Strv m/42 EH

Last-modified: 2020-12-29 (火) 23:02:58

スウェーデン RankⅡ 中戦車 Stridsvagn m/42 EH

概要

--加筆求む--

車両情報(v1.101.0.42)

必要経費

必要研究値(RP)14000
車両購入費(SL)55000
乗員訓練費(SL)16000
エキスパート化(SL)55000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)60
護符(GE)860

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.0
RP倍率1.3
SL倍率0.6 / 1.1 / 1.3
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)14.3⇒20.5 / 8.9⇒10.9
俯角/仰角(°)-15/25
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
7.67⇒5.9
スタビライザー/維持速度(km/h)無し
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
55 / 30 / 20
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
55 / 25 / 25
船体崩壊
重量(t)22.3
エンジン出力(hp)635⇒782 / 363⇒410
2,300rpm
最高速度(km/h)47 / 42
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)81
乗員数(人)4
 

レーダー

なし

暗視装置

なし

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
(SL)
主砲75 mm kan m/41 cannon15910/30
機銃8 mm ksp m/36 machine gun24000-

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
75 mm
kan m/41
slpprj m/40AP6.6-580858374645548
slpprj m/40BAPBC6.3-590858273435446
slpgr m/39APHE6.50.26580636153443731
sgr m/40HE6.430.585709
rökgr m/22発煙弾6.430.0008570煙幕継続時間 20秒
 
名称ベルト名弾種貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
8 mm
ksp m/36
規定API-T/AP/IT1097433

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯9202,200
修理キット
砲塔駆動機構
IIサスペンション6201,500
ブレーキシステム
手動消火器
砲火調整
rokgr m/22
IIIフィルター8702,100
救急セット
昇降機構
slpgr m/39
IV変速機1,1002,600
エンジン
砲撃支援
slpprj m/40B

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両Lago I
派生車両
次車両Strv m/42 DT
 
 

解説

特徴

Lagoの発展版、37mmから解放されツーランク上の75mm砲を積めるようになり装甲もやや厚くなった。
とは言えあくまで砲は同国水準、装甲も頼りになる数字ではないのでLago同様慎重な立ち回りは必要となる。
なお余談であるがこの車体には今後長い?付き合い?となる。

 

【火力】
前述の通り37mm砲から打って変わってIkv 72と同一の75mm砲を扱えるようになった。
AP弾の貫徹力は最大85mmとBR帯を見るとやや低めとなる。重戦車はもとより中戦車相手でも抜ける場所を見極める必要が出てくる可能性があるため気をつけたい。またKVのような重装甲車両はそもそも抜けない*2。このような重装甲車両は極力相手をしないように避けたいところである。
軽装甲や相手を機能停止に追い込み側面へ回り込めるような状態になれば、APHEを使用すると良いだろう。75mmクラスではダントツのTNT換算260Gというとんでもない量の炸薬を内部にお見舞いすることができる。
また細かい点で俯角は-15度と同格の中戦車ではもっとも深くまで下げる事が可能である。稜線沿いではかなり役立つ点であるので覚えておきたい。

 

【防御】
車体下部は相変わらず巨大な変速機が置かれているため砲弾をブロックしやすい。また車体傾斜部分は絶妙な角度のおかげで100mm近い見かけ上の装甲となるため案外車体の装甲は恵まれているとも言える。前方投影面積の40%近くは変速機で受け止められ、また傾斜部分も含めれば50%近くにまで達する…と聞けば案外悪くないように思える。

参考画像

赤射線部分が100mm以上の装甲、または変速機で砲弾を受け止められる部分である。ただしソビエト製キャップなどを相手にする場合車体傾斜は機能しなくなる場合もあるので留意が必要。

……のだが、ここ以外は概ね50mm前後しかない。特に弱いのはやはり50mm程度の砲塔とわずか40mm程度のハッチであろう。
撃てと言わんばかりに鎮座しているハッチは右側は弾薬庫に一直線であるし、砲塔はLagoと同じく狭い空間に三人が詰まっているため抜かれればそのままお陀仏になり兼ねない。

 

【機動性】
Lago同様相変わらず良好である。

 

総評すると火力装甲共にややましになったが相変わらず他国と比べると劣る…といった戦車である。
良好な機動力と俯角を活かし裏取りや稜線沿いからの狙撃などで運用をすると上手く活かすことができるだろう。やっぱこれ軽戦車だ

史実

Stridsvagn m/42、略称Strv m/42は初めて75mm級の砲を搭載したスウェーデン製の軽戦車である。この車輌はまたランズベルク社製のラーゴII、III、IVとしても知られる。
1941年11月に最初に就役し、当時としては完全に水準を満たした戦車である。兵装は75mm L/34砲であり、良好な装甲と機動性を持っていた。

長いので格納

Strv m/42には原型が存在する。1930年代後半、AB ランズベルク社の社内呼称により、ラーゴ軽戦車と呼ばれた車輌がハンガリー陸軍のために生産されていた。

この車輌は車重16t、57mmカノン砲と機関銃3挺を装備していた。ラーゴ軽戦車もまた、ランズベルク社のStrv L-60軽戦車から開発された車輌である。スウェーデン陸軍はラーゴ戦車よりも大型で良好な戦車を指定し、この結果はStrv m/42、後にはStrv m/42 TMと呼ばれる戦車となった。この車輌の車重は22t、装甲車両とソフトスキン車輌に対抗するため75mm L/34砲を装備し、ドイツ軍の7.5 cm StuK 37 L/24と同様の性能を発揮した。Strv m/42 TMの変速装置は良好に機能せず、これらの車輌はStrv m/42 THとしても製造された。これらは新規の機械式変速装置を装備することがあり、Strv m/42 TVと呼ばれた。

1941年11月、100輌のStrv m/42が発注された。全車両が電磁式変速装置を装備している。Strv m/42 TMのTとはエンジンが2機であることを意味し、Mは電磁式であることを意味する。1942年1月、さらにまた60輌のStrv m/42が発注された。この生産ではボルボ社のライセンスの下で製造が行われ、最初の55輌には2機のスカニア・バビス603エンジンが装備された。また最後の5輌には新型エンジンが搭載された。これはボルボ A 8Bである。全ての車輌は最初の生産車輌が有した電磁式変速装置を新型の油圧式変速装置に交換しており、これらは全て改修が施されていた。エンジン1機を装備した車輌はStrv m/42 EHと呼称された。

1942年6月、また別に80輌がランズベルク社から発注され、内訳は70輌がStrv m/42 TH、10輌がStrv m/42 EHだった。1943年4月から1945年1月の期間中に282輌のStrv m/42が完成し、うち180輌はランズベルク社によって作られていた。102輌はボルボ社による。車輌の大多数すなわち225輌にはスカニアエンジンが搭載された。他の57輌にはボルボ社のエンジンが載せられている。

1957年から1960年にかけ、225輌生産されたStrv m/42 THおよびm/42 TV(全車がstrv m/42に2機のスカニア・バビス603エンジンを搭載したもの)がStrv 74へと作り直され、またEH型車輌(strv m/42にボルボ社製エンジンを積んだもの)はIkv 73歩兵支援車輌へ作りかえられた。砲塔は主要な海岸線に沿って配備される固定式の砲搭載トーチカに再利用されたが、しかし大部分は港湾、また希には空港の防衛に用いられた。

引用:Wikipedia(日本語版)

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Strv m/42 EH/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 抜けても燃タンガードかエンジンを破壊出来るのみ