Top > 【ザラキーマ】
HTML convert time to 0.009 sec.


【ザラキーマ】

Last-modified: 2018-03-30 (金) 17:58:05

ザキ系呪文

【ザキ】【ザラキ】―【ザラキーマ】

概要 Edit

DQ6以降に登場する呪文。
【ザキ系】呪文の最上位で、敵全体を【即死】させる。
要するに「グループ攻撃から全体攻撃になったザラキ」である。
DQ9までは、敵が使用する際にはザラキと全く同じだが、いかにも最上級呪文なネーミングと派手且つ危険そうなエフェクトによりなんとなく威圧感はある。
が、そもそもザラキーマを唱える敵はザキ・ザラキと比べてやたらと少なく、お目にかかる機会は乏しい。
グループという概念の無い作品ではザラキの時点で既にザラキーマ相当なので、そういった作品には基本的に登場しない。

DQ4(リメイク版) Edit

リメイクに際してDQ6から輸入される形で追加された呪文のひとつ。
やはりクリフト…ではなく【ピサロ】がLv44で覚える。
ピサロが加入するころに訪れる地域ではほとんどの敵が強~完全耐性持ちなので全体攻撃のメリットを生かせる場面はほぼなく、積極的に唱えたくなるような出番はまずない。
敵側の使用者はいない。

DQ5(リメイク版) Edit

DQ4とは逆に味方側は使えず、DQ7から輸入されたモンスターの【プチマージ】専用技。
しかし必ず失敗するうえ、仲間にしても使えない。
そもそも【プチヒーロー】【アルテマソード】同様、成功した場合の効果が設定されていない。

DQ6 Edit

初登場作品。
【賢者】マスターで習得する。
消費MP15という膨大なコストと、覚える時期の遅さからあまり使われる呪文ではない。
使い道を挙げるなら、熟練度稼ぎのザコモンスターを一掃したい時などか。
敵側では【ドグマ】が使うが、【負けバトル】なので気にする必要はないだろう。

DQ7 Edit

【天地雷鳴士】★2や【ダークビショップ】★4、【死神きぞく】★6で習得可能。
しかし、天地雷鳴士の場合すぐに上位互換の【めいどうふうま】を覚えてしまう。
敵側の使用者は【プチマージ】【あんこくまどう】
プチマージに関しては、ほとんどの場合はMP不足だが、あくまでもMPが少ないのに無駄遣いしているのが原因なので、ザラキーマ使用までに1ターン休みなどで足止めをしかけているとキッチリ発動する。

リメイク版 Edit

【賢者】マスターで覚えられるようになり習得時期がかなり早くなったが、今作の賢者はバイキルトやスクルト、メラゾーマにラリホーマなど便利かつ強力な呪文を習得するうえ、そもそもマスターした時点で【天地雷鳴士】を目指すべく賢者→【スーパースター】に転職する(逆もまた然り)ことが多いためこの呪文にお世話になることはあまりないだろう。
【トクベツなモンスター】として追加された【ブラックボトル】【こどくなタイジュ】【メガマージ】も使う。
なおプチマージのザラキーマは絶対に発動しなくなった。

DQ8 Edit

【ククール】【杖スキル】を56まで上げると覚える。
早めに習得しておくと、雑魚敵の掃除にそこそこ役立つ。
AIに任せていると結構な頻度で使う。
耐性は考えて使ってくれるのだが、いかんせん燃費が悪いのでMP切れに注意。

敵側では【ブラックルーン】が使う。
裏ダンジョンの強敵達の攻撃に混じってメンバーの戦力を確実に削ぎにかかってくる為大変危険。コイツが出るフロアでは耐性装備を忘れずに。

3DS版 Edit

3DS版では序盤に貰えるスキルポイントがかなり増えているので、比較的早期に覚えられるようになった。
中盤の敵や海の敵には効きやすいので、早めに覚えれば意外と活躍してくれる。
ただ、早く習得するとこちらもMPがあまり高くなく、調子に乗るとすぐにガス欠になるのでほどほどに。
 
その他、【追憶の回廊】には強力なお供を引き連れたボスと何度も対峙する事になるが、お供の大半はザキ系が有効な為、開幕早々ザラキーマでいっぺんに片付ければボス本体に集中しやすくなる。
スキルポイントに余裕が出たならここまで振っておくのも悪くない。
 
敵では使い手として新たに【追憶のトラップ】【追憶のマルチェロ】が追加された。
前者は兎も角、後者は痛恨や【マホトーン】との極悪コンボを幾度となく仕掛けてくる為、
耐性は【まよけの聖印】のみならず幾重にも身につけないと悲惨な事になる。

DQ9 Edit

僧侶がLv55で習得。消費MP20にアップした。
【かいふく魔力】で成功率が上昇する。
下位のザキ系より成功率が高く、最初は75%だが、回復魔力799以上になると無耐性の相手は100%即死させることができる。
宝の地図の敵でも即死に耐性の低い敵も存在するため、強敵相手でもあっさり死んでくれる事も。
敵側では【ロードコープス】などが使用するが、ザラキと同じ効果。

DQ10 Edit

【バズズ】【パンドラボックス】などが使用する。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

【セーニャ】がLv63で習得する。
消費MPは20。
今作ではザラキも範囲が敵全体に広がったが、こちらは成功率が違う。
3DS版ではザキやザラキと違い、魔力による補正がない代わりに元々の成功率が高く設定されているようで、耐性が無い相手には9割近い成功率を誇る。
PS4版では攻撃魔力に依存し、攻撃魔力0でも7割強、そして最終的に攻撃魔力100で3DS版と同じ成功率になる。目覚めしセーニャなら攻撃魔力が成長するので習得時点で最大成功率だが、初回クリア前にそこまでレベルを上げるかというと…。だが、過ぎ去りし時を求めた後でも、攻撃魔力100とまでは行かなくとも装備品で補うことは一応可能。
 
手数の少なさを競わなければいけない【連武討魔行】では効果を発揮。
耐性のない相手ならザラキーマ一手で壊滅に追い込むことができるので、相手次第で積極的に導入していきたい。
また【テンタクルス】から【オリハルコン】を集めたいときも有用。
 
その分敵に使われた時の脅威も増しており、無耐性でザラキーマを喰らうとバンバン味方が死んでゆく。
特に【ギガ・パンドラボックス】戦や【無明の魔神】戦ではその恐怖を嫌というほど味わわされるだろう。
この他の使い手は【パンドラボックス】【パンドラボックス・邪】【ドラゴンロード】【フライングデス・強】【ミミック・強】【デスマドモアゼル・強】、3DS版の【めいふのばんにん】
ザラキ同様、PS4版では敵側が使った場合のみ範囲がグループ(3~4人)になっている。

DQMCH Edit

モンスターズでは【グループ】の概念がないため、ほとんどの作品ではザラキ止まりでザラキーマは登場していないが、
唯一敵がグループを組むキャラバンハートにのみ登場している。
Lv45、MP400以上でザラキから進化するが、本作は特技をたった6つしか覚えられないため、
それより前に他の特技に押されて忘れさせられてしまう可能性が濃厚。

DQMB2 Edit

とどめの一撃でSPカード【賢者の石】をスキャンすると発動。
お約束どおり【クリフト】がザラキを唱えまくるが全然効かず、ブチ切れてメッセージウィンドウを踏み潰したあとヤケクソで唱えるという演出がなされている。
当然ながら即死効果はないものの、大ダメージは与えられる。というより、大魔王戦でなければ食らえばほぼ負け確定という点では、即死効果とも言えるだろう。
 
このとどめの一撃時の背景は【アッテムト】に似ている。

DQH Edit

ザキ系を使える味方が【クリフト】しかいないので、今作ではクリフトの【必殺技】に設定されている。DQ4では使えなかったのに……。
モーションはクリフトがザラキを唱えまくるが全然効かず、ブチ切れてメッセージウィンドウを踏み潰したあとヤケクソで唱える、と言うややコメディタッチなもの。
必殺技の仕様上、即死効果はないものの、大ダメージは与えられる。
 
範囲は前方円型であるため、発動時に自身の前方にいる敵にしか効果がなく、かなり使いづらい。特にクリフトの主力アクションのさみだれ突き(△締め)や狼牙突きは相手をばらけさせ易いため、調子にのって振り回していると、ザラキーマもきかなかった。なんてことになりかねないので、クリフトの名誉のためにもしっかり範囲内に敵を収めてあげよう。
 
ちなみにシステムの都合上、ザラキを覚えていなくてもこちらは使う事が出来る。
クリフトよ……お前は覚えていないザラキを使おうとしていたのか?

DQH2 Edit

今作もクリフトの必殺技として登場。
ブチ切れからがっかりに若干マイナーチェンジされているが性能は変わらないので安心してほしい。
 
また今作は【モンスターコイン】で登場した【パンドラボックス】も使用。こちらは即死攻撃となっている。

トルネコ2 Edit

大化けして大出世。消費HPは150と膨大だがその効果は凄まじく、部屋のモンスターを全滅させる。
魔法使いにとって天敵である魔法を使うモンスターも一網打尽に出来る。
【モンスターハウス】(特に大部屋)で使い、モンスターが次々と死んでいく様は爽快の一言。
【レミーラ】【バシルーラ】などと並んで魔法使いの必須呪文の一つである。
ただ、一回一回のエフェクトが長いため、発動が終わるまでの時間がとても掛かる。
画面外の敵でも近くの敵にはエフェクト(効果音)が流れる分時間がかかり、大部屋モンスターハウスで使った場合3分ほどかかることはザラ。
これならまだ早い方で、開幕小部屋のモンスターハウス、つまり画面内に敵が密集している時に発動した場合には、チャンネルを変えてしばらくテレビを楽しめるほどだった。
また、【ばくだんいわ】は爆発してしまうので、隣接している時は使わないように。