Top > 武器 > 冥刀エンクリシス


武器/冥刀エンクリシス

Last-modified: 2016-06-28 (火) 18:23:36

MH3Gに登場する、ラギアクルス希少種の素材を用いた太刀。
説明文には「大海の覇者をかたどった宝刀」と書かれているが、
どちらかというと冥海竜そのものを模した長剣といった風貌であり、
日本刀風だった原種・亜種武器とは大きく異なるデザインとなっている。





概要・性能 Edit

MH3G Edit

  • 本作最強の雷属性太刀と言っても過言ではない性能を持つ。
    具体的な性能は以下の通り。
    • 属性値300。こちらは全太刀中2位だが、
      1位は武器自体の性能が上位止まりであるため、G級武器としては事実上の1位。
    • 斬れ味レベル+1で紫ゲージ40
    これだけ見てもかなりの高スペックなのが分かるが、
    それと同時に目を引くのが白ゲージの異常な長さである。
    冥海竜の武器は、一部を除いてどれも白ゲージの長さを特徴としているが、
    この武器は冥剣雷斧エンシードと並んで特に長大な白を持つ。
  • 基本的には匠で紫ゲージを出して使うことになるが、
    高い次元で両立した攻撃力と属性値、そしてこの白ゲージの長さ(砥ぎ回数の少なさ)ゆえに
    紫ゲージを諦めて匠なしで運用しても、火力的には何ら不足がないほどである。
    業物も併用すれば、ナバルデウス亜種のような体力値の高いモンスターや、
    火竜サミットなどの三頭連続狩猟クエストすらも
    砥石を1度も使わず、最後まで白ゲージを維持したままクリアすることすら可能である。
    スロットや会心率は一切ないが、さすがにそこまでを求めるのは贅沢というものだろう。
  • 冥雷武器の例に漏れず、この武器も作成難易度は相当に高い。
    強化手段としては、鉄刀系チェーンブレイド系王刀ライキリ系→冥雷の宝刀という
    少々複雑な手順が必要になるのだが、このルートを辿ると
    角竜の骨髄雷狼竜の碧玉雷狼竜の天玉×2海竜の蒼天鱗冥海竜の雷魂と、
    多数のレア素材を使うことになる。
    冥雷の宝刀は一発生産も可能で、この場合は骨髄と碧玉が不要かつ天玉が1個で済むが、
    代わりに冥海竜の雷魂(と、部位破壊の難しい冥海竜の剛角)が1個ずつ増えてしまう。
    • 一番無難なのは王刀ライキリの一発生産から強化していく方法だろうか。
      この場合は角竜の骨髄が必要なくなり、なおかつ必要な碧玉が増えたりすることもない。
      とはいえ最終的には、素材の在庫やハンターの腕前(モンスターとの相性)次第だろうか。
  • その代わり…なのかは分からないが、ラギア希少種の武器の中では数少ない、
    獄狼竜の天玉を使わずに作成可能な武器である。
    他に必要ないのは狩猟笛とガンナー武器3種のみ。

MH4G Edit

  • 何と4Gで発掘武器として再臨した。
    生産出来るガンランス、スラッシュアックス、ライトボウガンと共に本人不在にも関わらず、
    4種類もの冥雷武器が入手出来る事になった。
    ただし、名前は単に『冥刀』のみ。まあ、こういった名前変更は他の発掘武器にも同じことが言えるが。

余談 Edit

  • MH3Gでは雷が弱点となる相手に、そしてMH4Gでは最高性能の発掘装備だった時、
    この刀(?)はまさしく『名刀』と呼べる相棒となるだろう。

関連項目 Edit

モンスター/ラギアクルス希少種
武器/雷刀ジンライ - 原種・亜種素材の太刀。
武器/ラギア武器