Top > トップハム・ハットきょうのおかあさん


トップハム・ハットきょうのおかあさん

Last-modified: 2018-10-08 (月) 21:48:58

トップハム・ハットきょうのおかあさん

日本版タイトルトップハム・ハットきょうおかあさん
英語版タイトルDowager Hatt's Busy Day
脚本リー・プレスマン
放送日・2017年9月20日(英国)
・2017年11月12日(日本)
・2017年11月13日(カナダ)
・2018年3月2日(オーストラリア)
・2018年3月14日(米国)
この話の主役トップハム・ハット卿のお母さんエミリー
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシーエミリーフィリップアニークランキー
(日本版のクレジット上:クララベル
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCトビードナルドダグラスディーゼルハリーソルティーデンパクストンクララベルスリップコーチビッグ・ミッキー
登場キャラクターD無し
(英米版のみ:ジェラルド(ゲイター)*1ジェフリー*2
登場人物Aトップハム・ハット卿トップハム・ハット卿のお母さん
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人ナップフォード駅の作業員
登場人物Cトーマスの機関士トーマスの機関助手エドワードの機関士ヘンリーの機関士ゴードンの機関士ジェームスの機関士パーシーの機関士エミリーの機関士トップハム・ハット卿のお母さんの友人先生審査員(CGミスにより、ドナルドの機関士ドナルドの機関助手ダグラスの機関士ダグラスの機関助手が登場しない。)
登場人物Dトフィントンさん
登場スポットナップフォード駅
ナップフォード駅操車場
トップハム・ハット卿のオフィス
ティッドマス機関庫
ブレンダム港
ソドー運送会社
ゴードンの丘
ウルフステッド鉱山
ヴィカーズタウン(言及のみ)
スクラップ置き場(言及のみ)
あらすじ・ある日、酷い風邪をひいたトップハム・ハット卿の代わりに、お母さん鉄道の運営の仕事をする事になる。
然し、機関車達の性能をよく分かっていないにも関わらず、適当に仕事を割りふった為、大幅な遅れと混乱が生じてしまう。
エミリーはそんなトップハム・ハット卿のお母さんを助ける事にする。
メモ・キャラクターの名前がタイトルになるのは、第9シーズンマイティマック』以来になる*3*4
トップハム・ハット卿のお母さん、初めて主役が与えられる。また、人間キャラクター(トップハム・ハット卿の身内)が主役になるのは、第13シーズンたんじょうびのいたずら』以来となる。
第10シーズンパーシーはせきにんしゃ』に続いて、体調を崩すトップハム・ハット卿
・また、パーシーに続いて間違った指示で、混乱と遅れを生じさせるトップハム・ハット卿のお母さん
パーシーサー・ハンデルダンカントーマスヒロピーター・サム続いて責任重大な役割を担当するトップハム・ハット卿のお母さん
エミリーアニークララベルを牽引するのは3回
ドナルドダグラスの機関室をよく見ると、の乗務員が乗っていない上に、場面によってはヘンリーの車輪とエドワードの車体番号が消えている*5
ハリー、初めてスリップコーチを牽引する*6
・完全に本来の役目をしなくなったスリップコーチ
麒麟第14シーズン)、大きな風船第15シーズン)、ゴミの貨車第16シーズン)、第17シーズン地球儀恐竜の模型第18シーズン)など、以前のシリーズで登場した物が勢揃いする*7*8
エミリーが運ぶ予定のものはスクラップなのだが、日本語版では何故か「ゴミ」となっている。
過去何度ゴードンと会っているのに、ゴードンの名前を呼び間違える*9トップハム・ハット卿のお母さん
トップハム・ハット卿のお母さんエミリーに初めて会う*10*11
ハット卿夫人に続いて、トップハム・ハット卿のお母さんも車の免許を所持していた事が判明する。
・機関車達の前でに呼び止められるトップハム・ハット卿
トップハム・ハット卿のお母さん、初めてティッドマス機関庫を訪問する。
サングラスをかけて格好良く立ち去るトップハム・ハット卿のお母さん
トップハム・ハット卿のハンカチが鼻に張り付いたパーシー
あの時の反省か、エドワードをヨイショするクランキー
トフィントンさん、初登場*12
・英米版のみ、ゲイター*13ジェフリーが言及のみで、久しぶりに登場する。
・この話から、ロブ・ラックストローさんが英国・米国版共有でジェームスの声を吹き替えする。
クララベルは台詞がなく、アニーのみ喋る*14
パーシー第2シーズンダックしごとをもらう』以来、緑色の急行客車を牽引する。
・ラストシーンのオチでフィリップが重たい貨車を牽いてウルフステッド鉱山の洞窟の中へ行っていた。
トップハム・ハット卿のお母さんに舌打ちされるゴードン
あの時に続き、息子を『バートラム』と呼んでいないトップハム・ハット卿のお母さん
・この話のフィリップは初めて終始笑っていない上に、デン第16シーズントーマスとカラス』以来、エドワードヘンリー第20シーズンコーヒーポットきかんしゃグリン』、ジェームスは『グリンとスティーブンのレース』、トビーは『ライアンとデイジー』、ディーゼルは『ふくれっつらのジェームス』、クランキーは『トビーとフィリップ』、ハリーパクストンは『ディーゼルのはんせい』に続いて終始笑わなかった*15
台詞ナレーター「此処は早朝のティッドマス機関庫だ。トーマス達が一日の始める準備をしていると、トップハム・ハット卿がやって来た。」
トップハム・ハット卿「ハッ、ハッ、ハッ、ハックション!!!ハァ(鼻を噛む)」
ヘンリー「うわぁ、お大事にどうぞ。」
トップハム・ハット卿「有り難うヘンリー…。」
トーマス「ありゃま、大丈夫なんですか?」
トップハム・ハット卿「ああ、勿論大丈夫だトーマス、ただ一寸な…ハッ、ハッ、ハックション!!!」
エミリー「まぁ、酷い風邪を引いたようですねトップハム・ハット卿。」
トップハム・ハット卿「あぁ、大した事は無い、素晴らしく元気だ…ハークシュン!!!ゴホッ、ゴホッ、よし皆聞いてくれ。今日の仕事を伝えるぞ…。」
トップハム・ハット卿のお母さん「オッホン!!」
トップハム・ハット卿「えっ?」
トップハム・ハット卿のお母さんトップハム!言っておいたはずですよ!今日は仕事に来なくていいって!」
トップハム・ハット卿「でも、この鉄道の運行管理がぁ~!。」
トップハム・ハット卿のお母さん「そんな、酷い風邪を引いている時に仕事なんて駄目よ!さぁ今すぐ家に戻りなさい!」
トップハム・ハット卿「無理ですよ。誰か私の代わりが居ないと駄目です。」
トップハム・ハット卿のお母さん「あら!そう言う事なら私がやりましょう。きっと何とかなるわフフフ!」
トップハム・ハット卿「でもお母さん、鉄道の事は何も知らないじゃないですか。」
トップハム・ハット卿のお母さん「病気の時に休まない様な、聞き分けの悪い子の事はよく知っています!息子を連れて帰って頂戴!」
トップハム・ハット卿「でも、でも、私は本当に大丈夫ですってば…ハッ、ハックシューン!!!」
パーシー「うわぁ!」
トップハム・ハット卿「あぁ…。」
トップハム・ハット卿のお母さん「さぁ此れで良し、仕事に取り掛かりましょう。いいトーマス、貴方は此れからブレンダムの港まで言って私の新しい帽子を受け取って来て頂戴。」
トーマス「だけど僕、朝はいつも自分の支線で客車を牽いているんですけど。」
トップハム・ハット卿のお母さん「う~ん、う~んと、えっと貴方、お名前は?」
エミリーエミリーです。」
トップハム・ハット卿のお母さんエミリンが、トーマスの客車を牽くわ。帽子を受け取りに行ってる間にね。」
エミリー「あの、トップハム・ハット卿のお母さん、私の今朝の仕事はごみの貨車をスクラップ置き場迄運ぶ事なんですけど。」
トップハム・ハット卿のお母さん「オホホホ、心配要らないわエメラルド、私に任せていいわね。私はナップフォード駅に行くわ。あの駅からの方が指示を出し易いですからね。」
トーマス「やっぱり、帽子を受け取りに行かなきゃいけないみたいだ。」
アニー「どうして、トーマスが帽子を受け取るの?」
エミリー「あはは。今日はトップハム・ハット卿のお母さんが指示を出してるから、いつもと違うの。」
ゴードン「ハーン。だが、この俺様はそんなつまらないお使いなんかしなくても済むな。」
トップハム・ハット卿のお母さん「丁度良かった。ねえ、ガードンジェフリー)。」
ゴードンガードンジェフリー)?誰の事です?」
トップハム・ハット卿のお母さん「いい、ギードン(グレゴリー)?えっと、エメラルドールは忙しいから、あなたがゴミの貨車スクラップ置き場迄運んで。」
ゴードン「そんな!冗談じゃありません、急行列車を牽くのが仕事だ!」
トップハム・ハット卿のお母さん「ちっちっち。」
ゴードン「えっ?」
トップハム・ハット卿のお母さん「ちょっと何ですって?グードンジェラルド)、あなたいつも私の息子にそんな口の利き方してるの?」
ゴードン「いいいいえ、でも、ええええーと。」
トップハム・ハット卿のお母さん「それにトップハム・ハット卿の大切な母親をがっかりさせたくはないわよねぇ。」
ゴードン「あー、分かりました。」
トップハム・ハット卿のお母さん「良かった、ゲードン(ギャビン)。さあ、スクラップ置き場に行って頂戴。」
ゴードン「ええええええ、全く、何てこった。」
ナレーター「その頃、トーマスは、港でトップハム・ハット卿のお母さんの帽子が届くのを待っていた。」
クランキー「機関車にはもっと大事な仕事が有るんじゃないか、何で軽い帽子なんか運ぶんだ。」
トーマス「僕だってそう思うよ。でもトップハム・ハット卿がお休みだから、お母さんが指示を出しているんだ。」
クランキー「あー、やっとちゃんとした仕事をする機関車が来たぞ!」
エドワード「ごめんクランキートップハム・ハット卿のお母さんに頼まれて、ヴィカーズタウンのトフィントンさんケーキを届けに行くんだ。」
クランキーケーキ!軽いなぁ、次は何だ?風船か!」
エミリー「まあ、大変...」
ジェームス「ホント参っちゃうよ!次に何の仕事をすればいいのか、誰にも分からないんだからさ!」
ヘンリートップハム・ハット卿のお母さんが、駅にゼラニウムの鉢植えを飾り終わるまで待ってるんだ...」
トップハム・ハット卿のお母さん「少し左、違うわ!少し右よ!一寸戻して!そこ!それでいいわ!此れでこの古臭い退屈なホームも少し明るくなるわね。少し左…。」
エミリー「あのちょっとすみません…。」
トップハム・ハット卿のお母さん「其処よ違うわ。あらエレノア、何か有ったの?」
エミリー「有りました。混乱と遅れです。彼方此方で大変な事になってます。」
トップハム・ハット卿のお母さん「そんな事無いわ。皆、一所懸命働いているでしょう。」
エミリー「誰も自分の担当をしていないんです。私はトーマスを牽いているし、ゴードンは私の芥の貨車を…ハッ!大変!ゴードンスクラップ置き場に行ったなら、誰が急行列車を牽いているんですか?」
トップハム・ハット卿のお母さん「う~ん、誰に急行列車を牽くように頼んだかしら?」
パーシー「ん~ん!ヒィ~!」
エミリーパーシーに!小型機関車のパーシーに急行列車なんて無理ですよ!」
トップハム・ハット卿のお母さん「でも、小さいけど、やる気のあるだったのよ。」
エミリー「あの、お母さん、私達機関車にはそれぞれピッタリな役割が有って、出来ない仕事も沢山あるんです。」
トップハム・ハット卿のお母さん「あぁ~、如何しましょう。鉄道の運行管理がこんな大変だと知らなかったわ。これじゃあトップハムに怒られてしまうわねぇ。鉄道の事を何一つ分っていない…。」
エミリー「あぁそうですね…。でも私達で問題を解決出来るかも、喜んで手伝いしますよ。」
トップハム・ハット卿のお母さん「本当!?いいの。アァそれ本当助かるわ。エメラルド!」
エミリー「あのエミリーです…。きっと大丈夫。さぁ私と一緒に機関車達を何時もの仕事に戻しましょう!」
トップハム・ハット卿のお母さん「アッハハハハ…!!あぁちょっと貴方そのまま動かないでね。」
ナレーター「こうして、エミリートップハム・ハット卿のお母さんは全ての機関車を何時もの仕事に戻し始めた。」
トップハム・ハット卿のお母さんゴードンには急行列車を牽いて貰いましょう。」
ナレーターエミリーの手助けでトップハム・ハット卿のお母さんは機関車達をドンドンいつもの仕事に戻して行く。」
トップハム・ハット卿のお母さん「そうよぉ。いいホラこっちよ。貴方はナップフォード駅ね。」
ナレーター「全て、丸く収まった。」
トップハム・ハット卿「これは?」
トップハム・ハット卿のお母さんトップハム!ここで何をしているの!?」
トップハム・ハット卿「具合が大分良くなったんですよ。フフフフ、う~む中々順調にいているようですね。」
トップハム・ハット卿のお母さん「えぇ、勿論よ。だけど私だけの力ではないの。エミリーが助けてくれたのよ。」
エミリー「ハッ!エミリーって呼んでくれたわ。アッハハハ!」
トップハム・ハット卿のお母さん貴方、私に運行管理が出来るか疑っていたわよね。予想に反して、完璧に熟せているでしょう。」
トップハム・ハット卿「正直言うと、心配でしたがハハハ。つまり素晴らしい…事です。」
エミリー「ウフフフ!」(汽笛)
トーマス「遅くなってごめんなさい、ブレンダムの港で帽子の到着を待っていたんです。」
トップハム・ハット卿「えっと、これはどう言う事です?」
トップハム・ハット卿のお母さん「細かい事は気にしないのトップハム。さあさあ局長室に行って美味しいお茶を淹れてあげましょうねぇ。」
トップハム・ハット卿ケーキは?」
トップハム・ハット卿のお母さん「勿論ケーキも有りますよ。」
エミリー「皆、元の仕事に戻る事が出来て本当に良かったわ。」
フィリップ「んーん!僕ちゃんなら出来る!へえへえ。重くない!平気だよお!・・・あああぅ~。」
英国CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョン・ハスラー
エドワード/ヘンリー/ゴードン/トップハム・ハット卿/トップハム・ハット卿のお母さん/駅アナウンスキース・ウィッカム
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシーナイジェル・ピルキントン
エミリー/アニー/駅アナウンステレサ・ギャラガー
フィリップラスムス・ハーディカー
クランキーマット・ウィルキンソン
米国CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョセフ・メイ
エドワードウィリアム・ホープ
ヘンリー/ゴードンケリー・シェイル
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
エミリージュール・デ・ヨング
フィリップラスムス・ハーディカー
アニー/駅アナウンステレサ・ギャラガー
クランキーグレン・ウレッジ
トップハム・ハット卿/トップハム・ハット卿のお母さん/駅アナウンスキース・ウィッカム
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
ヘンリー金丸淳一
ゴードン三宅健太
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
エミリー山崎依里奈
フィリップ小林大紀
アニー(エンドクレジット上ではクララベル):吉岡さくら
クランキー黒田崇矢
トップハム・ハット卿田中完
トップハム・ハット卿のお母さん根本圭子
駅アナウンス(男):秋吉徹
駅アナウンス(女):斉藤美菜子
シリーズ前回デイジーとハーヴィー
シリーズ次回こしょうしたハーヴィー





*1 日本語版ではグードン、ゲードン。
*2 日本語版ではガードン、ギードン。
*3 英米版では第2シーズンきむずかしやのデイジー』が『Daisy』、『ふたごのきかんしゃ』が『Donald and Douglas』、第3シーズンいしきりばのメービス』が『Mavis』である。
*4 但し、英米版ではタイトルがキャラクターの名前そのままでない。
*5 CGミス。
*6 第19シーズンソルティーはうみをいく』に続き、単独行動をする。
*7 但し、ライオンの銅像は映っていない。
*8 麒麟はトビー、大きな風船はジェームス、ゴミはゴードン、象はパクストン、恐竜の模型はディーゼル、地球儀はソルティーが運んでいる。だが、象と麒麟は何故か家畜貨車の代わりに、普通の無蓋貨車に載せられている。
*9 「ガードン」・「ギードン」(日本版)・「ジェフリー」・「グレゴリー」(英米版)「グードン」・「ゲードン」(日本版)、「ジェラルド」・「ギャビン」(英米版)
*10 トップハム・ハット卿のお母さんエミリーの事を知らなかったらしく、何度も名前を間違え、エミリーを落胆させた。
*11 「エメラルド」・「エミリーン」・「エメラルドール」・「エメラルード」・「エレノア」と当てずっぽうに呼んでいる。
*12 但し、エドワードの言及のみで、姿を見せない。
*13 但し、トップハム・ハット卿のお母さんからは本名の『ジェラルド』の方で呼ばれた。
*14 だが、Eテレのエンドクレジットではアニーは声の出演に入っておらず、次回も含めて台詞が無いクララベルだけが声の出演に入っている。
*15 終始笑っていないキャラクターが多いエピソードは今回で4となる。