Spitfire Mk Vc

Last-modified: 2021-12-02 (木) 16:52:18

イギリス RankIII 戦闘機 Spitfire Mk Vc

概要

1.77で追加された、イギリス空ツリーのランクIII戦闘機。スピットファイアMk Vbのエンジンを低空向けのマーリン45Mに換装し、生産が軌道に乗り始めたイスパノMkII機関砲を4門搭載したMk.Vの本命モデルである。
この機体に防塵フィルターを取り付け熱帯仕様にしたものがSpitfire Mk Vc/trop

機体情報(v1.77)

必要経費

必要研究値(RP)***
機体購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.7 / 5.0 / 5.0
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)576⇒641 / 558⇒609
(高度3963m時)
最高高度(m)10500
旋回時間(秒)17.2⇒15.8 / 17.8⇒16.2
上昇速度(m/s)14.6⇒27.3 / 14.6⇒19.7
離陸滑走距離(m)340
最大出力(hp)862⇒1337 / 849⇒1060
離陸出力(hp)1307⇒1782 / 1295⇒1505
毎秒射撃量(kg/s)5.17
燃料量(分)min17 / 20 / 30 / 45 / max58
銃手(人)-
限界速度(IAS)760 km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)- km/h, (離陸)*** km/h, (着陸)*** km/h
着陸脚破損速度(IAS)270 km/h
主翼耐久度-5G ~ 11G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃***mm
△△△
****△△△
機関砲***mm
△△△
****△△△
機銃
(単装)
***mm
△△△
****△△△

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
20mm
イスパノ マークII
既定HEF-I/HEF-I/P/T******
汎用HEF-I/HEF-SAPI/AP/T*********
空中目標T/HEF-I/HEF-SAPI/HEF-I/HEF-SAPI******
地上目標AP/AP/AP/HEF-I/T******
曳光弾AP/T/HEF-I******
ステルスHEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/AP*********
***mm
△△△
既定△/△/△/△/△******
汎用△/△/△/△/△*********
徹甲弾△/△/△/△/△******

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B**lbs
(**kg)
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
B**kg
(**kg)
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
T**kg
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****投下可能速度
0-**km/h
投下可能高度
0-**m
R**mm
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****重量**kg
G**mm
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****搭載弾薬数
**
搭載時の
毎秒射撃量
**kg/s
R

B
**mm
△△
*-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****重量**kg
**kg
(**kg)
△△
*合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体
派生機体
次機体
 
 

解説

特徴

--加筆求む--

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

本機は、エンジンをマーリン45Mに換装したSpitfireL.F.Mk.V相当の機体である。他のMk.Vと同様、胴体構造の強化、装甲の増設、風防の改修など、Mk.Iに比べて様々な改修が施されている。
L.F.相当の機体は、このマーリン45Mエンジンのほかに、50M、55Mエンジンを搭載している。これらのエンジンは、高度838mで1,585馬力を発揮した。
Mk.Vcという観点から見れば、本機は、対独戦線はもちろん、対日戦線も含めた、1941年~1944年中にRAFが活動していたすべての戦線に参加している。
Mk.Vcの総生産機数は2,467機。

アルフレッド・プライス「戦うスピットファイア」(1984、大日本印刷)
「世界の傑作機No.102 スピットファイア」(2003、文林堂)
--加筆求む--

小ネタ

◆あだ名

マーリン45Mをはじめとした低空向けのエンジンを搭載する機体の多くは、強敵であるFw190に対抗するため、低空での性能向上をねらって切断翼を装備することが多かった。これらの機体は、L.F.Mk.Vとされたが、翼端とスーパーチャージャーのインペラが切り落とされていたこと、その場しのぎの機体にすぎなかったことから、パイロットたちには、「刈り込まれ、切り落とされた、一時しのぎのスピット(clipped, cropped and clapped spit)」と、少しばかり不名誉なあだ名がつけられている。
アルフレッド・プライス「戦うスピットファイア」(1984、大日本印刷)


◆対日戦線

スピットファイアMk.Vc*2は、1943年末からビルマ戦線にも参加し、日本とも交戦している。かかる戦線においては、迎撃や輸送機護衛など、様々な任務に従事していた。当然、隼とも渡り合っている。こちらはオーストラリアのスピットファイア*3と異なり、戦果照合の結果によるキルレシオは1:1.37と、互角の戦いを繰り広げていたようだ。
本機は、1944年初めからより高性能なMk.VIIIへの機種転換が開始され、同年6月を最後に一線を退いている。
アルフレッド・プライス「戦うスピットファイア」(1984、大日本印刷)
梅本弘「ビルマ航空戦 上」(2002、大日本印刷)
梅本弘「ビルマ航空戦 下」(2002、大日本印刷)


--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

Spitfire Mk.V: model update and new modifications

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

●DMM公式
スピットファイアMk.V:モデル更新&新しい派生型

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)


*1 爆薬量はTNT換算
*2 Mk.Vc/tropも含む
*3 Mk.Vb/tropの小ネタ参照