ロブスター

Last-modified: 2021-07-08 (木) 19:27:10

◆忍◆ ニンジャ名鑑#56 【ロブスター】 ◆殺◆
その名の通り、両腕がロブスターのハサミになったヨロシサンのバイオニンジャ。ぞんざいなデザインと安直な名前から読者間の評判が悪く、彼の出現エピソードについてはゴーストライター説もつきまとう。

登場エピソード

 

「そんな……ニンジャスレイヤー=サン、何故……貴様がここに…」


人物

外見


ストーリー中での活躍

ロブスターは前転からネタバレを何枚も投擲!

  • ヘルジュッテ・クランの秘密事務所に現れ、配下と思われるリアルヤクザ・ヤルキを口封じに始末し、同時に護衛のクローンヤクザを殺害。続いて彼を尋問していたヘルジュッテ・クランの幹部・アザワを暴行の末、殺そうとしたところを、ナンシー・リーを救出に駆けつけたニンジャスレイヤーに殺され爆発四散した。
     
  • その後、彼の死体はヨロシサンによって回収された後、ヒミツめいた形で復活。再度ニンジャスレイヤーとイクサを交えた。
     
  • あんまりにもあんまりなニンジャ名鑑の記載から、該当エピソード翻訳以前より様々な意味で日本ヘッズの注目を集めていたニンジャ。
  • コミカライズ版「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ」で、回想シーンにアンブッシュ的に登場した。
    • その外見はロブスターそのものであった。
  • そしてアニメイシヨンにて遂に、重要エピを挟む形で完全出演の快挙!ロブスターサンド、ナンデ!?
  • 「キルズ」ではニンジャスレイヤーとナンシーが組むきっかけの重要な役割を担った。異例の出世!
  • (描写外で:ヤンバナ・サシミ事件を追うナンシーを倉庫に誘導してM字捕縛、直後エントリーした)ニンジャスレイヤーにプロレス技を決められアバりながら登場、瀕死で放置される。なおもザリガニ脚匍匐前進で一矢報いようとするも、ナンシーの操作で落下したコンテナに潰され爆発四散した。ロブスターサンド、ナンデ!?
    • ヘッズ考察によればこのプロレス技は、タワーブリッジとも、アルゼンチンバックブリーカーとも、エビ折りサバ折りとも……。
    • ご丁寧にも爆発四散した際に、ハサミが千切れて飛んでいく描写が描かれた。

ストーリー外での活躍

◇閉閉閉◇あと、ロブスターはネタバレです。

◇再再再◇あと、ロブスターは無効です。他に質問はありますか?「ありません」アッハイ。ではよろしくお願いします。◇カラテだ◇

  • フォロワー4643人突破記念のニンジャ人気投票においてロブスターは無効票扱いである。実際別格!カチグミ!
  • ■なさけ■この公式人気投票において14票獲得するが、宣言通り無効票。しかも「かなしいおしらせ」「違法行為的な投票」とまで言われてしまう■むよう■
  • 2012/05/10、公式人気投票後に「ロブスター」がTwitterトレンド入りを果たす。これはザ・ヴァーティゴ=サンに続く快挙である。メデタイネ!
  • また、彼の登場エピソード「デイ・オブ・ザ・ロブスター」がなんと(無効票なのに)12票もの得票を集めていたことが明かされた。
    • ほんやくアジトの隣に住んでいたボブ謎の暗黒神に取り憑かれ、「デイ・オブ・ザ・ロブスター」に5票分投票するという暴挙に出る。
    • その後彼に取り憑いていた暗黒神はエルフニンジャ野伏らの手によって首を刎ねられてしまった。暗黒神……一体何者だったんだ……。
       

■ロブスターとかザザとかを送っても採用されない。エルフが光る■

◇四冊足掛け半年に渡り展開したソウカイヤとの戦いに決着がつく!四巻分でばっちりと決着がつき重点です。ロブスター?知らん、そんなの犬の餌にでもしろ

◇それは描き下ろし漫画と、あと「デイ・オブ・ザ・ロブスター」と、初出となるその続編「デイ・オブ・ザ・ロブスター2」である。ニンジャスレイヤーが悪のニンジャ、ロブスターと戦う。これは日頃からなんか皆がロブスターロブスター言うから今回付けることにした。やったぜ!◇

「…ああ、そうだ!日本のクレイジーなニンジャヘッズに向けて、デイ・オブ・ザ・ロブスター3を書き下ろしたからお楽しみにね!」

【PLUS更新】デイ・オブ・ザ・ロブスター◆海老!◆

  • 2017年9月1日、ニンジャスレイヤープラスにて突如として「デイ・オブ・ザ・ロブスター」が掲載!ヘッズが悲鳴をあげる間もなく続けざまに「2」と「3」も掲載され、ついに多くの人の目に触れられるようになってしまった。
  • ヘッズがロブスターリアリティショック・フィードバックに襲われ、TL上はエビアビ・インフェルノと化したのは言うまでもないだろう。
     

◇冬!新しいコアを持つサキブレが飛びました!調査した結果、これはエビテンブレではなくロブスターブレです◇

  • 2017年11月14日、突如としてエビブレが飛来しTLは一時騒然となった。だが、前後にヤモト・コキのfigmaの告知があったため当初は「エビテンでヤモト=サンのfigmaの宣伝かなんかやるんだろう」と楽観視されていたが、やがて上記がツイートされTLは再びエビアビ・インフェルノとなった。
  • 予告通り「デイ・オブ・ザ・ロブスター2」がTwitter上で連載され、さらに最後に「デイ・オブ・ザ・ロブスター3」の連載も匂わせた。そして11月21日、ロブスターが三つ飛来しついに「デイ・オブ・ザ・ロブスター3」までもが連載、これにてロブスター三部作が全てTwitterで読めるようになってしまった。
     
    ◆注意◆皆さんが知っておくべきロブスター真実◆まねしないように◆
  • 甲殻類を生のまま犬の餌にしてはいけない。猫もだ。甲殻類の体成分が犬や猫の体内で危険なケミカル反応を起こし、ゆっくりと衰弱死を引き起こすからだ。この危険成分は加熱することにより除去できる。
  • なので興味本位でロブスターなどをペットに食べさせるのはよくない。それは下手をすればあなたの愛しい家族をサンズ・リバーの向こう側へ追いやってしまうのだ。
    • なお、量の問題こそあるがこの危険は人間にとっても存在する。生でエビ・イカ等(イカもだ!)を食べることの多い日本人にとって、頭の片隅に置いて損はない知識かも知れない。
       
  • またひところ、ロブスターは脱皮によって内臓まで入れ替わるため不老、ひいては寿命要因に対して不死であるという説がまとめブロゴやツイッターアーなどを賑わした。
  • おそるべきロブスターしんじつか……と思われたが、有志による検証によると脱皮するのは消化器までで、また脱皮に消化器を含むのはセミなどでも見られる生態であるので、寿命に対して不死とは考えにくいようだ。よかったね!

一言コメント

「貴様らは誰彼構わずコメントしすぎた。ほんやくチームを怒らせたのだ。俺を派遣したのはエルフの…」

「アイエエエエエ!」

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • でもアノマロカリスとかオパビニアとかケリグマケラみたいな甲殻類のニンジャって皆早死にしたよね… -- 2021-03-16 (火) 17:55:53
  • 豊満な胸を持った女ロブスター=サンが誕生しそうフィーヒヒヒ! -- 2021-03-16 (火) 18:04:43
  • 最新のスレイトが酷すぎたので見に来た アンモナイト×ロブスターなんてテストに出ないよう・・・ -- 2021-04-19 (月) 17:32:21
  • イセ=サンと琥珀アンモナイトを消費して実現したロブスターvsアンモナイトの胡乱ニンジャのドリームマッチだ!頼むから相討ちになってくれ! -- 2021-04-24 (土) 13:17:57
  • イセ=サン……真の意味で意思を受け継いじゃいましたね…… -- 2021-05-15 (土) 13:12:27
  • 熱血バトルカトゥーンの王道めいた展開をよりにもよってロブスターとアンモナイトに演じさせるとは、なんたる冒涜的な所業か! -- 2021-05-15 (土) 19:02:52
  • 実際熱い展開これは主人公格も夢ではない -- 2021-05-15 (土) 19:54:40
  • トンチキ展開を筆力と物語の熱量で無理やり感動させてくるのは忍殺のお家芸とも言えるが、それでもロブスターとアンモナイトの胡乱さを誤魔化しきれてないのが酷すぎる -- 2021-05-15 (土) 21:00:12
  • (((マケナイデ!)))(((マケナイデー!!)))でもうダメだったのにあの展開は卑怯だ -- 2021-05-15 (土) 22:48:45
  • 着々とニンジャ主人公力を高めるイセ=サン。これは第五部主人公では? -- 2021-07-08 (木) 19:27:10
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White