Top > イギリス
HTML convert time to 0.098 sec.


イギリス

Last-modified: 2018-08-26 (日) 10:29:39

空軍 Edit

概要 Edit

GOD SAVE THE KING !!
紅茶の香り漂う、紳士御用達のツリー。全体的に優秀なエンジンと洗練された空力特性を持ち、操縦に癖がないのが特徴。
 
英国は2.7までの低BRに20mm持ちが存在しない唯一の国家であり、序盤の低BR戦場では7.7mmの決定力の無さと史実での高性能単葉機の開発の遅れに悩まされることになる。しかし、ランクII以降まで進みさえすればラインナップには比較的恵まれており、戦闘機では圧倒的な上昇力と高い運動性を併せ持つスピットファイアに20mm4門を搭載する重武装のシーハリケーン、重戦闘機では耐久力・運動性ともに優れたブレニムや火力にまで優れたボーファイターといった双発重戦が早い段階で手に入る。そのためWT初心者にもとっつきやすい国の一つと言えるだろう。
 

中盤からは高速かつ重武装なタイフーンが加わるほか、スピットファイアもランクごとに性能が向上し、最終的にはゲーム内屈指の強機体に仲間入りを果たす。ただし爆撃機は終盤まで高速爆撃機のラインナップに恵まれず、しかも下方機銃を装備した機体が1機しか居ないため、下からの突き上げにはめっぽう弱い。ただ機銃の可動範囲が広いため、真下以外ならほぼ全方位の敵機を狙い撃ちやすい。加えて英国爆撃機の尾部銃座は7.7mm機銃とはいえ連装以上で搭載していることが多く、徹甲焼夷弾で敵機を返り討ちにすることもしばしばある。
  
また一部イギリス機の特徴として「7.7mm機銃×12挺や12.7mm機銃4挺+20mm機関砲4門という機銃増し増し装備」が挙げられる。そのためPower is everything. More is better(パワーは全てだ、機銃は多ければ多いほど良い)というパワー厨にもオススメ。
 
ちなみに課金ツリーにはイギリス機以外に、オーストラリアおよび自由フランスの機体が存在する。
フランスは→D.520D.521の2機。
オーストラリアは→WirrawayBoomerang Mk.IBoomerang Mk.IIの3機である。

<重要:スピットファイアMk.Vとハリケーンまではマーリンエンジンのキャブレターの不具合により、リアリスティック以上でマイナスGを掛けるとエンジンが停止して墜落してしまうので注意しよう。エンジン再起動はデフォルトでI。>←ちなみにこれはゲームのミスではなく実際にあった事である。
War Thunder : The Royal Air Force (Gaijin公式動画)

全体的特徴 Edit

  • そこそこ機動性が高い。(日本よりは下といったところ)
  • 7.7mm機銃が大量に積まれている。
  • 爆弾搭載量が多い。
  • 後方視界に恵まれていない機体が多い。
  • 1つの機銃がカバーする範囲が広い。
  • 大半の機体に積まれているイスパノ20mm機関砲は未改造だとすぐジャムる。(開発すれば改善される)
  • フラップが着陸/上昇しかない機体が大半を占める。(戦闘機)
  • イギリスの7.7mm弾薬ベルトは他国の弾薬ベルトより焼夷弾の割合が多く、簡単に燃やせる。

機体ツリー Edit

 
Ver1.69現在(英語表示準拠)
Rank空軍戦闘機海軍戦闘機重戦闘機爆撃機課金機体
Ifury 1.jpg
Fury Mk.I

fury 2.jpg
Fury Mk.II
_Air_Gladiator-MkIIF.jpg
Gladiator
Mk.IIF
nimrod 1.jpg
Nimrod
Mk.I

nimrod 2.jpg
Nimrod
Mk.II
V-156-B1swordfish 1.jpg
Swordfish
Mk I
gladiator 2 tuck.png
Tuch's
Gladiator
Mk.II
havoc 1.png
Havoc
MK I
hurricane 1l.jpg
Hurricane
Mk I Late
gladiator 2s.jpg
Gladiator
Mk.IIS
sea gladiator 1.jpg
Sea
Gladiator
Mk.I
blenheim 4.jpg
Blenheim
Mk.IV
Hampden Mk.I
Hampden
Mk.I

hampdentbmki.jpg
Hampden TB
Mk.I
wirraway.png
Wirraway
catalina 4a.png
Catalina
Mk.IVa
gladiator 2.jpg
Gladiator
Mk II
beaufort 7.jpg
Beaufort
Mk.VIII
Air_sunderland Mk.IIIa.png
Sunderland
Mk.IIIa
IIhurricane 2b.png
Hurricane
Mk IIB/Trop

hurricane 4.png
Hurricane
Mk.IV
spitfire 1a.jpg
Spitfire
Mk I
sea hurricane 1e.jpg
Sea
Hurricane
Mk.IB
beaufighter 6c.jpg
Beaufighter
Mk.VIc
sunderlandmkv.jpg
Sunderland
Mk.V
boston 1.png
Boston Mk.I

db7.png
DB-7
d520.jpg
D.520
spitfire 2a.png
Spitfire
Mk IIa
sea hurricane 1c.jpg
Sea
Hurricane
Mk.IC
wellington 1c.jpg
Wellington
Mk.Ic

wellington 1cl.jpg
Wellington
Mk.Ic/L

wellington 3.jpg
Wellington
Mk.III

wellington 10.jpg
Wellington
Mk.X
d521.png
D.521
tyhoon 1a.jpg
Typhoon
Mk.1a
spitfire 2b.png
Spitfire
Mk IIb
MartletMk.4.jpg
Martlet
Mk.IV
avenger 1.png
Avenger
Mk.1
boomerang 1.png
Boomerang
Mk.I
Hudson Mk.V
Hudson
Mk.V
Halifax B.Mk.IIIa
Halifax B.
Mk.IIIa
boomerang 2.png
Boomerang
Mk.II
Corsair_F_Mk_II.png
Corsair F
Mk.II
IIItyhoo 1bl.jpg
Typhoon
Mk.1b/L
spitfire 5bt.png
Spitfire
Mk.Vb/trop

Spitfire Mk Vb
spitfire 5c.png
Spitfire
Mk Vc/trop

Spitfire Mk Vc
firefly f 1.png
Firefly F
Mk.I

firefly fr 5.png
Firefly FR
Mk V
beaufighter 10.jpg
Beaufighter
Mk.X
stirling b mk I.jpg
Stirling B
Mk I
tyhoon 1b.png
Typhoon
Mk.1b
hellcat 1.png
Hellcat F
Mk.II
spitfire f 10.jpg
Spitfire F.
Mk.IX
firebrand tf 4.png
Firebrand
TF.Mk.IV
beaufighter 21.jpg
Beaufighter
Mk.21
stirling b mk III.jpg
Stirling B
Mk III
Spitfire F. Mk.IXc.png
Spitfire F.
Mk IXc
mustang 1a.png
Mustang
Mk.IA
Whirlwind_Mk_I.png
Whirlwind
Mk.I
Whirlwind_P.9.png
Whirlwind
P.9
IVtempest 5.png
Tempest
Mk V

tempest 5 vick.png
Tempest
Mk.V
(Vickers P)
spitfire f 16.jpg
Spitfire F.
Mk.XVI
seafire 17.png
Seafire
Mk XVII
mosquito fb 6.jpg
Mosquito
FB Mk.VI
lancaster b 1.png
Lancaster B
Mk I
spitfire f 14c.jpg
Spitfire F.
Mk.XIVc
spitfire lf plagis.jpg
Plagis'
Spitfire
Mk. IXc
tempest 3.png
Tempest
Mk II
spitfire lf 9.jpg
Spitfire LF.
Mk.IX
seafire fr 47.png
Seafire
FR 47
mosquito fb 16.png
Mosquito
FB Mk.XVIII
lancaster b 3.png
Lancaster B
Mk III
spitfire fr 14e.png
Spitfire FR
Mk XIVe
wyvern.png
Wyvern S4
spitfire f mk XIVe.png
Spitfire F.
Mk.XIVe

spitfire f mk XVIIIe.png
Spitfire F.
Mk.XVIIIe

spitfire f mk 22.png
Spitfire F.
Mk.22

spitfire f mk 24.png
Spitfire F.
Mk.24
sea fury fb 11.png
Sea Fury
FB 11
brigand.png
Brigand B.1
Lincoln B Mk II.png
Lincoln B
Mk II
MB.5
Hornet
Mk.III
Vvampire fb5.png
Vampire
FB.5
meteor f mk3.png
Meteor F.
Mk.3
attacker fb1.png
Attacker
FB 1
canberra b mkII.png
Canberra B
Mk.II
venom fb4.png
Venom FB.4
sea meteor f mk3.png
Sea Meteor
F.3
Air_Sea Venom FAW.20.png
Sea Venom
FAW.20
canberra b i mkVI.png
Canberra B
(i)Mk.VI
hunter f.1.png
Hunter F.1
meteor f mk4 g41f.png
Meteor F.
Mk.4 G.41F
meteor f mk4 g41g.png
Meteor F.
Mk.4 G.41G
meteor f mk8.png
Meteor F.
Mk.8
 

陸軍 Edit

概要 Edit

War Thunder: British ground forces (Gaijin公式動画)

戦車の生みの親の国らしく、バラエティ豊かなゲテモノ戦車が登場する。
イギリス戦車を運用するにあたり、巡航戦車か歩兵戦車かではその扱いが大いに異なる。
巡航戦車は良好な機動性を持つが装甲が薄く、歩兵戦車は機動力がない代わりに分厚い装甲を持つ。
相反する性能を持つ戦車をうまく扱うことがイギリスの戦車兵に求められる。
ランク3のシャーマンシリーズの火力不足に悩むアメリカに対し、17ポンド砲搭載車両が多いので重装甲への対応がしやすい。
ただ、一部の車両以外徹甲弾に炸薬が入っておらず、(Ver1.73現在使用できる徹甲榴弾はSherman IIのAPCBCとIndependentのAPHE、Grant IのAPCBCのみ)弾と貫通時の破片のみで内部ダメージを与えるので、敵乗員やパーツの配置を踏まえた弱点狙撃をする技術が求められる。
後期になると現代戦車の基礎を築いた英国らしく高バランスの戦車が出そろい始める。

特徴 Edit

・良くも悪くも個性的な車両が多く、奇妙な形の戦車が多い。いわゆる英国面
・高い貫徹力を持つ砲を装備している。
・垂直装甲を多用している戦車が多い
・弾種に徹甲榴弾系統の物がなく、APCBCと表記されている物もあるが炸薬が入っていない為、加害力に欠ける。(貫通時に破片を飛散させる事もあるが、モジュール・乗員配置を考慮しないと効果は薄い)
・現在実装されている戦車の中で最も早く(ランク3のComet1から)APDSが使用可能になる。
・広い俯角を持つ。
・戦中戦車の後進速度が非常に遅い(殆どが-2~4km/h)逆に戦後車輌の後進速度は他国に比べて速め(-11~12km/h)
・戦前戦中車輛は機動性の高い巡航戦車と、装甲の厚い歩兵戦車に大別できる。BR6.3台の終戦直後の戦車は若干機動力が低い代わりに高い火力と厚い装甲を持つ。しかしRANK Vに入っても砲以外は強化されないので他国戦車より総合性能では劣っている。

車輌ツリー Edit

 

レースイベント"Tank Races!" RT-1
エイプリルフールイベント"Silent Thunder" Vanguard-class

過去データ置き場 Edit

クリックして展開

イギリス雑談掲示板 Edit

イギリスツリー内の内容についての意見や自論のためにお使いください
【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはコメントを非表示にするなどしてスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
 

※ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。


【過去ログ一覧】

クリックで表示

【旧コメント欄】

クリックで表示