Top > フィールド > 抜け殻
HTML convert time to 0.004 sec.


フィールド/抜け殻

Last-modified: 2017-03-16 (木) 19:30:34

ヘビやセミなどが脱皮を行った後、その場に残される古い皮膚や甲殻など。
「脱け殻」と書く場合もある。

概要 Edit

  • 一部のモンスターは脱皮を行う生態を持つが、その痕跡がフィールド上にそのまま残されている場合がある。
    特に有名なのが、雪山山頂や氷海の氷山の山腹で見られる鋼龍クシャルダオラの抜け殻だろう。
  • 雪山の抜け殻には、脱皮の際にクシャルダオラが出た後と思われる亀裂があり、ここから採掘が可能。
    鉱石素材のほか、精算アイテムであるフルフルベビーが入手できる。
  • ちなみに、本来フルフルベビーは成体のフルフルが麻痺させた、生きたままの生物に産み付けられるとされる。
    しかし如何にクシャルダオラが雷属性や麻痺に弱いと言えど、
    一介の飛竜がクシャルダオラに戦いを挑み、卵を産み付けるなどという芸当が出来ようはずもない。
    ここはクシャルダオラの抜け殻にベビーが産みつけられた、
    あるいは他の場所で生まれたベビーがクシャルダオラの抜け殻に住み着いたとするのが妥当な線であろう。
    腐っても超自然の体現者たる古龍の片鱗である。抜け殻自体に何らかのエネルギーが残っているのかもしれない。
  • 生態ムービーではクシャルダオラの幻想的な脱皮シーンが見られる。
    通常脱皮する生物は、しばらくの間柔らかい体を硬くするためにどこかに隠れるのだが、
    クシャルダオラの表皮は空気に触れるとすぐに固まるらしく、隠れる必要がないようだ。
    これぞ古龍の力というべきか。
  • 氷海のエリア4の壁面にもクシャルダオラの抜け殻が見える。
    採掘は行えないが、剥がれ落ちた甲殻から採取が出来、朽ちた龍鱗さびた塊が入手できる。
  • MHXでは雪山が狩猟地として復活したため、
    氷海と併せて2つのフィールドでクシャルダオラの抜け殻が見られるようになった。
  • これら以外では、古代林のエリア10に存在するシェンガオレンの抜け殻が目立つ。
    数年ぶりにその姿を目にしたというハンターも多かっただろうが、
    まさかこんな形で再び相見える(?)事になるとは誰も想像していなかった事だろう。
    • よく見ると部分的に半透明になっているが、老山龍の頭骨を背負ったままだった事もあり、
      一時は多くのハンターから「シェンガオレンの死骸」と誤解されていた。
      その後、開発者のインタビューから正式に脱皮殻である事が語られたが、
      未だに死骸だと思っているハンターも少なくない模様。

余談 Edit

  • アイルー村では虫採りをすると、虫の抜け殻が手に入る事がある。
    本編での虫の死骸に当たるアイテムなのだが、
    流石にほのぼのとした作品の中に死骸なんて物を登場させる訳にはいかなかったのであろう。
  • MH4ではゴア・マガラが脱皮をしてシャガルマガラへと変体するムービーが挿入され、
    その後筆頭ハンターたちの調査により、遺跡平原の付近にてゴア・マガラの抜け殻が発見されたことが語られる。
    しかし、残念ながら実際にプレイヤーがフィールドに赴いてゴア・マガラの抜け殻を拝むことはできない。
    というより、ムービーを見る限りでは古い殻はバキバキと割れた後に飛び散ってしまっているので、
    単に見ないだけでなく、クシャルダオラのそれのようには残らないのかもしれない。

関連項目 Edit

モンスター/クシャルダオラ
フィールド/雪山
フィールド/氷海
アイテム/フルフルベビー