武器/禍ツ斧【封】

Last-modified: 2022-08-17 (水) 10:32:01

怨虎竜の爪牙を思わせる剣斧。
返り血を浴びれば目覚めよう、
不吉な紋様裏に眠る何かが。
(禍ツ斧【封】)

やむことを知らぬ無情の斬撃は
いつしか大渦を巻き起こす。
怨霊を呼び覚ます嘆きの渦を。
(禍ツ斧ノ幽鬼シムタス)

MHRiseに登場する、マガイマガドの素材を用いたスラッシュアックス。

目次

概要

  • 刀殻と甲殻を縄で括ったような斧刃と、刃に描かれた紫色の炎のような模様が特徴。
    斧モードでは模様が途中で途切れてしまうが、剣モードでは剣刃にある模様の続きと紫色の柄がピタリとはまる。
  • 持ち手と斧刃の間に縄が張られており、一見ものすごく伸縮して見える。
    が、よく見ると納刀時や剣モードでは縄は結び目ではなく斧刃の中に続いており、
    どうやら斧刃の中に縄を収納しているらしい。
    抜刀や納刀、変形時にはこの縄が弾かれているような音を発する。

性能

MHRise

  • 他からの派生はなく、禍ツ斧【封】Iの直接生産のみとなる。
    下位段階で禍ツ斧【封】IIまで強化でき、長い緑ゲージと高水準な攻撃力を持つが、最終強化は上位終盤。
  • 紫玉などを投入して最終強化した禍ツ斧の幽鬼シムタスはというと、
    • 高水準な攻撃力200
    • 強撃ビンがそれをさらに伸ばす
    • 爆破23も実用圏内
    • 素で青40、匠Lv3から
    • スロットはLv2-Lv1と優秀
    • 百竜スキルは「攻撃力強化III」「属性強化【爆破】II」「怨虎竜の魂」
    と、全体的に隙なく纏まった優秀な一振りである。
    強撃ビンの覚醒の遅さをフォローすれば、高い攻撃力に爆破も相まって相手を選ばない活躍が見込めるだろう。
  • 百竜スキルの「怨虎竜の魂」は鬼火やられ時に攻撃力が12上昇するというもの。
    効果量自体は攻撃力強化に勝るものの、鬼火やられを発症させてくるモンスターが2種しかいない上、
    自発的に発動させるには鬼火纏Lv3以上が必要となる為防具などの制約も相まって運用は難しい。
    条件がなく強撃ビンとの相性もいい攻撃力強化の方が無難な選択肢だろう。
  • 発売時点では爆破属性の剣斧はこれ一本のみだったので、これといったライバルは存在しなかった。
    攻撃力200に青ゲージを持つ強撃ビン武器はいくつかあるが、
    どれも属性武器や特効持ちである上、物理火力は横並び。
    弱点の一致しない連続狩猟や、爆破による状態異常が重宝される百竜夜行などではこちらの出番である。
    • Ver.2.0のアップデートにより炎王龍武器のテオ=アルクスIと爆鱗竜武器の爆鱗剣斧バゼルラシュが登場。
      前者は強属性ビンで爆破属性特化、後者は物理攻撃力特化の性能であり、
      シムタスは丁度両者の中間に位置するような性能となった。
    • Ver.3.0でテオ=アルクスがテオ=キャッスルへと強化可能に。
      高属性値という強みはそのままに攻撃力が大きく伸びて優秀な万能型に仕上がっており、
      強化可能時期の早さや強撃ビンによる剣火力を加味しても非常に手強いライバルである。

MHR:S

怨霊は狂気のままに血の道
築いた。その道は流れを生み、
時と共にの銘も鎮められた。
(禍業物・大幽鬼シムタス)

怨嗟の連鎖断ち切る剣斧。
銘を継いだ者は、蒼き鬼火
背負い、修羅の道を往く。
(鎧怨鬼斧シムタスルト)

  • MRの追加とともにさらなる強化先が登場。
    通常個体の素材だけで禍業物・大幽鬼シムタスに強化できる。
    攻撃力330に素の紫ゲージとMR5時点では破格の性能を持つ。
    ここでこの武器の強化は打ち止め…と思いきや、その下には未知の派生が。
  • そしてMR100に至るかマルチで参加させてもらうと現れる怨嗟響めくマガイマガドの素材で
    鎧怨鬼斧シムタスルトに派生強化。
  • 蒼く染まった刀身の炎が目を惹くその武器の性能は、
    • 標準を上回る攻撃力340
    • それをさらに引き上げる強撃ビン
    • 大して伸びなかったが爆破27も低くはない
    • 素で紫20を持ち、匠で延長可能
    • 一回りずつ強化されたスロットLv3-Lv2
    • 百竜スロットLv2
    と、大トリを飾るモンスターの武器として全く恥ずかしくない高水準。
  • 攻撃力340の紫ゲージは強撃ビン武器としては神成・風雲黒業と並んで物理期待値トップタイであり、
    匠込みでもこれらに巨爪ダイカイタイが加わるのみ。
    今作のモンスターの高い耐久力に対して有効でないといわれる爆破属性だが、
    最高峰の物理火力のおまけに爆破ダメージが付くとなれば話は別だろう。
    上の3本の武器の中で百竜スロットLv3を持つのはダイカイタイのみだが、
    この武器のLv2であっても各種特効は付与可能で十分に強力。
  • 基本的に癖はあまりないが、注意したいのは斬れ味。
    素紫20は珍しくもないが、その下の白も20しかないとなるとかなり継戦能力は低い。
    一方で、これを逆手に取れば研磨術【鋭】の採用なども視野に入るだろう。
  • 爆破武器としてのライバルは上位に引き続き爆鱗剣斧バゼルラーバ
    あちらは属性値は低いが匠1から紫が出て、攻撃力も350とこちらを凌駕し、百竜スロットも同じLv2。
    ただしマイナス会心で期待値は340を若干下回り、スロットもLv1のみと攻撃力以外はこちらが有利。
    テスカ・デル・バルテは属性値特化に百竜スロットLv3となり、かなり路線が異なる。
    爆破属性値の価値が上位より相対的に弱体化している現状、火力では圧倒しているといえるだろう。
  • 総じて、初期の評価では百竜スロットLv3でない以外は欠点のない性能。
    むしろこの武器にビン変形強化がつけられたら一強になりかねなかったので妥当なところか。
    誰が相手でも担いでいける汎用性はあり、特に共通の特効が通る相手の連続狩猟では輝けるだろう。
  • Ver11.0では、新システムの傀異錬成が登場。強化項目の中には百竜スロットLv拡張も存在する。
    百竜スロット拡張を行うと錬成スロット枠残り一つでは他に何もつけられないのだが、
    裏を返せば錬成スロット枠の拡張が必要な回数が減るということでもある。
    百竜スロット拡張と同じ錬成スロットで攻撃力を上げることができるのだが、
    元々水準より攻撃力が高いこの武器は、素で百竜スロットLv3の武器とほぼ横並びになる。
  • 結果として優秀なスロットでスキルがつけやすく、誰にでもそれなりに有効、
    しかし突き詰めると各モンスターごとに最適な属性武器にはやや劣るという、
    爆破武器の理想的なポジションに収まった。
    特効が通るかを気にしなくてよくなった分、連続狩猟に気軽に担いで行ける。
  • 当然、百竜スロットLv2のまま攻撃力を上げる選択肢もある。
    特効が通るのであれば、火力そのものはこちらのほうが高くなる場合が多い。
  • ライバルを見ればバゼルハートが期待値340を超えてくるようになり、かなり侮れない。
    ただしスロットと斬れ味では依然としてこちらに分があり、使いやすさでは圧倒的に勝る。
    うまく差別化できていると言えるだろう。

余談

  • マガド武器の最終強化の銘は各国の言葉で「怨み」を意味すると言われている。
    この武器の場合は、ラテン語の「simultas(不和、嫉妬、恨み)」からであろうか。

関連項目

モンスター/マガイマガド
武器/マガド武器