Top > Ki-84 hei


Ki-84 hei

Last-modified: 2019-06-11 (火) 18:18:02

日本 RankIV 戦闘機 Ki-84 hei / 四式戦闘機一型丙 疾風 Edit

shot 2017.08.12 22.17.34.jpg

概要 Edit

日本の陸軍戦闘機ツリーのランクIV戦闘機。四式戦闘機の武装違いで、機首砲をホ5・翼内砲をホ115としたタイプ。次の機体はロケット迎撃機Ki-200なので、本機がツリーにおける制空戦闘機の掉尾を飾る。

機体情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)100000
機体購入費(SL)320000
乗員訓練費(SL)90000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)60
護符(GE)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング6.7 / 6.3 / 6.3
RP倍率1.78
SL倍率1.1 / 3.5 / 4.3
最大修理費(SL)***⇒13209 / ***⇒16115 / ***⇒50044

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)663⇒723 / 652⇒692
(高度6000m時)
最高高度(m)13000
旋回時間(秒)20.5⇒18.9 / 20.8⇒19.4
上昇速度(m/s)14.2⇒26.7 / 14.2⇒17.9
離陸滑走距離(m)421
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)7.53
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機関砲20mm
ホ-5
2300機首
30mm
ホ-155
2120翼内

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳費用(SL)
20mm
ホ-5
デフォルトHEF-I/P/AP-T-
万能HEF-I/HEF-I/AP-T110
対地AP-T/AP-T/HEF-I110
曳光弾AP-T110
ステルスHEF-I/HEF-I/HEF-I/P160
30mm
ホ-155
デフォルトP/HEF/HEF-I/HEF-T-
万能HEF-T/HEF-I/HEF/PT/HEF/HEF150
対地PT/PT/HEF-T150
曳光弾HEF-T150
ステルスHEF/HEF/HEF/P230

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B50kg
九四式五十瓩爆弾
2-14.4/-16.6/-16.6-1.3/-1.3/-1.3+0.2/+0.6/+0.6409 in (mod 23)-
B250kg
二式二十五番爆弾
2-48/-51/-51-5.3/-5.3/-5.3+1.3/+2.8/+2.820012 in (mod 27)-

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理78004700
ラジエーター交換
プライマリ20mmベルト
9 in (mod 23)
IIコンプレッサー交換52008700
機体交換
新しい20mm機関砲
12 in (mod 27)
III翼修理780013000
エンジン交換
プライマリ30mmベルト
IV新しいエンジン噴射1000013000
カバー交換
新しい30mm機関砲

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体Ki-84 otsu
派生機体---
次機体Ki-200
 
 

解説 Edit

ゲーム内計測値 1.49 Edit

カスタムバトル クルスク 燃料 20:00
RB
上昇力
0-3000m 2:36 19.2m/s
0-6000m 5:20 18.7m/s
上昇角度
0-5000m 15°
5000-6000m 12°
限界速度
IAS 790km/h

特徴 Edit

 本機の最大の特徴はその火力である。乙型では20mmだった翼内砲がホ155-II 30mm砲に換装されており、機首20mm×2+翼内30mm×2の重武装となった。このホ155は30mmにしてブローニングM2と同等の砲口初速を誇り、1km越えの大遠距離射撃でも全く威力が衰えない。戦闘機は言うに及ばず、重爆相手でも容易く粉砕することが可能だ。
機体性能はこれまでの四式戦同様で、鋭い縦横の旋回、日本機随一の加速・上昇力、高いエネルギー保持率を誇る。まさしく「大東亜決戦機」の名にふさわしい機体と言えるだろう。
アップデートによりアーケードバトル時のBRが6.7に上昇した。ABにおけるレシプロ単発機としては最高BRである。(AB時、他のレシプロ機でBR6.7に当たるのはF7F-13のみ。)
また、SBで機体を全損した場合、約50000SLもの高額な修理費を要求される。赤字を出さないよう注意しよう。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
この辺りのBRではジェット機とマッチングするようになり、キルが獲れにくい上に堕とされやすい事と修理費が最大3.5万SLあるので、好んで使うのは覚悟をした上でプレイすることになる。トップマッチングでは、今迄の疾風シリーズ同等に迂回上昇をしよう。本機の特徴であるホ155は概定ベルトだと戦闘機以外は火力不足感が強いので優先的に弾薬研究開発するのをお勧めする。

 

【シミュレーターバトル】
30㎜砲 ホ-155の威力は絶大であり、爆撃機の迎撃にも非常に適した機体となった。勿論、対戦闘機にも極めて有用で、類い稀な高速弾と癖のない弾道からなる遠達性、疾風の鋭い旋回率とが合わさり、敵にはかなりの脅威となる筈だ。
弾数が120発なのでその点を考慮する事と思うが、対戦闘機の場合、もったいぶって節約するよりは偏差を十分に取り、ここだ!と思える場面である程度まとめて撃ち込んでしまおう。一発でも当ててしまえばこちらが一気に優位に立つ事ができるし、戦闘時間もなるべく短い方が望ましいからだ。
対爆撃機の場合は、一定数の30㎜をきちんと当てれば必ず撃墜できるので、早々に観測射を行ったりタップ撃ちを併用するなど、命中率を上げる様に意識すると良いだろう。
弾が尽きてしまったら、20㎜も程なくして無くなる頃なので、すぐに帰投して補給に入ろう。

史実 Edit

乙型の翼内20mm機関砲を30mm機関砲に換装した武装強化型。試作のみ。

--加筆求む--

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)