M60 AMBT

Last-modified: 2020-07-24 (金) 17:08:50

アメリカ RankVII 中戦車 120 mm Gun Tank M60A3 SLEP

M60_AMBT.jpg

概要

2020年7月1日~20日に行われた世界対戦モード“Road to the West”において所定の条件を満たしStarを8個集めることにより入手出来た車両。モードに参加しなくとも期間中は7992GEで入手可能である。

車両情報(v1.99)

必要経費

必要研究値(RP)-
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング10.0 / 9.7 / 10.0
RP倍率2.32
SL倍率1.3 / 1.5 / ***
最大修理費(SL)6,340⇒*** / 5,530⇒*** / ***⇒***

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)38.1⇒**.* / 23.8⇒40.0
俯角/仰角(°)-10/20
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
8.7⇒6.7
スタビライザー/維持速度(km/h)二軸/ ***
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
108 / 70 / 25
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
230 / 49 / 57
船体崩壊
重量(t)54.5
エンジン出力(hp)1,860⇒*** / 1,061⇒1,200
2,400rpm
最高速度(km/h)64 / 58
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / 46 ~ -13
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)151
乗員数(人)4
 

レーダー

なし

暗視装置

有無種類
赤外線投光器-
車長赤外線
砲手熱線
操縦手赤外線
双眼鏡赤外線
三人称視点赤外線

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
(SL)
主砲120 mm M256 cannon140610
機銃25 mm LW25 cannon1300-
機銃12.7 mm M85 machine gun1900-
機銃7.62 mm M240 machine gun15950-

弾薬*1

搭載武装解説ページを開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
120 mm
M256 cannon
M830HEAT-FS13.12.361140480
KE-WAPFSDS4.0-1585583579569556542528

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯20,000***
修理キット6,000
砲塔駆動機構20,000
IIサスペンション17,000***
ブレーキシステム
手動消火器5,100
砲火調整17,000
IIIフィルター15,000***
救急セット
昇降機構
KE-W
煙幕弾発射機
IV変速機19,000***
エンジン
追加装甲
Laser rangefinder
NVD(暗視装置)

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

オリジナル車両M60A3 TTS
 

解説

特徴

 

【火力】
本車は言わば火力だけにステータスを振った車両である。M60の車体でありながらM1A2 Abrams等と同じM256 120mm砲を搭載し、更に砲弾は491mm貫徹であったM829 APFSDSから583mm貫徹を発揮するKE-Wへと進化している。ただし装填速度は120mm標準の最短6.0sでは無く種車と同じ6.7sであるため隙が大きくなっている。
砲塔上部搭載の25mm機関砲は、独のKPz-70と同様に単独で照準操作【スナイパーモード】が可能になっている。武装選択キーの【機関銃を選択】のキーを押す事で使用が可能だ。正し、一度目は車長キューポラのM2になる為、計二回【機関銃を選択】のキーを押す必要がある事に注意してほしい。これにより、稜線から25mmのみを出し、そこから照準操作【スナイパーモード】する事によって、正確に敵戦車の砲身や履帯など狙っての破壊可能である。また、対空射撃にも活用することが出来る。

 

【防御】
薄い。とにかく薄い。改造元であるM60A3ですらAPFSDS飛び交う戦場では期待の出来ない装甲をしていたが本車はそれに僅かな増加装甲が付与されただけであり、10.0のMBTとして見ると極端に薄くなっている。
また、車高が高いため被弾面積も大きく、当然の事ながらブローオフパネルも無いなどと防御面では相当な難点を抱えていると言える。

 

【機動性】
こちらはエンジンの換装により種車の750馬力から1,200馬力まで向上し、大幅な機動力の向上を果たした。しかし重量もそれなりに増えており出力重量比は22.0hp/tに留まっていてRankVII MBTとしては2番目に低い機動力である。(凡そArieteとChallenger2の中間)
また後退速度は13km/hまでしか出ないため退却や飛び出し撃ちの際には注意が必要となる。

 

【総評】
「火力一辺倒」様々な不満点と引き換えにとてつもない火力を手に入れた本車は初動のポジション取りから気を使わなければあっという間に乗員が気絶し、敵のスコアボックスとなり果てる繊細さもあり、今までのMBTと同様の運用をしていると戦果を挙げづらいかもしれない。
これまで以上に射線や味方との連携に配慮し、あくまで被弾面積を下げるためにハルダウンを行うなど高ランク戦場で忘れがちな「基本」を徹底することで圧倒的な最大火力を発揮できる、まさに玄人向けの逸品である。

史実

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 M60 AMBT/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算