドを賭けた時の対戦相手だけに、ブラックフォースと戦うというのも中々洒落ている。

売値は1ギル。

FF6(GBA版以降) Edit

GBA版以降は回避率バグが修正されたため、それほど使えなくなってしまった。
が、自動でシェルがかかるため使えない訳でも無い。
特に低レベル攻略などではこれを利用してシェルの重ねがけができるため、案外重宝する。

  • シェルの重ねがけってできるの? できたら便利だけど魔法効果はどうなるんだろう?
    • 装備者は魔法ダメージ半減の特性(≒シェル)を得るが、それが素の状態。
      そこにシェルをかければさらに魔法ダメージが減る『シェル重ねがけ』状態になる
    • フォースシールド(属性半減)+シェル(属性ダメージ2/3)の意味。

回避率バグが修正されても、
6属性被ダメージ半減・最高の魔法防御力&魔法回避率・オートシェル機能と凄い性能付きなのは同じ。
後列攻撃可能なキャラや、スノーマフラーのお供にどうぞ。


属性系魔法に対しては英雄の盾のほうが相性が良いけど、
このフォースシールドはミッシングトルネド大旋風木の葉乱舞衝撃波メタルカッターといった
無属性系魔法に対しては最強。
まあでも、得てして無属性系魔法は必中&防御無視機能付きなものだから……。


名前や戦闘中に自動的にかかるシェルと相まって某シューティングゲームを彷彿とさせる。

  • あっちはあくまでもフォースフィールド(略称FF)である
    ・・・それでもあるんだけどね

魂の祠でフリーズドラゴン(通常版)と何度も戦えるようになった事に加えて、アンラックズ(緑)からレア枠で盗めるようになったので、量産が可能になった。
単純な装備による用途は兎も角、コロシアムに賭けて最終的にミラージュベストにする為の元手にし易くなったのは大きい。

  • ちなみにアンラックズ(緑)は1回の戦闘で最低2・3個、多い場合は5・6個ほどアイテムを要求して来るため
    運が良ければかなりの数を1回の戦闘で量産可能。時間も相応にかかるが。

FF10 Edit

MP限界突破」のアビリティがついたルールーの防具。

  • ルールーの防具は、を除きリングで統一されているので違和感を感じるネーミングである。
    指輪が発生させている盾の名称だろうか?
    ちなみに、海外版では「Mythical Bangle」になっている。

DFF Edit

レベル43以上で装備できる。特に効果はない。
ショップで13100ギルで買える。

DDFF Edit

装備Lv30以上、DEF+29の。ショップで33870ギルで買える。

FFL Edit

全属性耐性、速さ、知性、精神+2の補正が付いている強力な
終章後編、次元城で手に入る。
入ってすぐの玉座が2つ並んだフロアにあるのだが、これの入った宝箱は柱に隠れているので分かりづらい。

FFRK Edit

FF4共鳴、FF5共鳴、FF9共鳴のが登場。

  • 「フォースシールド【IV】」。FF4共鳴のレア6の盾。
    セシル(パラディン)の超絶必殺技「パラディンウォール?」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    2017/12/31、FF4イベント「暗黒を超克する聖騎士」で追加された。
  • 「フォースシールド【V】」。FF5共鳴のレア6の盾。
    ファリスの超絶必殺技「パイレーツストーム?」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
  • 「フォースシールド【IX】」。FF9共鳴のレア5の盾。
    ベアトリクスの超必殺技「迷い断ちし剣?」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    聖属性強化(小)の効果付き。
    Lv20のステータスは攻撃力+17、防御力+133、魔防+89、回避+112。
    2016/10/31、FF9イベント「ローズ・オブ・メイ」で追加された。

FFEX Edit

重盾の1つ。

FFBE Edit

重盾の1つ。スタークォーツ?50個で交換可能。