薄雲

Last-modified: 2020-07-10 (金) 17:18:43
No.431
nolink薄雲(うすぐも)吹雪型 7番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久15火力10 / 29
装甲5 / 19雷装27 / 69
回避39 / 80対空10 / 39
搭載0対潜19 / 49
速力高速索敵4 / 19
射程7 / 49
最大消費量
燃料15弾薬20
装備
12.7cm連装砲A型
未装備
装備不可
装備不可
改造チャート
薄雲薄雲改(Lv40)
図鑑説明
特I型駆逐艦、七番艦、薄雲です。
東京湾の造船所で生まれ、第五艦隊で北方海域、千島列島やアッツ、キスカでの作戦に従事しました。
最後の任務も北方のキ504船団。提督、薄雲のこと、忘れないでくださいね。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:森山由梨佳、イラストレーター:しばふ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

セリフCV:森山由梨佳、イラストレーター:しばふ
入手/ログイン特I型駆逐艦、七番艦、薄雲です。東京湾の造船所で
生まれ、あの戦いでは北方の海で活動しました。
提督、薄雲のこと、覚えていてくださいね。
母港/詳細閲覧提督。薄雲、働きますね。
薄雲がやりましょうか? 私、頑張ってみます。
母港/クリック時あの戦いは……私が修理中に始まったんです。舞鶴の、工廠でした。
その後は北に展開しました。アッツ沖やキスカ作戦でも働きました。北方は私の庭なんです。
うん……対潜、ですよね。薄雲の課題です。
ケッコンカッコカリ(反転)
ケッコン後母港(反転)
編成北方艦隊所属、駆逐艦、薄雲! 抜錨します! 頑張りましょう!
出撃第一水雷戦隊、第九駆逐隊、薄雲、出撃します! 働きますね。
北方艦隊所属、駆逐艦、薄雲! 抜錨します! 頑張りましょう!
遠征選択時
アイテム発見
開戦敵艦隊発見、合戦用意! 皆さん、気をつけて!
航空戦開始時
夜戦開始伝統の夜戦……やってみます。行きましょう!
攻撃行きます、てえっ!
連撃/弾着観測射撃/夜戦攻撃お願いします、当たって!
小破わあああっ!?
小破/旗艦大破や、やだ、直撃!? うそ……
中破/大破な、何? ぎ、魚雷!? 砲撃!? まだ航行できる?
勝利MVP私、薄雲が頂いても、いいのでしょうか? ……提督、みなさん、すみません。ありがとうございます。
帰投艦隊が無事、戻りました。皆、お疲れさまです!
補給ありがたいです。大事に使います。
改装/改修/改造新兵装ですね?
提督、ありがたいです!
改装/改修/改造(遠征選択/アイテム発見)いいですね、行きましょう!
入渠(小破以下)少しだけ修理させてください。急ぎます。
入渠(中破以上)早く修理しないと……部隊に置いていかれてしまいます……
建造完了新しい艦が就役します。嬉しいですね。
戦績表示薄雲が情報をお持ちします。……よいしょ……はい、どうぞ!
轟沈(反転)私……また沈むんだ……ここで……はぁ……潮ちゃん、曙ちゃん……後は……お願い……ね…
時報改で実装
放置時小樽、ですか?覚えています。最後の港……ですね? ……潜水艦は怖いです。はい、負けない装備と力、ほしいですね。

ゲームにおいて

  • 2020年梅雨&夏イベント「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」にて、第一海域突破報酬として実装された。
    地味に吹雪型、ひいては特型で初の海域突破報酬。
  • 誤解体に注意。白雪や叢雲などコモンの吹雪型と同じ位置にソートされるため、一緒に解体してしまいやすい。
  • スペック的にはごく普通の駆逐艦といった所。突き出して強い能力も弱い能力も無い。
    • イベント序盤の露払いに活躍するだろう。

キャラクター設定について

  • 薄雲の初出は2020年4月のC2機関のツイート
    • ローソン泊地modeになった艦娘は複数いるが、艦娘になる前からローソン泊地modeになる事例は本件が初…
    • しかし、折からの新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言発令により、例年恒例だったローソン泊地周年記念イベントが行われなくなり、実装も延期に。
    • 2020年6月27日未明からの期間限定海域「侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦」第1海域突破報酬として実装された。
  • 「北方艦隊」「第一水雷戦隊第9駆逐隊」所属を名乗る。
    • 「第一水雷戦隊」所属を名乗る艦娘は「」(開戦時。第一艦隊第一水雷戦隊)、旗艦の「阿武隈改二」、そして、この薄雲しかいない。
  • 吹雪のアルビノ版ではない。
  • 吹雪型らしく、素朴な感じのいい子。

小ネタ

  • 元ネタは吹雪型駆逐艦の7番艦「薄雲」。
    • 「薄雲」を冠する駆逐艦としては2代目。初代は東雲型駆逐艦で、薄雲はその6番艦。東雲型駆逐艦には、他にネームシップの「東雲」のほか、「叢雲」「夕霧」「不知火」「陽炎」がある。
  • 「薄雲」は下記に挙げる通り多くの部隊を渡り歩いた。転属回数6回(軍隊区分を含む)は特に多い部類に入る。

第12駆逐隊

  • 駆逐艦「薄雲」(建造開始時は「第41号駆逐艦」)は昭和2年度艦艇補充計画で建造された吹雪型駆逐艦の7番艦。1926年10月21日、東京石川島造船所*1にて建造が開始され、翌27年12月26日進水、翌28年7月26日に竣工。同年8月1日に番号制だった艦の艦名が一斉に変更され、「薄雲」となる。改名と同時にほぼ同時期に建造・就役した「東雲」「白雲」(いずれも艦これ未実装)と共に第12駆逐隊が新編された。同年、第二水雷戦隊に編入。
    • 叢雲の就役は彼女らの就役の翌年となる1929年5月10日。
  • 1931年12月1日に軍縮条約に伴い特型駆逐艦による駆逐隊が4隻編成から3隻編成に改められることとなり、12駆からは東雲が除かれ吹雪磯波と20駆を編成した。
    • 1933年2月1日から同年11月15日の間、20駆の東雲と薄雲が交代し、薄雲・吹雪・磯波の編成となった。
  • 1935年4月、満州国皇帝愛新覚羅溥儀が来日することになり、御召艦を比叡とし、12駆(叢雲・薄雲・白雲)はその供奉艦に指定された。
  • 1935年9月、三陸沖で演習中の臨時編成の第四艦隊が演習中台風に遭遇。参加艦多数に被害が出た(第四艦隊事件)。薄雲も若干の被害を受けた。
  • 1936年12月1日、第20駆逐隊が解散し、東雲は12駆に復帰し12駆は雲級4隻の編成に復した。
  • 1939年3月21日、佐世保より北支方面戦地戦務に従事、4月2日に細島帰着。
  • 1939年8月3日より同月29日の間、昭和14年度海軍小演習のため第六艦隊に編入。8月10日より小松島よりトラック諸島に向けて遠洋航海実施の後、8月26日に岸和田沖に帰着。8月30日付で再び第二艦隊に編入された。
  • 1940年5月1日、12駆は20駆(第2代。朝霧・夕霧・天霧狭霧)と共に第1艦隊第3水雷戦隊(旗艦川内)に編成された。日中戦争に際し三水戦は第二遣支艦隊に配備。薄雲は叢雲と共に大陸沿岸部封鎖作戦に従事中、ホ田市の興化湾・南日水道で日本軍が敷設した機雷に触雷して大破した。大破した薄雲を叢雲が台湾まで曳航。その後薄雲は10月11日、呉に帰投。呉工廠で修理を受けた。10月15日、薄雲は第12駆逐隊から除かれ呉鎮守府直率部隊(第四予備艦)となり、以後、修理に専念することとなる。
  • 1941年2月14日、呉を出発し16日舞鶴につく。呉鎮守府第四予備艦のまま舞鶴防備隊付属となり、舞鶴工廠で引き続き修理を受けた。

開戦…修理と再就役

  • 1941年12月8日の大東亜戦争の開戦を、薄雲は呉鎮守府第四予備艦・舞鶴防備隊付属として修理を受けている中で迎えた。
  • 1942年6月20日、皐月艦長だった池田周作少佐が薄雲艦長に着任、舞鶴工廠での修理が7月31日に完了した。直ちに第五艦隊付属となり、北方に向かった。
    • 第5艦隊司令部は、8月11日、修理中での欠けていた第6駆逐隊への編入を命じた。
    • ところが、8月28日付で第6駆逐隊は機動部隊所属となり第5艦隊司令部の指揮下を離れた。そこで、7月5日に子日を失っていた第21駆逐隊への編入を改めて命じた。以降、北東方面の海上場護衛作戦、哨戒活動、アッツ島再占領作戦、アッツ島沖海戦に従事した。

北洋の生活

  • 佐久間千鶴夫三等水兵は、昭和17年5月20日駆逐艦薄雲乗艦を命じられる。彼は昭和18年5月3日病気で退艦するまで発射管要員として勤務した。
    • この間、薄雲が活動したオホーツク海と北太平洋の海は来る日も来る日も大しけであり、わずか30平方メートルの居住区に36人程度が押し込められ、ハッチを開けられないので換気もできず、船酔いによる嘔吐の悪臭が漂っていた。だがどれだけ船酔いがきつくても、食欲がおきず体力がなくても日課はやらねばならなかった。
      • このころの駆逐艦には前部と後部をつなぐ艦内通路がないため、炊事場で作った食事を前部と後部の食堂に運ぶには上甲板を通るしかなかった。山のような波濤が押し寄せる中、防寒具を着て甲板にはられたロープだけを頼りに食事が入った缶を運び、上官の世話をし当直見張りにつく。艦橋での見張りも大波が押し寄せ、海の中を覗いてるいるようなものであった。
    • 荒れ狂うオホーツク海の冬で艦首には数メートルのつららが付着し、波が静かな日に決死の破砕作業、だが分厚い防寒具を着てては作業ははかどらず、終日続く作業についに疲れ果ててしまうのであった。そしてある日見張り交代の時に白河兵曹が波にさらわれてしまったのである。彼は作戦行動中の戦死ということになった。
      • このようなくらい日々が続く中で苛立ちも募り、些細なことでも罰直制裁が増え、体力の限界の中地獄のようであったという
  • キスカ島への食料補給はまさに不眠不休、体力の限界であった。帝国海軍の軍人であると意気込んでもつらかったという。
    • このキスカ島への補給での大敵はPBYカタリナ飛行艇であった。これに見つかると空中にスモークで輪を描き、同時に攻撃隊が要請され30分後にはやってくる。めったに無い凪の日でもこの空中にかかれたスモークの輪の中から逃げることはできなかったとのことである。
  • 無理がたたり、彼は昭和18年5月3日肺結核と診断され、薄雲を退艦、5月8日大湊海軍病院に入院した。

第9駆逐隊

  • 1943年4月1日、薄雲は12駆での元僚艦で、三水戦20駆で損傷し修理を受けていた白雲と共に、第四水雷戦隊から編入した第9駆逐隊*2に編入。編成は、朝雲・薄雲・白雲となった。また、同日、第一艦隊から一水戦・三水戦が除かれ、一水戦及び第9駆逐隊は正式に第五艦隊の隷下となった。
    • とは言え、南方の激戦区で疲弊していた朝雲も5月下旬まで母港の横須賀で修理・整備中。薄雲も5月11日まで大湊で修理を受けていた。その間、白雲や薄雲が臨時に9駆司令艦を勤めており、朝雲が吹雪型の新たな僚艦と合流したのは5月29日のこととなる。
  • ちょうどその頃、アッツ島では米軍の反攻作戦が始まり、5月29日、アッツ島玉砕。増援部隊を載せ洋上で待機していた一水戦は、その洋上でアッツ島守備隊の玉砕電を傍受し、幌筵に帰還していった。
  • 6月6日、第1駆逐隊(神風・沼風)と9駆(白雲・薄雲)が共同して対潜掃討を実施中、沼風と白雲が衝突。朝雲と若葉が救援に駆けつけた。
    • 白雲は幌筵から大湊に回航され修理を受けた。そのため、キスカ島撤退作戦には参加していない。
  • 7月、キスカ島撤退作戦(ケ号作戦)が発令。薄雲もその一員として加わった。
    • キスカ島撤退作戦参加艦艇(輸送艦を除く)は薄雲の実装を以てその全艦が揃ったことになる。多摩木曾の21戦隊、旗艦阿武隈以下第9駆逐隊朝雲・薄雲。第21駆逐隊若葉・初霜。第2水雷戦隊より第2駆逐隊五月雨・第31駆逐隊長波・就役したばかりの島風、第10戦隊より第10駆逐隊秋雲夕雲風雲。第11水雷戦隊・第6駆逐隊*3及び海防艦国後の面々である。
  • 9月、薄雲と入れ違いに舞鶴で修理を受けていたが第9駆逐隊に編入した。だが、10月31日に朝雲が前述の第10駆逐隊に転出。司令駆逐艦は朝雲から霞に交代した。
    • 11月8日、池田周作少佐は第10戦隊・第17駆逐隊の司令駆逐艦である谷風艦長へ転出し*4、峯風艦長だった若杉周一少佐が艦長に着任した。
  • 1944年1月、薄雲・・響は神鷹・海鷹を護衛し呉からシンガポールへの護衛を命じられた。
    • 神鷹の機関不調のため、海鷹・電・響のみシンガポールへ向かった。神鷹は佐伯で仮泊の後呉に回航された。薄雲は合流した霞と共に呉工廠でレーダーの工事を受けた。その後、2月7日、那智を護衛して9日、大湊に到着。久しぶりに大湊で9駆(霞・薄雲・白雲)は合流して整備・訓練を行った。
  • 2月28日、松輪島守備隊を載せた輸送船団を護衛して大湊発。その任務中の3月1日付で霞と並んで舞鶴で修理を受けていた不知火が9駆に編入された。
  • 3月16日、霞・白雲・薄雲は輸送船4隻からなるヘ乙船団を護衛して釧路を発ち得撫島に向かう途中、襟裳岬沖60kmのオホーツク海で米潜水艦「トートグ」により白雲と日連丸が撃沈された。白雲艦長以下全乗組員総員戦死、日蓮丸は約2800人中生還者46人*5(この白雲戦没については記事が詳しい。)。
    • 速度が遅く、船団後方で落伍していた日連丸がまず狙われた。近くにいた山菊丸では爆発の衝撃が伝わり、雷撃を受けたことに気づいた。が薄雲達はそれに気づかなかった。次に白雲がやられここで船団は釧路港に引き返すことにした。夜が明け、山菊丸の陸軍兵士たちは日連丸がいないことがわかり昨夜やられたことを知ったが、無線封止中でもあり、海軍側に知らせるすべがなかった。
    • 薄雲の見張りも日連丸がいないことに気づき報告したが、潜水艦にやられたと思うものはおらず、落伍して迷子になっているのだろうと思っていた。
    • この時、第1水雷戦隊司令部から白雲沈没した地点の対潜掃討を霞が命じられ、薄雲も釧路港外から引き返してきた。沈没地点に向かう途中に漂流者を発見、この時やっと日連丸がやられたことに気づいたのであった。
    • 時刻は8時半、日連丸が沈没してから実に12時間後であり、薄雲は34人を救助、死者はそのまま放置された。
    • 甲板に引き上げられた漂流者達には甘酒が振る舞われた、世の中にこんなうまいものがあるのだろうかというのが兵士たちの感想である。次に軍医に診察をうけ、全員が凍傷にかかっていたので肉が壊れないよう丁寧に水兵たちが乾布摩擦で温めたが、薄雲艦上で2名が死亡、前部兵員室では10名がマッサージをうけていたが、「後部では二人死んだぞ、前部では一人も死なすな」と兵曹長が水兵たちにはっぱをかけていた。
    • 救助された兵たちは陸に帰りたかったが、それを聞いた乗組員に本艦は貴様らの救助に来たのではないと怒鳴られたのである。だが扱いは丁重で、貴重な羊羹やタバコ、乾いた衣服などが支給された。こうして救助者を乗せたまま、対潜掃討は18日まで続いた。

第18駆逐隊

  • 1944年3月31日、白雲の除籍と共に第9駆逐隊は解散し、第4代の第18駆逐隊が編成された。
    • 3代目の第18駆逐隊の生き残りである不知火(司令駆逐艦:陽炎型)・霞(朝潮型)と薄雲(吹雪型)の編成となった。戦没した白雲を含め、朝雲が10駆に転出した時点で「横須賀鎮守府籍」を意味する9駆の所属艦全艦が呉鎮守府籍の艦による隊になっていた。とは言え、井上良雄駆逐隊司令以下幕僚は9駆時代のままである。

オホーツク海に消ゆ…キ504船団

  • 1944年7月5日、薄雲は一水戦第7駆逐隊のと共に「キ504船団」は小樽を発ちオホーツク海を航行中の同船団は米潜水艦「スケート」らの襲撃を受けた。
    • 7月7日16時14分、択捉島の北200kmの海域でUSSスケートの雷撃を受け6分後に沈没した。
      • その最後は薄雲から500mぐらいの距離にいた太平丸から見えた。船団内部にはいりこんだスケートは太平丸と薄雲の間から魚雷を発射した。薄雲と太平丸の間に気泡が浮かび上がり、すぐに薄雲の艦橋と煙突の間に水柱が上がった後、真っ二つに折れて沈んでいった。
    • その太平丸も9日9時54分、幌筵島北北西120kmの海域でUSSサンフィッシュの雷撃を受けて51分後に船尾を直立させて沈没した*6
  • 若杉艦長以下267名総員戦死。9月10日、除籍。
    • 余談だが、キ504船団に参加した梅川丸はへ乙船団にも参加した船で、白雲、薄雲2隻の戦没を目撃した船であった。同船は終戦を乗り越え、1964年に解体された。

この艦娘についてのコメント

過去ログ

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • やっとこさ拾い上げたぞ。さあ、手を握ってあげるから反対の手でこの単装機銃を握るんだ(ポロン -- 2020-07-04 (土) 23:53:53
  • 白雲にも会わしてやりたいものよな。しらくもな・びく~なんて校歌あったな駿河台の方に -- 2020-07-05 (日) 01:51:05
  • 七夕の日に沈んでしまったのね…合掌… -- 2020-07-05 (日) 09:15:09
    • ひな祭りの日に沈んだ白雪・朝潮・荒潮のことも思い出してあげてください(時津風は翌4日没) -- 2020-07-05 (日) 13:12:07
  • この子って話しだすと長いよね、お、おう、って感じ -- 2020-07-05 (日) 15:20:15
  • しばふさぁ・・・ほんと嫌いじゃないんよ。ただ・・・中破絵へたks過ぎひんか・・・ -- 2020-07-05 (日) 20:02:46
    • ↓と意見が真っ向から対立して草 -- 2020-07-07 (火) 00:51:59
    • いや、構図とか表情とかは別に何も言うことないんよ。ただ、腕長すぎ細すぎだし、人間の体の厚みを感じられないぺらぺらな絵に見えるんよね。三隈の水着の時も同じこと思ったんだけど、今回更に悪化してるんだわ。あごのラインとかも合わせて、悪いけど奇形にしか見えない。うまいときはうまいのに、へたな時の粗がひどい -- 2020-07-07 (火) 10:25:56
      • めっちゃ早口で言ってそう -- 2020-07-07 (火) 16:10:46
      • それな。こいつの中破絵マジで下手くそ -- 2020-07-07 (火) 20:09:27
      • 画伯様からの貴重なご意見いただきました -- 2020-07-07 (火) 20:20:52
      • 芸大美術学部絵画科は言う事が違うのよ、きっと -- 2020-07-08 (水) 15:24:18
  • 中破絵が素晴らしいですね…ふぅ -- 2020-07-05 (日) 22:51:29
    • むすっとこっちを睨みつけてくる感じね…わかるわ -- 2020-07-05 (日) 23:00:23
  • バナーにいるの、ウス雲だよね? つーことはイベントで何か特攻あるのかな。育てとこ -- 2020-07-05 (日) 23:03:58
  • E1は薄雲の鎮魂を祈りに行ったら本人がゲリラ化して生きていたって事かね -- 2020-07-06 (月) 03:31:48
  • 叢雲と間違えて近代化改修の餌にしてしまったっぽいorz -- 2020-07-06 (月) 20:40:26
  • 間違って解体してしまった。 (OO; (OO; (OO; (OO; (OO; -- 2020-07-06 (月) 21:16:35
    • 2木つづけてとは…あれほどNEWソートにしてまずロックと… -- 2020-07-07 (火) 10:43:30
      • 誤改修、誤解体する人は何言ってもする人間だもの -- 2020-07-07 (火) 16:08:28
  • 中破で破れたスカートからチラリと見えるパンツが良い・・・フゥ -- 2020-07-07 (火) 04:48:05
  • 改造Lvインフレがすごいな。特I型はみんなLv20だったのに浦波でLv30、薄雲がLv40。東雲はLv50かな? -- 2020-07-07 (火) 11:31:59
  • この声何か凄い好き -- 2020-07-07 (火) 12:40:38
  • ようやくお迎えしたよ…可愛い でもこっち向いてくださいorz -- 2020-07-07 (火) 19:09:52
  • このコメントは管理板によりCOされました
    • 何を思ってそれを書いたんですか?ニヤニヤしながらキーボードを叩いたんですか?面白いと思ってやったんですか?その辺の感想聞かせてください。 -- 2020-07-07 (火) 20:12:13
      • このコメントは管理板によりCOされました
  • このコメントは管理板によりCOされました
    • そんな感想ご自身のTwitterで世界に発信したらいいんじゃね -- 2020-07-07 (火) 20:20:07
      • このコメントは管理板によりCOされました
    • わざわざファン向けのWikiにまでアンチがやって来る所から、まだまだ艦これは安泰だと感じる -- 2020-07-07 (火) 22:46:35
  • 先ほど指輪渡して来た。 175にします^。^ -- 2020-07-07 (火) 21:58:59
  • 誤解体やっちゃった。まぁ1年以内に特型に紛れるような再配置してくれればいいや。今は忘れよう・・・ -- 2020-07-07 (火) 23:28:48
    • 自分は夜中に入手して鍵かけずに寝ちゃって次の日のデイリー改装に誤って使っちゃった。たまにやっちゃうんだ・・・ -- 2020-07-08 (水) 07:46:43
    • 薄雲「提督、薄雲のこと、忘れないでくださいね。」 -- 2020-07-10 (金) 01:08:14
  • しかし今までのイベント艦でも薄雲ぐらいじゃない?誤解体報告いっぱいあるの。 -- 2020-07-07 (火) 23:32:52
    • 磯風さんとか涼月さんとかも結構あった気が・・・ -- 2020-07-08 (水) 14:55:51
    • 初月解体RTA事件を忘れてはいけない・・・ -- 2020-07-08 (水) 15:21:00
    • ガチ報告なのか、愉快犯による賑やかしなのか・・・どちらにしても明日は我が身として気を付けないとイカン! -- 2020-07-08 (水) 15:42:53
    • 煽りじゃないしロックもしてるけど、レベル1の状態だとマジで叢雲と混同する。 -- 2020-07-09 (木) 09:06:55
    • 幸が薄雲…(´;ω;`)ブワッ -- 2020-07-09 (木) 23:00:05
      • 存在も薄雲… -- 2020-07-10 (金) 15:05:58
  • 母港でつんつんしてたら急に長々と喋り出して「お、おう…」ってなった -- 2020-07-08 (水) 02:03:07
  • ローソン型の何番艦なの?Lチキ旨塩ください -- 2020-07-08 (水) 08:13:39
  • E1クリア直後1-1キラ付け時の余った駆逐捨てようとしたら薄雲混ざってたほんま危ない危険すぎる -- 2020-07-08 (水) 16:07:00
    • 影も薄雲…(´;ω;`)ブワッ -- 2020-07-10 (金) 01:03:32
  • 薄雲の絵師がしばふニキなのを見るとやはり運営と彩樹さん絶縁の噂は本当だったみたいね -- 2020-07-09 (木) 20:30:31
    • はい出たーいつもの -- 2020-07-09 (木) 20:33:24
      • これ言ってる人同じなのかな? -- 2020-07-09 (木) 21:53:11
    • 彩樹ニキはツイッターで「仕事募集中」って常に宣伝してるんだけどなぁ...。 -- 2020-07-09 (木) 22:12:41
    • 薄雲が彩樹さん確定だったの!?何で書いてあったか教えて! -- 2020-07-09 (木) 22:17:03
      • こういうのがフェイクニュースみたいに一人歩きするんですねー(棒) -- 2020-07-09 (木) 22:20:24
    • 絶縁してる・してないのどちらにせよ、しばふ氏になった理由は、いろいろあるでしょう。 -- 2020-07-09 (木) 22:55:05
      • 艦これ初登場絵師に描かせると、うるさいのでるから。 今だと松が標的。 -- 2020-07-09 (木) 23:54:05
      • ほんまそれ。文句言うやつな何やっても文句言うからなあ。 -- 2020-07-10 (金) 00:25:29
      • だって文句を言うことが目的だからね。常日頃から叩けるところ探して見つかれば叩く。いじめの構図だね。 -- 2020-07-10 (金) 00:35:01
      • その労力をもっと別のところに活かせよと思います -- 2020-07-10 (金) 01:02:25
      • そうすることでしか自分を慰めることができない人種なんだから、こちらからかけてやる言葉なんてないわ。 -- 2020-07-10 (金) 07:44:49
    • ついでにCVが上坂氏でない所も他艦船ゲーに出た声優を裏切者として排除している説を裏付けているね -- 2020-07-10 (金) 11:18:24
      • 上坂さんの都合がつかなかった可能性を否定できる根拠はある? -- 2020-07-10 (金) 12:30:47
      • 上坂さんは今艦これを尻目に他の艦船擬人化ゲーに出まくっるからね...次いでに某ゲーにお熱でし。 -- 2020-07-10 (金) 14:48:01
      • 上坂さんは新コサック艦娘来るまで暖めてる可能性を挙げてみる…すみれさん艦艇擬人化以外でもロシアキャラ担当してるのよね -- 2020-07-10 (金) 16:49:45
      • ロシア駆逐艦娘来たときに担当しそうだ -- 2020-07-10 (金) 16:51:05
      • ないでしょ、吹雪型の上坂縛りが崩れたんだから。 -- 2020-07-10 (金) 17:04:08
      • ロシア艦をCVすみぺにした某ゲーはマジGJと思った。 -- 2020-07-10 (金) 17:18:42
  • 後段で特攻のるかな? -- 2020-07-09 (木) 22:30:22
    • E1で乗ってないっけか?気のせいか -- 2020-07-10 (金) 14:44:18
  • 薄いっつうか細いな!ご飯いっぱい食べさせてあげたい。 -- 2020-07-09 (木) 23:04:38
    • 胸が薄雲…(´;ω;`)ブワッ まあ、いつものことだが・・・ -- 2020-07-10 (金) 01:01:19
    • しばふだけに吹雪型…いや綾波型と暁型も全員呼んで芋煮会だ! -- 2020-07-10 (金) 16:46:40
  • 存在感が薄雲 -- 2020-07-10 (金) 07:13:01
  • 叢雲ちゃんとの絡みあるの?(ハァハァ -- 2020-07-10 (金) 12:13:05
  • なかなか改装のランプ点かないので確認してみたら、この新しいお芋ちゃん発芽まで40要るのか。至って普通の駆逐なのに妙に高めだな。 -- 2020-07-10 (金) 12:16:07
  • ついに吹雪型の上坂縛り崩れたかぁ... -- 2020-07-10 (金) 12:23:45
  • Lv68で対潜値48を確認。やっと15ソナー、17爆雷、20爆雷で先制対潜が出来る。 -- 2020-07-10 (金) 17:12:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

建造成果の報告は建造レシピ内にあるコメント欄に、
ドロップ報告に関しては出撃ドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。


*1 艦これ実装済みの同郷の艦は卯月長月天霧
*2 当時在籍は朝雲のみ。夏雲はサボ島沖海戦で、峯雲はビラ・スタンモーア夜戦でそれぞれ失われていた。山雲は当時横須賀鎮守府警備駆逐艦。後に第4駆逐隊に編入。
*3 響の第6駆逐隊は、第9駆逐隊の一水戦編入と同時に新設の第11水雷戦隊へ転属している。
*4 谷風戦没時に戦死。
*5 記録は1972人だがこの他に便乗者が1000人近くおり、正確な人数は不明
*6 同船は1928年9月30日竣工と薄雲と同世代の船で、沈没の際輸送中の朝鮮人労働者多数が死亡した「太平丸事件」の当該船でもある。