Falcon

Last-modified: 2020-07-21 (火) 11:12:22

イギリス RankV 対空戦車 Falcon

shot 2016.03.24 04.33.20.jpg

概要

イギリスのRankV対空戦車。当初はCrusader AA Mk.Iまでしかなかった英対空戦車ツリーに、本車が加わったことで、RankVまで英対空戦車がそろった。

車両情報(v1.61)

必要経費

必要研究値(RP)380000
車両購入費(SL)990000
乗員訓練費(SL)280000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)40
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング7.7 / 7.7 / 7.7
RP倍率400
SL倍率247 / 247 / 297
最大修理費(SL)4400⇒*** / 4300⇒*** / 7500⇒***

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)47.6⇒**.* / 46.7⇒**.*
俯角/仰角(°)-10/85
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
65.0⇒**.*
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
12 / 12 / 10
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
10 / 10 / 10
重量(t)15.9
エンジン出力(hp)303⇒*** / 188⇒***
2,500rpm
最高速度(km/h)52 / 48
最大登坂能力(°)24⇒*** / 25⇒***
視界(%)89
乗員数(人)3

武装

名称搭載弾薬数
主砲30mm HSS 831L 機関砲x2620
  • 備考
    • 連射速度 600.0毎分発射率

弾薬*1

名称弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
既定AP-I/HEI-T*/AP-I/HEI-T*不詳不詳不詳605343332819
30mm X 170mm HEI-THEI-T*/HEI*/HEI*/AP-T不詳不詳不詳6053433328193000
30mm X 170mm APHE-IAP-I/AP-I/AP-I/HEI-T*不詳不詳不詳6053433328193000
30mm X 170mm APDS-THVAP-T/HEI*/HEI*/HEI-T*不詳不詳不詳110101956952413000
  • 弾種
    • AP-I 徹甲焼夷弾
    • HEI-T* 曳光焼夷榴弾(自己破壊)
    • HEI* 焼夷榴弾(自己破壊)
    • HVAP-T 高速徹甲曳光弾
  • 備考
    • 不詳はゲーム中で記載がない為。
    • "30mm X 170mm APDS-T"ベルトはAPDS-Tが入っていない。
    • 弾種で"(自己破壊)"と付いているものは、一定距離で炸裂するため、敵機が一定以上の距離にいると有効弾が期待できない。

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯25000***
修理キット
30mm X 170mm HEI-T
砲塔駆動機構
IIサスペンション22000***
ブレーキシステム
手動消火器
30mm X 170mm APHE-I
砲火調整
IIIフィルター41000***
救急セット
昇降機構
IV変速機40000***
エンジン
30mm X 170mm APDS-T
砲撃支援

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両Crusader AA Mk.I
派生車両
次車両Chieftain Marksman
 
 

解説

特徴

WT中でもトップクラスの対空戦闘能力を持っていた。現在はゲパルトZSU-23-4M163などの車両にその座を奪われている。同時期の車両なのに
ただし、前身の産廃Crusader AA Mk.Iと比べると、その差は歴然であり、かなり扱いやすい。

 

【火力】

新型の30mm機関砲を2門搭載。連射能力は大幅に向上し、動きの素早い戦闘機などにも大変当てやすい。また、弾薬は全てを途中でリロードを挟まずに撃ち続ける事が出来るため、肝心なところでリロードを挟んで敵機を落とせないなんてことはない。特に、対戦車戦闘にも有効なベルトを持っており、接近戦で有効弾を望める。
だが、欠点も当然ある。まずは英対空戦車に共通する弾薬不足である。2門合わせて620発しかなく、これはエリコン20mmから、たった20発増えただけであり、連射能力の向上した本砲には少々辛い。「え?だったら予備マガジンに変えればいいだけじゃん」と思うが、この車両、恐ろしい事に予備マガジンなんてものは存在しない。つまり、620発を撃ちきってしまえば、本車の戦闘能力は0に早変わりし、走り回る虫になる。次に、リロードなし(というか予備マガジンが無いから必然的にそうなっているのだが)で撃てるのは良いのだが、撃ち続けていると銃身が過熱して、弾があらぬ方向へぶっ飛んでいく。長時間の連射は止めておこう。

また他の対空車両と大きく違う欠点が、バグか調整ミスか不明であるが、装填速度が62秒必要という点である。この秒数はスキル如何によっては多少前後するが、それでも60秒前後必要である。因みにこの秒数「拠点の弾薬補給とは別に発生する」ので拠点で1-2分弾薬補給の時間を要する(動くと中断されるためほぼ動けない)上にそこからさらに60秒ほどかけて装填を開始する。この車両ほど弾薬管理が必要な車両は無いと言って良いだろう。

 

【装甲】

一言で言おう、であるそもそも頑丈な装甲を有した対空車輛自体貴重だが。クルセイダーより装甲が貧弱になっており、機関銃・機関砲に容赦なく抜かれる。砲塔上面装甲はたったの6mmで、機銃掃射で乗員が負傷、最悪死亡する。車高も高くなり、被弾面積が増えているうえ、エンジンルームが前方にあるため、エンジンをぶっ壊されてなすすべなく死ぬこともある。ふせげると言えば、精々戦車の同軸機銃程度であるため、"被弾=死亡"と思い、敵弾には当たらないようにしよう。

 

【機動性】

幸い、機動力は高いままである。クルセイダー系列より後退速度は1km/h増え、前進速度も増えている。と言えば聞こえはいいのだが、加速度が少々鈍く、40km/h以上からは絶望的に加速が鈍くなるため、実質的な速度は少々下がってしまったと言える。だが、決して低い方ではなく、寧ろ高水準のため、貧弱な装甲は機動力で補おう。

 

史実

FV433 アボット105mm自走砲の第二世代シャーシを流用し1970年に試作された実用試作車の自走対空砲、主兵装に海軍・陸軍・空軍で同時期に広く採用されていたイスパノ・スイザHSS 831L 30mm砲を2門採用し、機甲部隊に随伴可能な近接防空車両として期待されたが、FV433のシャーシでは十分な弾薬が搭載できない、電子装備のスペースも確保できないといった問題を抱え正式採用とはならなかった。同世代の自走対空砲が軒並み光学照準に加えレーダー照準システムを採用したが本車両では光学照準のみのであり、命中精度に関しては70年代の対空車両としてはお世辞にも良いとは言えなかっただろう。尚、同世代の対空自走砲としては、アメリカのM163、ソビエトのZSU-23-4、西ドイツのゲパルトなどがある。

小ネタ

本車の資料は大変少なく、Gaijinもモデリングをするのは大変だった模様。ボービントン戦車博物館に援助を求めたらしい。

 

ゲームでは再現されていないが、本来この車両の射撃システムは対地攻撃用のセミオートと対空射撃用の15~20発ほどのバースト射撃モードが用意されていたようである、照準器も対地用と対空用を別途に装備し、対空照準器は光学式ではあるが簡単に言えばカメラのオートフォーカスの原理を応用したもので、電子装備を介し射手の照準をアシストする機能を有していた。 また、この対空システムはレーダーオプションの装着を考慮しており必要に応じて索敵レーダーを装備出来たようである(搭載可能レーダーの詳細は不明)。 尚、この対空システムは英国が誇る安心と信頼のヴィッカースと機関砲の名門エリコンの英国子会社製で後に開発された車両にも応用されたようである(恐らくチーフテンセイバー)。 その他に、車体はアボットと完全互換だったためアボット用のオプションパーツをほぼ全て取り付けることが出来たようである。

 

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 6.7で良いでしょこいつ -- 2016-07-10 (日) 17:34:05
  • 同級生との差が酷いなおい -- 2016-07-10 (日) 19:47:46
    • 当時のレーダー照準システムは自走しながら使えない(照準中は停車しないといけなかった)っていう問題があったから、光学照準のみとはいえ半自動制御方式のステレオ光学照準システムを採用し砲身のジャイロ制御により戦闘機動をとりつつ射撃できたこの車両は結構優秀とは思う。(ゲームじゃ恩恵が全くないけどね!) -- 2016-07-13 (水) 23:47:19
  • 今度実装予定のシルカやゲパルトと同世代なのかコイツ・・・始めて知った。うーん、そうなるとイギリスに実装できそうなレーダー付SPAAってあるのかなぁ・・・ -- 2016-07-10 (日) 22:55:46
    • 実質無い(短距離対空ミサイル車両はあるけどね)、ぶっちゃけイギリス軍的に機甲師団の規模の縮小とNATO連合軍の制空権内での作戦を重視して(現実問題予算的に配備不可能だった事もあり)砲火器による近接対空車両自体を不要と考えてたみたいだし。 -- 2016-07-13 (水) 23:41:22
      • 悲しみしかないな。無いってことは試作兵器含めても無いってことか… 対空ミサイル出すわけにもいかないだろうし何かシルカやゲパルトに相当する車両がいれば良いのだけどねぇ -- 2016-07-14 (木) 07:51:08
      • 1980年代以降ならマークスマンシステムのペーパープランや試作車があるんですけどね、因みに、マークスマンシリーズもチーフテン搭載型・チャレンジャー搭載型が試作・検討されるも正式採用に至ってない悲しみorz -- 2016-07-14 (木) 16:05:29
  • こいつ殆ど戦場で見かけないけど対空だけ見ればランク5最強っぽいけどどうなんだろう(テストドライブ並感)やはり弾数の少なさがネックか? -- 2016-09-01 (木) 14:59:52
    • あ、他国のランク5対空砲と比べてってことね -- 2016-09-01 (木) 15:00:20
    • そもそも英ツリーの開発とか、使い勝手なら他のがあるとかじゃね? -- 2016-09-01 (木) 22:44:35
  • 何時になったらコイツの弾数増えるんだか・・・・  てかコイツの資料見つけられんのだが総弾数合ってるん?(汗) -- 2016-10-11 (火) 17:00:28
    • 車体が小さすぎて十分な弾も電子兵装も詰めなかったってぐらいだしこんな物なんだろ。 -- 2016-10-11 (火) 17:10:14
      • やっぱ車体小さいとそう言ったデメリットも有るよね・・・・orz  拠点近くでパスパスしてよ・・・・ -- 2016-10-11 (火) 17:14:31
    • 装弾数の資料が無い!、カタログスペックもよく分からない!この記事の解説も古い雑誌から抜粋したもので確証がない(ぁ ただ自走砲の名残の車体後ろのハッチからユニット化した弾薬パックを積み替える仕様だったところを見ると装弾数はゲームとあんまり変わらないと思う(少なくとも予備弾倉なんてものは用意されてない) -- 2016-10-17 (月) 17:18:42
      • ごめん、雑誌の最後の方に詳しい仕様が載ってた、Ammunition capacity(main) ;620だってゲームの数値は正しいようだ。 AFV Weapons Profileの51号22ページに載ってたや、因みにAFV Weapons Profileバックナンバーの古いのはネットでほぼ全て掲載されてるから検索してみると幸せになれると思う、っていうかこのページの解説を誰かちゃんと訳して細かく載せてくれ・・・・。 -- 2016-10-17 (月) 18:02:48
      • むしろ其処までして資料探してくれた貴方に敬意を!! -- by木主? 2016-10-17 (月) 18:42:30
  • 最強の座から引きずり下ろされた哀れなローテク自走対空高射砲くん -- 2016-10-12 (水) 08:07:33
    • 元々注目度も少なくここまで進めてくる猛者が少なかったせいで、あれ意外とコレ強くない?とやっと評価され始めた矢先の今回の出来事・・・不憫!あまりにも不憫! -- 2016-10-12 (水) 15:39:56
    • SBなら対空戦最強はこいつだと思うけどなぁ.煙で見えなくならないし弾数もゲパルトと変わらないしコンパクトな車体 -- 2016-10-20 (木) 16:59:01
      • ただ他の車両は重量に対して馬力があるから走も見たら負けるんやな… -- 2016-10-20 (木) 18:06:20
  • まだ慣れてないけど直進してくる飛行機以外当てられない・・・ -- 2016-11-04 (金) 14:59:08
  • 小ネタに史実に加えるには余分?と思われる豆知識を追加しときました -- 2017-01-04 (水) 03:16:41
  • ドイツの対空車両に慣れてからから使ってみたけど車体と一緒に前と後ろに向いて撃つと軽い所為で反動で結構揺れますね・・・ -- 2017-01-04 (水) 08:38:10
  • せめてHVAPとAPIが混ざったベルトでいいから欲しい。gaijinは対空戦車を対戦車に使わせたくないんだろうけど -- 2017-01-25 (水) 11:40:11
    • なおソ連 -- 2017-01-25 (水) 12:40:21
      • ソ連に対戦車出来る対空戦車なんて居ないよ。居るのは対戦車出来ない対空戦車と対空砲もどきと対戦車自走砲だ。 -- 2017-01-25 (水) 15:05:42
      • 新旧ゲパルト「俺らも仲間に入れてくれよな~」 -- 2017-01-26 (木) 19:23:02
    • 実車の方はHEIT-IHE(WTでいう所のHEI-T)・HEI-HE(WTでいう所のHEI)・ APICT(WTでいう所のAP-I)・APHEI(WTで該当弾頭が無いけど自己破壊式信管付き徹甲高爆発焼夷弾)の4種類と2種類の練習弾しか弾が用意されてなかったらしいね、弾の割合までは流石に持ってる資料に乗ってないから分からない -- 2017-01-27 (金) 22:18:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算