F3H-2

Last-modified: 2020-06-20 (土) 18:06:24

アメリカ RankVI ジェット戦闘機/海軍航空機 F3H-2 Demon

F3H.jpg

概要

Ver1.99で実装された、米空ランクⅥの艦上ジェット戦闘機。F2Hバンシーの後継機でもある。
艦隊防空から対地攻撃まで広範な運用を目的として設計され、纏まった性能に多彩な兵装を併せ持つ。
ちなみに、本機を拡大発展させた機体がかの有名なF-4 ファントムIIである。一目見てピンと来た人は鋭い。(見比べるとスタイルが似ている。)

機体情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)***
機体購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング*** / *** / ***
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)***⇒*** / ***⇒***
(高度***m時)
最高高度(m)***
旋回時間(秒)***⇒*** / ***⇒***
上昇速度(m/s)***⇒*** / ***⇒***
離陸滑走距離(m)***
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)***
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h, (着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

レーダー

航空機用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
索敵レーダー〇/×**/**/**
測距レーダー〇/×***
追跡レーダー〇/×***
火器管制装置〇/×***
敵味方識別装置〇/×***
捜索中追尾〇/×***
レーダー警報装置〇/×-

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/ステルス
機銃***mm
△△△
****△△△**/**
機関砲***mm
△△△
****△△△**/**
機銃
(単装)
***mm
△△△
****△△△**

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

追加武装


名称
種類


影響【AB/RB&SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B**lb
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lb
(爆薬量**kg)
B**kg
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
T**kg
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****投下可能速度
0-**km/h
投下可能高度
0-**m
R**mm
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****重量**kg
G**mm
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****搭載弾薬数
**
搭載時の
毎秒射撃量
**kg/s
R

B
**mm
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****重量**kg
**kg
△△
*合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)

爆弾

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ロケット

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ミサイル

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

魚雷

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ガンポッド

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体
派生機体
次機体
 
 

解説

特徴

A/Bと前縁スリット、更にレーダーFCSを備えた単発機ながら至れり尽くせりの海軍ジェット機。前任のF9F-8との違いはBRが現していると言っても過言ではない進化を果たしている。具体的にはまずA/Bの装備でネックあった加速力が劇的に改善されていることと、測距レーダーが捜索/追尾レーダーとなっているために索敵能力も同様の進化を遂げたことだ。機動力は未改修ではそれなりにもっさりしているが、改修が済む頃には今までの海軍ジェットの不満点を一気に解消してくれる機動性を発揮してくれるだろう。

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
待望の(?)A/Bつき亜音速艦上ジェット戦闘機である。A/B使用時は例によって燃料をドカ食いするため、安心して目一杯使用したいなら最低でも30分の燃料を搭載しようが、フル改修なら地の推力が段違いであるため現行のMAPと環境であれば20分で十分。また、亜音速とはいえ急降下で音の壁を突破することは容易にでき、なおかつ舵ロックも少々なため引き際さえ気をつければMiG15・17といった東側機からも逃げやすい。あわよくばマニューバキルも狙える。フラップの性能と耐性も優秀で、通常では曲がりきれないような場面でも一度戦闘フラップを展開すれば短時間とはいえF-86F-40に近い旋回性能を発揮する。耐性は(フル改修が前提であるが)、音速突破を含むエネルギー過剰状態でなければ戦闘フラップは基本的に折れないと考えてよい。しかしながら、仮に何らかの原因で片方でもフラップが破損する*2と、展開状態のままでは謎の制御不能状態に陥る。この場合、姿勢変更が不可能になるので警戒しよう。低高度だとそのままあっけなく墜落してしまうので厳重に。

 

空対空戦闘においてはいつも通り迂回上昇で高度を取り、狙うべき敵を見極めて一撃離脱と格闘戦を使い分けること。ここまで進めてきたプレイヤーであればもうどうすべきかは身に沁みて理解できているはずだ。特筆するとすればエンジンモジュールがかなり大きいことで、少々の被弾が飛行性能の低下に繋がりやすい。当然だが、いくら優秀だからといって4機の中に単騎掛けするような無謀な突撃をしていては、本機に見合った戦果は望めないだろう。

 

武装面は固定機銃が20mm コルト mk.12 x4である*3。対空戦闘ではこれにAIM-9B x4を搭載できる。機銃は例によって未改修ではアサルトでも苦労する集弾性と過熱であるので、懐に余裕があればGEで銃砲までは終わらせてしまおう。対地攻撃では各種ロケット・爆弾が豊富に扱えるが、特徴的なのが3000lb Mk.118 demolition bomb(解体爆弾)である。平たく言えば1.5t爆弾であるが、英米に限れば戦中イギリスのドラム缶爆弾以外に単発でこれだけの加害を齎す爆弾は存在しない。加えて、ドラム缶爆弾は限られた機種、それも一部爆撃機でしか運用できなかったため(ゲーム的に)活躍の機会に乏しかったが、本機で運用できる3000lbは機体性能と相まって活用の場面がぐっと広がっている。AAMとの混載も可能だが、重量ゆえに最大でも1発しか搭載できず、また本機があくまでも単発・亜音速ジェット戦闘機であるために搭載時に空対空戦闘はほぼ不可能となる*4。戦況と使い所を見極め、文字通り敵を解体するために放り投げてやろう。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

マクドネル社(現マクドネル・ダグラス社)が開発した、単発艦上ジェット戦闘機。愛称はディーモン(デーモン)。ことの発端は前任であるF2Hバンシーの予想外の高性能に調子に乗った気を良くした当時のアメリカ海軍が、空軍機に匹敵する性能の艦載機を求めて発注したのがきっかけ。後縁の後退角が浅い後退翼を低翼配置とし、エアインテークをコクピット両脇、さらに主翼折りたたみ機能を備えた機体になった。試作機とF3H-1Nの中期ロットまではエンジンに纏わる不具合のために悪評がつきまとったが、エンジン換装後の生産機からはそれも解消されている。本ゲームで実装されているF3H-2は最終生産型であり、各種爆装の考慮や全天候能力の強化、FCS換装によるスパローやサイドワインダーの運用能力を付与された機体である。

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 F3H-2/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 条件は不明だが、M0.8以降で旋回すると自機の高度に関わらず謎のフラップ破壊が起こることがある。
*3 現バージョンでは、他のイスパノ系機関砲同様にスパーク率がやや高めであることに留意
*4 AAMと混載した場合、イタリアのRe.2005 serie 0と同じような搭載方法になるため、重量負荷のみならず重心がずれるため