Top > M4 Tipo IC


M4 Tipo IC

Last-modified: 2019-10-31 (木) 10:12:53

イタリア RankIII 中戦車 M4 Tipo IC Composito Edit

TOP.jpg

概要 Edit

1.85で追加されたイタリアの中戦車、細かい違いこそあるが基本的な性能はSherman Fireflyとほぼ同じ。
WarThunderのシャーマンシリーズでは初実装となるハイブリッド(コンポジット)型車体でもある。

車両情報(v1.93) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)46,000
車両購入費(SL)170,000
乗員訓練費(SL)49,000
エキスパート化(SL)170,000
エース化(GE)630
エース化無料(RP)440000
バックアップ(GE)30
護符(GE)1,400

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング4.7 / 4.7 / 4.7
RP倍率1.6
SL倍率165 / 225 / 240
最大修理費(SL)1,890⇒*** / 2,340⇒*** / 2,050⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)22.8⇒42.5 / 14.3⇒22.6
俯角/仰角(°)-5/25
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
7.6⇒5.9
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 38 / 38
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
76 / 50 / 63
重量(t)31.5
エンジン出力(hp)620⇒763 / 354⇒400
2,400rpm
最高速度(km/h)42 / 38
実測前進~後退速度(km/h)42 ~ -5 / 37 ~ -5
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)107
乗員数(人)5

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲76.2mm QF 17ポンド砲77
機銃12.7mm M2HB機関銃750
機銃7.62mm L3A1 machine gun5000

弾薬*1 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
Mk.6 AP弾AP7.710883171168155139126113
Mk.1 HE弾HE6.985808839
Mk.4 APC弾APC7.71088317116815513912611360
Mk.8 APCBCAPCBC7.71088319018717215514012660
17pdr Shell SS Mk.1煙幕8.445075430

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯20003900
修理キット
Mk.4 APC弾
砲塔駆動機構
IIサスペンション18003500
ブレーキシステム
手動消火器
Mk.8 APCBC
火砲調整
IIIフィルター34006600
救急セット
昇降機構
IV変速機33006400
エンジン
砲撃支援
17pdr Shell SS Mk.1

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両P40
次車両M26A1
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

本家イギリスのSherman Fireflyとの違いは、
エンジンが多少強化・車体がハイブリッド型(車体正面が鋳造延鋼装甲、側面が均質圧延鋼装甲)
乗員が5名(1.85現在スペック表では4名と表示されているアップデートで修正され正しい人数になった)

 

【火力】
貫徹力不足に悩まされていた今までのイタリア中戦車とは違い英国生まれの17ポンド砲は高い貫徹力を誇る。代償に弾頭炸薬が無く貫通時の破片こそ多いものの着弾点から円錐状に広がっていくため、今までの抜ければ全周囲に一撃or致命的な被害を与える大炸薬量の徹甲榴弾とは違った運用法が必要になる。また長砲身のためか停車時の揺れが大きいので飛出し撃ちは苦手。腕に自信がなければ相手が出るのを待つべき。最悪近くの格上相手がこちらを見てるときは砲手がいる側の砲塔を撃てば助かるかもしれない。(基本的に日独は向かって右側、米ソは左側に砲手がいる。例外もいるので覚えよう)

 

【防御】
同格・格上には易々と撃ち抜かれ格下相手でも油断はできない。あまり装甲面は期待しないほうが良い。
車体がイギリスツリー版と異なり無印M4と同じものになっているが、BRを考えると大差ないであろう。

 

【機動性】
他国の同格中戦車達と比べてもあまり速いとは言えない。
車体同様エンジンもイギリスツリー版と異なり無印M4と同じものになっているが、良くも悪くも明確な差は感じられないだろう。ABなら開幕の旗取りができなくない程度の機動性はある。

 

史実 Edit

見ての通り、イタリア陸軍に供与されたシャーマンⅠCである。

WW2終了後、イタリア陸軍再建のためとして同じく連合国であった*2イギリスから供与されたものがモデルと思われる。そのため史実的には「設計のみWW2戦中・実戦配備は戦後」となる機体でもある。
このあとイタリア陸軍はM26A1パーシングM47パットンの供与を受け、そしてレオパルト1の開発に参加したりOF-40C1アリエテを試作・量産するなどして「自国による戦車の確保」を目指し・実現することとなる。

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 爆薬量はTNT換算
*2 より正確に言えば「イタリア休戦の際に枢軸派(ドイツ派)と連合派に分裂・内戦状態になり、最終的に連合派イタリアが勝利した」