ZTZ96

Last-modified: 2020-02-19 (水) 21:09:51

中国 RankVI 中戦車 ZTZ96 Edit

ZTZ96(2).jpg

概要 Edit

ver1.93にて実装された中国ランク6中戦車。
中国軍最後の第二世代主力戦車。姿勢の低い東側テイスト溢れる味付けの車体に、西側風味香る角ばった砲塔という戦後の中国戦車の特徴がよく表れている戦車。
トップクラスの貫通力のAPFSDSに、同格・格下の攻撃ならそこそこ防げる砲塔と満足のいく仕上がり。しかし、暗視装置がIRではなくNVだったり、後退速度が東側の持病で遅いと大満足とまではいかない。

車両情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)***
車両購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング9.7 / 9.7 / 9.7
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)**.*⇒**.* / **.*⇒**.*
俯角/仰角(°)-**/**
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
**.*⇒**.*
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
*** / *** / ***
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
*** / *** / ***
重量(t)**.*
エンジン出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
*,***rpm
最高速度(km/h)*** / ***
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)***
乗員数(人)*

武装 Edit

名称搭載弾薬数
主砲△△**
機銃△△**

弾薬*1 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
△△△△**.***.**********************
△△△△**.***.**********************
△△△△**.***.*******

車両改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前車両ZTZ59D1
派生車両
次車両
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

--加筆求む--

 

【火力】
初期弾はHEATFSであり、爆発反応装甲などHEAT対策がされている相手などに苦慮する場面がある。しかし、開発で入手できるAPFSDSは最大貫通力466mmとトップクラスの数値を誇る。
装填速度は7.5秒とこのBR帯では微妙に遅い。自動装填装置なので装填手がやられて装填速度が更に下がるといった事は無いが、代わりにスキルで装填速度を上げることもできない。砲撃後の隠れ場所は常に考えておこう。

 

【防御】
東側の自動装填装置持ちの特徴で、砲塔直下に大量の砲弾が詰まっており、車体部分を抜かれると一撃で吹き飛びやすい。ただし、同じ様な特徴を持ったソ連製戦車のように操縦手部分の装甲が薄くなっているなどという事はないので、あちらよりかは弱点部分は少ない。それでも抜かれやすい車体下部は広めなので車体はなるべく隠しながら戦いたい。
砲塔・車体上部は同格・格下の攻撃ならば耐えられる。300mm台の貫通力までなら安心である。ただし、チャレンジャー1のL23A1砲弾のように傾斜に刺さりやすい特徴をもつ砲弾相手だと楽々と抜かれてしまう。

 

【機動性】
平地で40kmほどと並みくらいの機動力である。しかし、東側戦車の持病で後退速度が7kmと非常に遅くなっている。飛び出すタイミングなどは熟慮してからでないと痛い目にあうであろう。

 

史実 Edit

96式戦車(ZTZ96)は当時開発中だった第三世代主力戦車である98/99式戦車が非常に高価なモノとなり配備数が限られる事が予想された事から、その埋め合わせてとして99式よりかは安価な戦車として開発が始まった第二世代主力戦車である。
廉価版として開発が始まった96式であったが、西側の技術を多く取り入れた99式のノウハウが活かされている。装甲をモジュラー式とする事で被弾した際や将来より優れた装甲材が開発された際の交換が容易になっており、そのおかげで99式と装甲を共有できるという説もある。他にもパワーパック方式を採用することでエンジンの換装も容易である。
この様に96式はアップグレードが容易に行えるようになっており、第三世代主力戦車である99式に限りなく近い性能まで引き上げる事ができる。実際、99式戦車に準ずる改修を受けた96A/B式戦車は中国軍の主力を務める。

小ネタ Edit

比較的安価な96式戦車のおかげで大量に配備されすぎて代替が容易ではなかった59式戦車の置換が進んでいるようである。

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

*1 爆薬量はTNT換算