A6M5 otsu

Last-modified: 2021-11-19 (金) 09:59:33

日本 RankIII 海軍戦闘機 A6M5b / 零式艦上戦闘機五二型乙

概要

バージョン1.37で実装された日本海軍のランクIII艦上戦闘機。
零戦五二型に45㎜防弾ガラスと操縦手後部に13㎜防弾板を追加し生存性向上を図った派生型。
さらに二号銃の携行弾薬数が50発増え、機首右側の機銃が13.2㎜三式機銃に換装される等、武装も強化されている。

機体情報(v2.5.1.45)

必要経費

必要研究値(RP)40,000
機体購入費(SL)150,000
乗員訓練費(SL)43,000
エキスパート化(SL)150,000
エース化(GE)700
エース化無料(RP)390,000
バックアップ(GE)100
護符(GE)1,300

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.0 / 5.0 / 5.0
RP倍率1.54
SL倍率1.5 / 3.8 / 4.3
最大修理費(SL)4,860⇒6,444 / 15,000⇒19,275 / 8,010⇒10,292

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)520⇒565 / 503⇒540
(高度6,000m時)
最高高度(m)10,900
旋回時間(秒)16.7⇒15.8 / 17.2⇒16.0
上昇速度(m/s)13.4⇒15.2 / 13.4⇒16.9
離陸滑走距離(m)190
エンジン型式中島 栄二一型
最大出力(hp)908⇒1,106 / 897⇒995
離陸出力(hp)1,038⇒1,237 / 1,028⇒1,126
毎秒射撃量(kg/s)2.86
燃料量(分)min25 / 30 / 45 / 60 / max84
限界速度(IAS)740km/h
降着脚破損速度(IAS)300 km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘) 397km/h, (離陸)368 km/h,(着陸)220 km/h
主翼耐久度-6G ~ 14G

レーダー

なし

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/汎用/地上目標/曳光/ステルス
機銃7.7mm
九七式七粍七固定機銃
1700機首0/170/-/170/250
13.2 mm
三式機銃
1230機首0/170/170/-/260
機関砲20mm
九九式二号機関砲
2250翼内0/70/70/70/100

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
7.7 mm
九七式機銃
既定T/AI.Ball
AP/AP/I
1097433
汎用T/AP/AI/AP1097433
曳光弾T/T/T/AP1097400
ステルスI/AP/AP
AP/IAI
1097433
 
武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
13.2 mm
三式機銃
既定T/AP/AP/IAI2727181333
汎用AP-I/API-T/IAI/IAI2625161233
地上目標AP-I/AP-I/API-T/IAI2625161233
ステルスAP-I/AP-I/IAI2625161233
 
武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
20 mm
九九式二号機関砲
既定T/FI/FI/AP-I2420161052
汎用HEF-T/HEF/HEF/AP-I2420161052
地上目標AP-I/AP-I/AP-I/AP-I/HEF/HEF-T2420161052
曳光弾HEF-T222222
ステルスHEF/HEF/HEF/AP-I/AP-I2420161052

追加武装


名称
種類


影響【AB/RB&SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B60kg
九七式六番陸用
2-10.8/-12.2-1.5/-1.5+0.6/+0.930爆弾追加 60kg×2合計搭載量
120kg
(爆薬量50.6kg)
B250kg
九九式二五番陸用爆弾
1-19.4/-21.6-2.9/-2.9+1.3/+1.970爆弾追加 250kg合計搭載量
253kg
(爆薬量114.4kg)

爆弾

名称重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最大貫通力
(mm)
装甲車両
破壊距離(m)
非装甲車両
破壊距離(m)
九七式六番陸用爆弾6025.380369
 
名称重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最大貫通力
(mm)
装甲車両
破壊距離(m)
非装甲車両
破壊距離(m)
九九式二五番陸用爆弾253114.4997118

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理1,700***
ラジエーター
7mm弾薬ベルト
13mm弾薬ベルト
IIコンプレッサー1,900***
機体
新しい7mm機関銃
新しい13mm機関銃
III主翼修理2,200***
エンジン
20mm弾薬ベルト
爆弾追加 60kg×2
IVインジェクター交換2,800***
カバー交換
新しい20mm機関砲
爆弾追加 250kg

カモフラージュ

クリックで表示

既定
File not found: "shot 2016_0.03.07 19.36.11.jpg" at page "A6M5 otsu"[添付]
条件-
説明標準スキン

研究ツリー

前機体A6M5
派生機体A6M5 Hei
次機体---
 
 

解説

特徴

五二型丙の実装とその評価の総合的な低さからか、本機を多く使うユーザーが増えた。そのため修理費が元々に設定された額の二倍以上になっており、高額な修理費を払うことになる。
機首右の7.7㎜と引き換えに得た三式13.2㎜銃は1丁ながら高貫通を誇り、とりわけ焼夷効果が高くそれなりの恩恵に与れる。ただし弾数は230発しかなく、火力としては決定的な物では無い。
正面の防弾ガラスは傾斜付きの45㎜、さらに搭乗員席の後背と座面に13㎜の装甲が配置され、防御面も向上している。しかしこのランク帯でマッチングする敵機は軒並み大火力を備えているため、これまで同様に被弾しない立ち回りが重要になる。
ただし、このような改良の影響で、無印五二型より大きく速度が低下した。
半面、降下時の速度の乗りとズーム時の速度保持はほんの少し改善した。

立ち回り

【アーケードバトル】
支配マップなど格闘戦が起こりやすい場合のマップは、持ち前の運動性能と無印五二型に比べて増加した火力を生かして撃墜を取ることは容易だろう。
だが概要で記したようにパイロットシートの後背と座面に13mmの装甲装甲と風防前方に傾斜付きの40mm防弾ガラスが備えられているとはいえ被弾に弱い為、非常に慎重な戦い方が求められる。
例え20粍機銃の弾数が切れたとしても強力な13粍があるので諦めてはいけない。
弾薬ベルトは7.7粍はお好みで、13粍は地上目標。20粍は汎用かステルスベルトがオススメ
撃墜されたり機体破損すると3,000SL以上も取られてしまうので注意。

 

【リアリスティックバトル】
落ちたとはいえ連合軍機を圧倒的に上回る旋回性能、上昇した急降下耐性、火力、機体の軽さからくる低空域(大体6,000mまで)での比較的良い上昇力により、開幕である程度の高度優位を取り、低空の敵が多い場合低空の味方のカバーを、高高度に敵が多い場合その殲滅を心がけるようにすれば自然と勝率も上がり、現状目を見張る額の修理費も問題ではないと思える日が来る、、、かもしれない。
離陸後は240km/hの速度を維持できるように上昇角を調整しながら敵方向へ向かい中高度を制圧する。
前述した旋回性能により格闘戦はもちろんだが、攻撃の回避もやりやすいため、常に自分の周りの敵の動きを確認することが被撃墜を減らす一番いい方法である。
また最近は基地のものでもないAIが操作する対空砲などの精度が上がっているため、燃えやすい本機は迂闊に近づかない方が懸命かもしれない。
弾薬ベルトは7粍なら汎用13粍は地上目標で20粍は曳光弾ベルトあたりがいいだろう。
手動エンジン管制(MEC)を行なう場合、混合比は72%でペラピッチ最大、過給機ギア切換え高度はスロットル100%なら4,000m、WEP状態なら3,400mあたりで良いだろう。

 

【シミュレーターバトル】
無印五二型よりも一つ上のランク帯に入れられるので、より遅い機体でより速度の出る敵機を相手にせねばならず、降下角度、突入タイミングもシビアになって来る。焦って緩降下したのでは、追いつけずエネルギーを只失う恐れがあるので、じっと我慢して観察し、最適な突入タイミングになるまで高度を維持してゆく事も肝要だ。
このBR帯ではF8Fベアキャット等の旋回戦・一撃離脱両方が得意な戦闘機も登場し、こうした敵はエンジンパワーを利してエナジーファイトを展開して来る。上昇する機体を安易に追いかける事のないようにしたい。
格闘戦の技術もより高いものが要求される。零戦の機動力を限界まで引き出せるよう、操作系のセッティングを見直してみてはどうだろうか。

史実

翼内主武装のベルト給弾式の九九式二〇粍二号固定機銃四型の生産が捗らない為、三菱と中島における五二型の兵装強化案は異なる物となった。生産機の全てが二号四型銃を装備する事となった三菱製と比べて中島で四型銃を装備する機体は月産50機と限られた。

そのため、代わりに中島機は機首右舷の武装を三式十三粍固定機銃一型に換装される事が決定された。これら暫定的な構想は、昭和18年度中に三菱における零戦の生産を段階的に縮小し、局地戦闘機「雷電」の生産を増幅する方針の元決定されたが、昭和19年春の雷電の性能不振と振動問題対策のため、三菱製五二型の生産が再度増産に切り替わった事から、これらの改修はひとまず三菱製五二型に実施される事になった。

量産途中に逐次実施された改良点では、第一風防内側への45mm厚積層防弾ガラスの装備が6月生産の第5054号から、8月生産の第5184号から胴体下の懸吊装置が変更され統一増槽三型となり、プロペラピッチ角の変更とそれに伴うプロペラスピナーの大型化が有った。また、引き起こし時に皺が寄るため、10月の第5404号(乙型第364号)から胴体側方外板が0.5mmから0.8mmへと強化された。

発動機関係では、6月と7月に生産された少数機のみが石川島製栄二一型を装備しているが、基本的に栄三一甲型を搭載している。
機体各部の変更点としては、機首右舷武装の三式十三粍固定機銃への換装に伴い、カウリング上面右側の発射口が拡大され、やや内側に寄ったほか、機銃ガス抜き孔と弾帯手入れハッチ孔が大型化した。
また、五二乙型から両主翼下面に統一増槽二型(容量200ℓ)の装備が可能とする資料が多いが、これは航空廠あるいは現地部隊の改造によるもので全機に実施された物ではなく、既存の五二型などにも実例が見られる。

更に、胴体下への四点支持式増槽は五二丙型からとする資料が多いが、機体取扱説明書の五二丙型の変更箇所には特に記載されていない事から、五二乙型の最末期から導入されていたと思われる。これは、第5559号が五二乙型と確認され、本来五二丙型として割り振られた製造番号を50機程度超過している事からも推測出来る。

生産面では、初号機は昭和19年4月に完成、6月から五二甲型と並行して生産が開始され、7月の第5155号から完全に切り替えられた。通説では製造番号5042~5511号までの計470機とされるが、先述の通り製造番号5559号の機体が確認されており、50機程度生産予定を超過している。尚、中島での生産はされていない。
なお、本機と五二甲型の制式採用年月は昭和19年10月であり、それまでは文書上「五二型」として扱われていた。

実戦においては、特攻出撃を含め、サイパン・テニアン島、比島などの各前線などに多数が投入されたほか、本土防空にも活躍している。

余談ではあるが、映画「雷撃隊出動」に本機を主力とした六五三空の新品の前線機が大量に出演しており、駐機中のずらりと並んでいる様子から離陸時の姿までをはっきりと観る事が出来る。レイテ沖海戦時には、胴体下に応急爆弾架を用いて二十五番爆弾を懸吊し、第三艦隊第三航空戦隊の爆戦隊主力を担った為である。(ただし、劇中の大半の機体が撮影から数か月後にはレイテ沖に散っていき、消耗してしまうのだが・・・。)

【参考文献】 零式艦上戦闘機―永遠の名戦闘機ゼロファイターの全貌 「丸」編集部
     図解 零戦 「丸」編集部
     世界の傑作機スペシャルエディション Vol.6 零式艦上戦闘機  文林堂
     日本海軍零式艦上戦闘機―名機〈ゼロ戦〉を徹底分析する 野原茂
    月刊「丸」2017年 10月号 「丸」編集部

小ネタ

ちなみに、排気管の直ぐ後ろに不自然な汚れが付いているように見える部分があるが、これは排気熱による機体のダメージを防ぐための耐熱板である。五二型は派生型も含めて全てにこれが装備されているのだが、機体色との差が大きい乙型ではくっきりと見えてしまっている。

過去の修正

クリックで表示

A6M5b/零式艦上戦闘機五二型乙

解説

 一つ前の零戦五二型の派生改良型で、プレミアムツリーの52型甲に引き続き20mmの携行弾数が各砲25発増えている。機首右舷側の機銃が13.2mm機銃に換装されており、52型に比べて武装の強化が図られている。
13.2mm機銃は1門と言えど7.7mm機銃に比べ、焼夷弾の効果が高い等それなりに恩恵を受けることができるが、弾数は240発で7.7mm機銃よりも早く弾切れを起こすなど決定的なものではない。
消火装置やパイロットの防弾などの機体の防御も向上している。だが、マッチングする敵機のほとんどが20mm機関砲のような大口径砲を多数備えており、被弾すればアメリカ機のような頑丈な機ですら致命的なものになることが多い。これまでの零戦、引いては他の日本機同様に被弾しない立ち回りをしていくことが重要になっている。
機体の性能は52型と殆ど変わらず、零戦全体で見ても僅かに速い代わりに22型などと比べれば旋回性能がやや低下しており、特に速度性能は他tier4の機体と比べて致命的ともいえるほど低速である。
支配マップなど格闘戦が起こりやすい場合は、持ち前の運動性能を生かして撃墜を取ることは容易だろう。だが上記したように被弾に弱い為、非常に慎重な戦い方が求められる。

ちなみに排気管の直ぐ後ろの不自然な汚れが付いている部分は排気熱による機体を防ぐための耐熱版で52型は派生型も含めて全てにこれが装備してあるが乙型が最も色が機体の深緑と離れているのでくっきりとその形を見ることができる。

、この機体を乗り越えると、晴れて紫電改が購入可能となる。

機体情報(Ver 1.41.29.31)

アーケードバトル

アーケードバトル

基本情報

ランクIV
バトルレーティング4.7
愛称・通称零戦52乙型
分類艦上戦闘機
必要研究値(RP)75,000
機体購入費(lions)250,000
乗員訓練費(lions)110,000
予備役(eagles)40
護符(eagles)1,500

報酬・修理

項目初期最終形
リワード(%)100
研究値ボーナス(%)+66
最大修理費(lions)3,590*

機体性能

項目初期最終形
最高速度(km/h)543*
(高度6,000m時)
最高高度(m)10,900
旋回時間(sec)20.0*
上昇速度(m/s)7.9*
離陸滑走距離(m)292
毎秒射撃量(kg/s)3.97

※追加武装の影響は含まない

武装

固定武装

種類名称口径
(mm)
門数搭載弾薬数搭載箇所
機銃type 897.71500機首
type 313.21230機首
機関砲type 99 mk 2202250翼内
 

追加武装

搭載条件種類名称重量
(kg)
搭載数影響購入費用
(lions)
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
9 in (mod30)BNavy Type 97 Number 6 ground bomb602-14-2.6+0.640

弾薬

固定武装弾薬

口径
(mm)
名称内訳購入費用
(lions)
搭載条件
機銃DefaultT/AI/Ball/AP/AP/I--
UniversalT/AP/AI/AP7Offensive
7.7 mm belts
TracersT/T/T/AP7
StealthI/AP/AP/AP/AI10
DefaultT/AP/AP/AP-I-
UniversalAP-I/API-T/IAI/IAI40Offensive
13.2 mm belts
Ground targetsAP-I/AP-I/API-T/IAI40
StealthAP-I/AP-I/IAI70
機関砲DefaultT/FI/FI/AP-I--
UniversalHEF-T/HEF/HEF/AP-I80Offensive
20 mm belts
Ground targetsAP-I/AP-I/AP-I/AP-I/HEF/HEF-T80
TracersHEF-T80
StealthHEF/HEF/HEF/AP-I/AP-I120

機体改良

段階改良項目必要RP価格前提条件
IFuselage repair**-
Radiator**-
Offensive 7.7 mm belts**-
Offensive 13.2 mm belts**-
IICompressor**-
Airframe**-
New 7.7 mm MGs**Offensive 7.7 mm belts
New 13.2 mm MGs**Offensive 13.2 mm belts
IIIWings repair**-
Engine**-
Offensive 20 mm**-
9 in (mod30)**-
IVEngine injection**-
Cover**-
New 20 mm cannons**Offensive 20 mm belts

研究ツリー

前機体A6M5
次機体N1K2-J

リアリスティックバトル

リアリスティックバトル

基本情報

ランクIV?
バトルレーティング5.3?
愛称・通称零戦52乙型
分類艦上戦闘機
必要研究値(RP)110,000
機体購入費(lions)380,000
乗員訓練費(lions)110,000
予備役(eagles)50
護符(eagles)1,500

報酬・修理

項目初期最終形
リワード(%)350
研究値ボーナス(%)+66
最大修理費(lions)25,920*

機体性能

項目初期最終形
最高速度(km/h)533*
(高度6,000m時)
最高高度(m)10,900
旋回時間(sec)20.2*
上昇速度(m/s)9.4*
離陸滑走距離(m)292
毎秒射撃量(kg/s)3.97

※追加武装の影響は含まない

武装

固定武装

種類名称口径
(mm)
門数搭載弾薬数搭載箇所
機銃type 897.71500機首
type 313.21230機首
機関砲type 99 mk 2202250翼内
 

追加武装

搭載条件種類名称重量
(kg)
搭載数影響購入費用
(lions)
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
9 in (mod30)BNavy Type 97 Number 6 ground bomb602-14-1.8+0.740

弾薬

固定武装弾薬

口径
(mm)
名称内訳購入費用
(lions)
搭載条件
機銃DefaultT/AI/Ball/AP/AP/I--
UniversalT/AP/AI/AP7Offensive
7.7 mm belts
TracersT/T/T/AP7
StealthI/AP/AP/AP/AI10
DefaultT/AP/AP/AP-I-
UniversalAP-I/API-T/IAI/IAI40Offensive
13.2 mm belts
Ground targetsAP-I/AP-I/API-T/IAI40
StealthAP-I/AP-I/IAI70
機関砲DefaultT/FI/FI/AP-I--
UniversalHEF-T/HEF/HEF/AP-I80Offensive
20 mm belts
Ground targetsAP-I/AP-I/AP-I/AP-I/HEF/HEF-T80
TracersHEF-T80
StealthHEF/HEF/HEF/AP-I/AP-I120

機体改良

段階改良項目必要RP価格前提条件
IFuselage repair**-
Radiator**-
Offensive 7.7 mm belts**-
Offensive 13.2 mm belts**-
IICompressor**-
Airframe**-
New 7.7 mm MGs**Offensive 7.7 mm belts
New 13.2 mm MGs**Offensive 13.2 mm belts
IIIWings repair**-
Engine**-
Offensive 20 mm**-
9 in (mod30)**-
IVEngine injection**-
Cover**-
New 20 mm cannons**Offensive 20 mm belts

研究ツリー

前機体A6M5
次機体N1K2-J

シミュレーターバトル

シミュレーターバトル

基本情報

ランクIV?
バトルレーティング5.3?
愛称・通称零戦52乙型
分類艦上戦闘機
必要研究値(RP)110,000
機体購入費(lions)380,000
乗員訓練費(lions)110,000
予備役(eagles)50
護符(eagles)1,500

報酬・修理

項目初期最終形
リワード(%)360
研究値ボーナス(%)+66
最大修理費(lions)21,800*

機体性能

項目初期最終形
最高速度(km/h)533*
(高度6,000m時)
最高高度(m)10,900
旋回時間(sec)20.2*
上昇速度(m/s)9.4*
離陸滑走距離(m)292
毎秒射撃量(kg/s)3.97

※追加武装の影響は含まない

武装

固定武装

種類名称口径
(mm)
門数搭載弾薬数搭載箇所
機銃type 897.71500機首
type 313.21230機首
機関砲type 99 mk 2202250翼内
 

追加武装

搭載条件種類名称重量
(kg)
搭載数影響購入費用
(lions)
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
9 in (mod30)BNavy Type 97 Number 6 ground bomb602-14-1.8+0.740

弾薬

固定武装弾薬

口径
(mm)
名称内訳購入費用
(lions)
搭載条件
機銃DefaultT/AI/Ball/AP/AP/I--
UniversalT/AP/AI/AP7Offensive
7.7 mm belts
TracersT/T/T/AP7
StealthI/AP/AP/AP/AI10
DefaultT/AP/AP/AP-I-
UniversalAP-I/API-T/IAI/IAI40Offensive
13.2 mm belts
Ground targetsAP-I/AP-I/API-T/IAI40
StealthAP-I/AP-I/IAI70
機関砲DefaultT/FI/FI/AP-I--
UniversalHEF-T/HEF/HEF/AP-I80Offensive
20 mm belts
Ground targetsAP-I/AP-I/AP-I/AP-I/HEF/HEF-T80
TracersHEF-T80
StealthHEF/HEF/HEF/AP-I/AP-I120

機体改良

段階改良項目必要RP価格前提条件
IFuselage repair**-
Radiator**-
Offensive 7.7 mm belts**-
Offensive 13.2 mm belts**-
IICompressor**-
Airframe**-
New 7.7 mm MGs**Offensive 7.7 mm belts
New 13.2 mm MGs**Offensive 13.2 mm belts
IIIWings repair**-
Engine**-
Offensive 20 mm**-
9 in (mod30)**-
IVEngine injection**-
Cover**-
New 20 mm cannons**Offensive 20 mm belts

研究ツリー

前機体A6M5
次機体N1K2-J

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

[Video]Pages of History: A6M Zero

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)


*1 爆薬量はTNT換算