アイテム/減気弾

Last-modified: 2021-04-25 (日) 19:12:49

ボウガンの弾の一種。MH3にて初登場。

目次

概要

  • モンスターのスタミナを奪う特殊弾で、ダメージを与えつつ減気効果の蓄積を行う。
    頭部に当てればスタン効果もあり、特性としては打撃属性に近い。
  • この弾を当て続けると、モンスターが疲労するのが目に見えて早くなる。
    頭部に当ててスタンも狙うのが理想的だが、適当に当てるだけでも十分に効果が実感できる。
  • 実は一撃の威力もかなり高く、火事場力+2などと組み合わせると驚くべき破壊力を発揮する。
  • しかし、放物線のような独特の弾道を描くため、正確にモンスターに当てるにはコツが要る。
    持ち込める弾数も少ないので、確実に当てていくように心掛けよう。
  • シリーズを重ねる度に細かい変更が為されている。

MH3

  • カラ骨【小】とモンスターのフンを調合する事で作られる。
    LVの概念が無く、20発まで持ち込める。
  • 今作のみ肉質を無視する効果があり、この弾だけでモンスターの堅い部位を難なく破壊する事も可能。
    それに加えて減気効果やスタン効果もあり、活躍の場はとても広い。
    その為、ジエン・モーランアルバトリオンといった強敵に挑む際に、
    大真面目にポーチにモンスターのフンを詰め込めるだけ詰め込む
    という字面だけ見るとシュールなことこの上ない光景がよく見られた。

MHP3

  • LV1とLV2に分かれ、調合用の素材も変更となった。
    LV1はカラの実クタビレタケ、LV2はカラ骨とシンドイワシから作られる。
    所持数はLV1が12発、LV2が8発となったが、一撃の威力はさらに強化され、
    特にLV2減気弾の1発は全ての弾丸の中でも最高クラスである。
    しかし、肉質の影響を受けるようになり、MH3ほどの威力を発揮することはできなくなった。

MH3G

  • MHP3の仕様を引き継いで登場。調合の手法は再び変更された。
    LV1はカラの実とモンスターのフン、LV2はカラ骨【小】とシンドイワシを調合して作られる。
    • LV1減気弾のレシピは、古の弾種であるこやし弾と同一になった。

MH4(G)

  • レシピがMHP3の仕様に戻された(LV1はカラの実とクタビレタケ、LV2はカラ骨とシンドイワシ)。

MHWorld

  • 他の状態異常弾と同様に威力が激減しているが、代わりにスタン値と減気値は上昇した。
    調合レシピもまた変わっており、Lv1のレシピはLv1通常弾とドキドキノコに、Lv2のレシピはLv1減気弾と増強剤になった。

余談

  • 新型の弾だからか、それとも特殊弾としての性か、速射に対応しているライトボウガンが非常に少ない。
    MH3の時点では一つも存在せず、MHP3では新登場したドボルベルク素材のしか対応していない。
    MH3Gでもほとんど増えておらず、LV2減気弾はMHWorld時点でも未だに速射が出来ない。
    今やシリーズ全体で見ると技術的に不可能と言われていたLV1拡散弾の速射よりも
    減気弾の速射が可能なボウガンの方が希少な存在となっている。
  • 更に、しゃがみ撃ちに対応するヘビィボウガンも少なく、対応していても装填数が非常に少ない。
    その独特な弾道もあって、もしかすると連射にはあまり向いていない弾なのかもしれない。
  • 字面が滅龍弾(めつりゅうだん)と似ているため、
    間違えて「滅気弾(めっきだん)」と読んで(書いて)しまうプレイヤーがたまにいる。
  • 間違っても「元気弾」ではない。発音は同じだが、意味合いはむしろ正反対である。

関連項目

アイテム/弾丸