IPM1

Last-modified: 2021-11-21 (日) 02:15:31

アメリカ RankVI 中戦車 IPM1

履帯モデル更新前

概要

1.81"The Valkyries"で追加されたアメリカRankVI MBT。1台前のM1 Abramsの装甲強化型であり新型砲弾を使用することができるようになった。見た目はあまり変わらない。

車両情報(v2.3)

必要経費

必要研究値(RP)250,000
車両購入費(SL)690,000
乗員訓練費(SL)200,000
エキスパート化(SL)690,000
エース化(GE)2,100
エース化無料(RP)1,010,000
バックアップ(GE)60
護符(GE)2,700

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング10.3 / 10.3 / 10.3
RP倍率226
SL倍率1.2 / 1.3 / 1.4
最大修理費(SL)4,200⇒6,631 / 4,300⇒6,789 / 4,800⇒7,579

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)38.1⇒75.3 / 23.8⇒40.0
俯角/仰角(°)-10/20
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
6.5⇒5.0
スタビライザー/維持速度(km/h)二軸 / 75
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
133 / 62 / 31
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
133 / 133 / 12
船体崩壊
重量(t)55.3
エンジン出力(hp)2,058⇒2,898 / 1,343⇒1,519
3,000rpm
最高速度(km/h)75 / 68
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
視界(%)82
乗員数(人)4

光学装置

倍率暗視装置種類世代
IR投光器---
車長----
砲手3.0x-10.0x熱線第一
操縦手1.0x赤外線-

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
主砲105mm M68A1 cannon155210
機銃12.7mm M2HB machine gun11,000-
機銃7.62mm M240 machine gun211,400-

弾薬*1

搭載武装解説ページを開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
105 mm
M68A1
M456A2HEATFS10.51.271173400
M833APFSDS3.7-1485395392387381375369
M900APFSDS3.85-1505522519513504495486
M393HESH14.854.3732127
M416Smoke11.40.057300

車両改良

解説ページを開く

Tier名称開発費(RP)購入費(SL)
I履帯******
修理キット***
砲塔駆動機構***
M393A2
M833
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器***
火砲調整***
M416
煙幕弾発射機
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
M774
NVD(暗視装置)
IV変速機******
エンジン
エンジンスモーク
砲撃支援
Laser rangefinder
M900

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両M1 Abrams
派生車両
次車両M1A1 Abrams
 

解説

特徴

概要欄にもあるように、M1 Abramsの装甲改良型。M900 APFSDSを新規に使用可能となっている。

 

【火力】
主砲自体はM1と同型のM68A1 105mm砲を搭載しているが砲弾は貫通力が10.0不相応に低かったM774から成長し、500mmを超える貫通力を持つM900砲弾を使用可能になった。これは同格トップクラスであり、ソ連戦車相手でも貫通しやすくなった。
他の砲弾や搭載弾数、装填時間などは変わらず。貫通力を他国より短い装填時間でさらに活かすことが重要。

 

【防御】
装甲はM1に比べて砲塔正面の防御力が大幅に向上しており砲手側は460~470mm、装填手側はなんと520~530mmとなっておりハルダウンしていれば120mmDM33ですら防ぐことができる。他にもブローオフパネルや優秀な車内配置が相まって10.0としては頭ひとつ抜けた生存性と耐久性を誇る。ただし首は相変わらず弱い...

 

【機動性】
エンジンは据え置きで、重量もM1に比べ約1tの増加に留まっておりほぼその差を体感することは無い、フランスのLeclercと同等の出力重量比でありとても優秀だと言える。

 

【総評】
M1から火力と装甲が強化された順当進化形。M1に比べて格段に装甲が強化されているためハルダウン以外に限らずさまざまな場面でも多少強引な扱いができるようになった。

 

史実

ソ連軍戦車の搭載する高速徹甲弾の直撃に対して既存のM1の複合装甲では不十分であるという報告を基に、M1A1戦車の生産開始までの繋ぎとして、砲塔部の装甲が強化されたM1の暫定改良型。1984年から86年までに894両が生産され、サスペンション系統や車体側面装甲の改修も加えられた。 M1A1もIPと同じ装甲厚だが、それでも足りなかったため、M1A1 HAからは複合装甲に劣化ウランを組み込んで強化している。

M1シリーズ装甲まとめ

M1IPM1/M1A1M1A1 HAM1A2M1A2 SEP
車体(対KE)400mm490mm590mm625mm625mm
車体(対CE)700mm800mm800mm1050mm1050mm
砲塔(対KE)400mm450mm680mm900mm960mm
砲塔(対CE)700mm920mm1320mm1620mm1620mm
重量(t)54.4557.15(M1A1)61.5162.1063.28

小ネタ

本車はVer1.99後のパッチによりM1共々砲塔装甲のBuffを入れられ今のような装甲になった。しかしM1A1はこのBuffが入らず据え置きであったため改造元より柔らかい改造型が爆誕することとなってしまった。(IPM1砲塔右側:430mm,左側:460mm)(M1A1右側:410mm,左側:440mm)
Ver2.3現在両者ともこの数値より強化されこの状態は是正された。

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)


*1 爆薬量はTNT換算