SandBox/グラフィック設定

Last-modified: 2021-09-17 (金) 00:14:49

はじめに

ゲーム中に画面の左下に薄く「FPS:60」という表示があることをご存じだろうか。
これはゲーム画面を1秒間に何回更新しているかを表すもので、一般に数字が高ければ高いほど動きが滑らかに見えると言われている。専門用語で「フレームレート」と呼ばれる。
FPSとはFrames Per Secondの略である。ちなみにゲームのジャンルとしてのFPS(First-Person Shooter)も同じ略語である。
例えば、テレビ(地上波)のフレームレートは29.97fps、映画は24fps、Youtubeで画質を選ぶ時に「1080p」だと30fps、「1080p60」だと60fpsになる。
一般にパソコンのモニターは一秒間に60回画面を更新するので、FPSを60に合わせると最もなめらかに見えると言える。60fpsを超えても余った分は描画されないと思ってよい。
また一般に画質(グラフィック設定の意)を上げるとFPSは下がる傾向にある。つまり、画質に拘るとFPSは下がり、画質を捨てるとFPSは上がる。
このページでは、自分のパソコンのスペックや消費電力と相談しながら、FPSを60に近づけるのが目的になる。

このページの読み方

コメント欄

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントアウト