Soukou-Tei Model 1940, Soukou-Tei No.4 (1940)

Last-modified: 2020-01-09 (木) 13:16:50

日本 RankII 装甲砲艦 Soukou-Tei Model 1940, Soukou-Tei No.4 (1940) / 装甲艇 第四号艇 (1940) Edit

装甲艇(1940) TOP.jpg

概要 Edit

現バージョンではどうにもならないほどの鈍足、低火力、頼りにならない装甲とかなり産廃 弱い。
なるべく味方の最も鈍足な集団についていき、キルアシストを狙うのが最も長時間生存できる方法かもしれない

--加筆求む--

艦艇情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)***
艦艇購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング*** / *** / ***
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

艦艇性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
艦橋装甲厚
(前/側/後)(mm)
7 / 7 / 7
船体装甲厚
(前/側/甲板)(mm)
4 / 4 / 0
主砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
7 / 4 / 4
排水量(t)**.*
最高速度(km/h)21.9⇒*** / ***⇒***
乗員数(人)10

武装 Edit

種類名称砲塔搭載基数弾薬数購入費用(SL)
主砲57 mm Type 97
pattern 1937
単装1200***
機銃7.7 mm
Type 92
連装23880***
 

弾薬*1 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

小口径砲 Edit

武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
100 m1000 m2000 m3000 m4000 m5000 m
57 mm
Type 97
Type 90 HEHE2.362504200.00016
Type 92 APHEAPHE2.581034201.2302319161514
Type 3 HEATHEAT1.8303.363800.155
 

機銃 Edit

武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
7.7 mm
Type 92
汎用AP/T/AP/T201916131110
APベルトAP/AP/AP/T201916131110
APIベルトIT/IT/IT/AP201916131110

追加武装*2 Edit

追加武装: なし

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前艦艇Soukou-Tei Model 1927, Sakigake (1927)
派生艦艇
次艦艇(右)
次艦艇(下)
 
 

解説 Edit

装甲艇の初期量産型。「さきがけ」から大きく改善されかなり扱いやすくなった。

特徴 Edit

--加筆求む--

 

【火力】
57mm戦車砲を船首に1門搭載しており、弾道こそ山なりだが当たれば十分なダメージを与えられる。ただし+5度しか取れないので射程は2.1㎞しかない。
機銃も7.7 mm連装機銃に強化され、多少なりともダメージを与えられるようになった。
こちらの射程は1.55Km

 

【防御】
さきがけと比べると装甲厚こそ変わっていないものの砲塔の面積が小さくなり耐えやすくなった。また、敵に対して船首を立てると艦橋の避弾経始により小口径機銃程度ならある程度防ぐことができる。さらに1.91アップデートで装甲レイアウトが修正され、操舵室と機関室、砲塔前面は7 mm、水線以上の全ての船体部に4 mmのRHA装甲が施され、耐久性はさらに向上した。
とはいえ12㎜級機関銃の徹甲弾を近距離で撃たれたり、大口径機関砲の直撃を受けるとあっさり貫通されるので注意しよう。

 

【機動性】
さきがけよりもさらに若干低速になってしまったが、この程度なら誤差レベルだろう。
幸い安定性は向上したため砲弾の命中率は多少マシである。

 

史実 Edit

AB艇(装甲艇)は日本陸軍が建造していた上陸支援用舟艇。このタイプは1932年に完成した試作3号艇を基に改修を施して量産されたもので、日中戦争では河川で歩兵を支援するなど活躍した。
また、一部は神州丸などの陸軍特種船(舟艇母船)に搭載されたり、太平洋戦争中期にはソロモン方面などにも派遣された。

モデルである四号艇タイプは1933年から1937年にかけて24隻が量産された。
--加筆求む--

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)




*1 爆薬量はTNT換算
*2 爆薬量はTNT換算